おんな城主直虎 28話感想

「死の帳面」
サブタイのセンスに爆笑wwデスノートかな?

以下、感想です。ネタバレ注意







冒頭、まるで総集編のように今までの経緯を振り返り。ピンボケしつつちらっと映ってる傑山さんがもはや懐かしいよ!(遠い目)

今回は少し趣向を変え、時間を巻き戻して今川目線で話が進行。梅雀さんのナレーションが活きますね
義信自害の知らせを受け、取り乱す氏真。今川を救うべく立ち上がったのは寿桂尼。今回の主人公は寿桂尼様でしたね。
そしてついに武田信玄登場!貫禄たっぷりですね。
心臓を病んでいるにも関わらずわざわざ甲斐までやって来た寿桂尼のタフさには信玄も「あの婆、化物か…」と驚愕。
信玄VS寿桂尼の場面は緊迫感に溢れていて、本格派時代劇を見ているようでした。(※大河ドラマです)
両者一歩も譲らず、氏真の妹は甲斐に残したまま。

フラフラの体で今度は北条にも手を回し、自身の体調をも哀れを誘う武器として酷使する寿桂尼様の姿には感服。
北条の仲裁を得て武田との関係を修復しようとするも、強気の武田は今川に誓約を求める。
散々こけにされて苛立ち、助けてくれた北条へも怒りを向けようとする氏真を厳しく叱責する寿桂尼様。しかしこのことがもとで二人の関係はギクシャクしてしまう。。
厳しく叱りつつも、再び孫に自信を取り戻させようと計らう寿桂尼様のお姿…自分の命亡き後も孫がしっかりやっていけるようにという愛情を感じました。
氏真も、病床の婆様に縋りついていた頃のままではいけない。偉大な祖母や父に引け目を感じてしまう気持ちも分かりますけどね。

再び倒れてしまった寿桂尼様。自分のせいだと弱気になる氏真を叱咤したのは妻の春。
「殿をそのように思うたことはございません。むしろ向かい風の中をよう闘っておられると」って春さん出来た奥方様だなぁ。同じ名前でも去年のヤンデレ春さんとは…ごにょごにょ。
北条から嫁いできた春にとって、煌びやかな今川での暮らしぶりは夢のような世界だった。それを聞いた氏真は、かつての雅やかな今川の記憶を呼び起こさせようと人を集め祖母のために演奏を始める。
寿桂尼の命を現世に留めるため、あるいは晴れやかな気持ちで送り出すため。。氏真の祖母を想う気持ちには胸を打たれました。
演奏を聞いて目を覚ました寿桂尼がいた場所は、現在の今川ではなく過去の今川。幸せそうに戯れる人々の中を通り抜けると幼き日の孫・龍王丸と今は亡き息子・義元の姿が。
義元様が…笑っておられるあんないい笑顔の義元様はじめて見たよ寿桂尼にとっての今川がどういう場所だったのかがよく分かる、実に幸せそうな記憶の風景でした。

一方の直虎は気賀を方久に任せることに。代わりに瀬戸の領地を召し上げられるのではとビクビクする方久はさすが損得に敏感ですねw
龍雲丸も「ここから世を変えて行く」とすっかりいい面構えになりましたこれで気賀は当分安泰。
そして武田の動きや寿桂尼の容態を踏まえ、寝返ることも考えねばならぬと政次から釘を刺される。寿桂尼には恩義もある直虎ですが、果たして彼女に裏切ることができるんでしょうか?

そんな折、寿桂尼から文が届き、これが最後の面会になるかもしれないと駿府へ向かう直虎。
井伊で作った綿布を献上されると、まるで我が子の成長を喜ぶように顔を綻ばせる寿桂尼様。
彼女はただただ、かつての今川を取り戻したいと願いお家を守るため働き続けてきた。同じように、若輩ながらもお家のために奔走してきた直虎に仲間意識のようなものを抱いていたんですね。
「そなたが私の娘であったなら…」と。寿桂尼様から時折感じた慈愛の表情はそういう気持ちから来ていたんですね。
だけど寿桂尼との間には直親の一件での確執もある。「恨んでおるか」と問われ、直虎の答えは「お家を守るためには手を汚さねばならぬ時もありましょう。手を汚すことが愉快な者などおりませぬ」と彼女への理解を示すもの。直虎も本当に成長しましたね。
この一連のやり取り、結構感動したんですが。。

そういえばサブタイの「死の帳面」って何だったんだろう。。寿桂尼の付けてたメモ?とか思ってたら…
直虎と入れ違いで面会に来た水野が粛清されていた「死の帳面」に書かれていたのは寿桂尼が面会し「裏切りの気配あり」と感じた者の名前だった!何それ怖すぎる
南渓和尚は「最後に声をかけることで少しでも離反を食い止めたいのでは」と言っていましたが、まさか直に会って話すことで裏切りの可能性を探るためだったとは。さっきの感動を返せ
そしてそこにはなんと直虎の名前も。寿桂尼に託された時の直虎の声と表情が微妙だったからそう思われたのか?と思いきや、先の仲間意識が仇となり「私と似た女だからお家のためなら手を汚すはず」と見抜かれてしまったのですね何と皮肉な。
作戦通り井伊を…という話でしたが、一体どうするつもりなのか

そうとも知らぬ直虎は、南渓和尚・政次と密談。
北条と今川、上杉が手を組み武田を囲めば大きな戦も起きぬかもしれない。鍵を握るのは徳川。
そこで閃いた直虎は、徳川に動かぬよう働きかけようと提案。危険すぎると必死に止める政次ですが、直虎の中ではとうに「お家のためならやれることはやってやろう」という覚悟が決まっているのですね。政次さん切ないのう
この期に及んで呑気に一人囲碁やってる家康ですが、血相変えてダイブしてきた瀬名によってめちゃくちゃにw
直虎からの書状にどう返事をするのか

予告の死ぬ死ぬ詐欺にまんまと騙されて、寿桂尼様今回で退場かと思っていたらまだまだ粘る。
幻想の義元公まで登場させてすっかりお迎えモードだったのに何という生命力

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」完全ガイドブック

価格:1,080円
(2017/2/5 22:29時点)


関連記事

スポンサーリンク

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『おんな城主直虎』第26~30回、龍雲丸は嫌だが徐々に面白くなってきたか?

皆さんこんばんは。今回は昨年のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』第26~30回についての感想です。まずはあらすじです。龍雲丸(柳楽優弥)らが材木を取り戻すことによって今川氏真(尾上松也)からの疑惑を解いた井伊直虎(柴崎コウ)。事なきを得たかに思えたが、今度は今川
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line