ズートピア 映画感想

金曜ロードショーやってたので視聴。

観た方から口々に「面白いから」と勧められて気になってたんですよね。

ズートピア (吹替版)



監督:リッチ・ムーア、バイロン・ハワード
製作総指揮:ジョン・ラセター


進化した動物たちが文明を作り上げ仲良く暮らす世界。
田舎の農園育ちであるウサギのジュディは幼い頃から警察官になることを夢見ていた。人並み以上の努力をしてトップの成績で警察学校を出たジュディは、中心都市であるズートピアに配属される。しかし周りの警察は屈強な肉食動物や体の大きな草食動物ばかりで、小さなウサギであるジュディは厳しい現実を突き付けられるが…というお話。


あっちを見てもこっちを見てもかわいい動物ばかりのモフモフワールド。動物好きな人にはたまらない映画ですね!
動物たちが繰り広げるハートフルなほのぼのストーリーを想像していましたが、主人公のジュディが警察官ということでなかなかハードな事件に巻き込まれていく動物版ダイ・ハード。
序盤から出てくるちょっとした要素が実は伏線となっていて、そんな伏線があちこちに張り巡らされているので最後まで見ると「なるほど、そう来たか!」と唸らされることが多いです。実に巧妙な作りのストーリーで大人が見ても充分楽しめるかと。

また、警察モノにありがちなコンビを組んで事件を追う流れ。
ジュディは街で出会った詐欺師のキツネ・ニックの弱みを握って強引に捜査に協力させますが、この2匹のコンビとしての成長と絆がとても良かったです
か弱い見た目とは裏腹に、負けん気が強く行動的でしたたかなジュディは主人公として八面六臂の大活躍。ウサギというだけで軽く見られる境遇をものともせずのし上がる姿に脱帽です。
ニックは詐欺師だけにずる賢く、一見するとジュディより一枚上手に見えるのですが…段々とジュディのペースに巻き込まれて、大胆なジュディに振り回されていくことになるのが面白い。振り回されるヘタレキャラが板に付いてきた所で、さらっとジュディのピンチを助けたりアドバイスしてくれたり…と話が進んでいくにつれて魅力が増していきます。
利用し利用されている関係のはずが、いつの間にかお互い助け合ういいコンビに子供時代のジュディとニックはめちゃくちゃ可愛かった
ジュディの吹替えを担当した上戸彩が意外と違和感なしで驚きました。森川智之はさすがの安定感&イケボ

差別や偏見に負けず、なりたい自分になるべく努力するということ。
ディズニーらしい教訓も織り交ぜられており、子供が見ても大人が見ても楽しめる映画でした
動物たちは実に表情豊かで、話にグイグイ引き込まれていきます。


以下、ネタバレ有感想です。



more...

theme : 映画感想
genre : 映画

line

覇穹 封神演義 21話感想

聞仲VS元始天孫。

以下、感想です。ネタバレ注意

more...

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

line

22年目の告白 映画感想

金曜ロードショーでやっていたので視聴。

22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



監督:入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、他


22年前に世間を騒がせ、時効を迎えた連続殺人事件。
ある日、その犯人だという人物が名乗り出て手記の出版を発表する。メディアに堂々と取り上げられる犯人に憤る遺族たち。当時、事件を追っていた刑事の牧村も憤りを抑えて彼らの復讐を止めようとするが…というお話。

予告を見た時から胸糞悪くなりそうなのが分かっていて、映画館には行かず終いだったわけですがテレビでやっていてついつい観てしまいました。
やっぱり、前半の胸糞悪さは異常。のうのうと事件について語る犯人、その告白を食い物にするメディア、そして何よりそんな犯人をイケメンだからと持ち上げる一般の人々。。いずれも信じられない神経をしている。
少し前に似たような事例を見たばかりなので全くのフィクションと割り切れないのが辛い所。。

一方で、遺族の心境も生々しいほど鮮明に描かれていました。
何しろこの犯人は必ず被害者に近しい人物を目撃者に選んでその人の目の前で殺しを行っている。そんな凄惨な光景を目の当たりにした目撃者が犯人に対して憎しみを抱かない訳がない。
妻を殺された医師、恋人を殺されたヤクザの組長、幼い頃に父親を殺された娘…(1件目の事件の遺族は全く登場しませんでしたが)それぞれの遺族が犯人へ憎しみを抱いて画面を見つめている。
中でも、子供の頃に父親を殺された娘を演じていた夏帆の悲痛な叫びは観ているこちらまで胸を締め付けられるようでした。年輩の遺族が静かな佇まいの中に燃えるような怒りをチラつかせているのに対し、彼女は顔馴染みの牧村に向かってダイレクトな思いをありったけぶつけてくる。思わず涙が出てくる魂のこもった演技でした
そして、事件を追っていた牧村自身も当時の上司を目の前で殺されており、妹もまた行方が分からなくなっている。彼もまた犯人を決して許せない気持ちであるだろうに警察という立場上、復讐を止めようとする。

そんな彼の姿にやるせなさを感じながら前半は観ていましたが、中盤以降は二転三転する展開に目が離せず息を呑むばかりでした。
「まさか」「そうだったのか!」という頭を殴られたような衝撃の連続。
そして怒り、切なさ、やるせなさなどあらゆる感情を内包したまま最後までその衝撃は続き。。
単なる胸糞映画ではなく、見た後に確実に心に爪痕を残す作品でした。
ここまで引き込まれたのは原作や脚本の腕はもちろんのこと、役者さんたちの芝居による所が大きかったように思います。重厚な芝居の出来る方ばかりで緊張感が途切れることがなかったのが良かった。
22年前の事件ってこの人たち何歳なんだろう?伊藤英明はともかく藤原竜也は40代は無理がある…と思ったのは秘密

more...

theme : 映画感想
genre : 映画

line

覇穹 封神演義 20話感想

今日も今日とて覚悟して見ました。辛い…

以下、感想です。ネタバレ注意

more...

line

覇穹 封神演義 19話感想

割とゆっくりめな進行。これは本当に仙界大戦やって終わりの予感?

以下、感想です。ネタバレ注意

more...

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line