おんな城主直虎 36話感想

「井伊家最後の日」

以下、感想です。ネタバレ注意







氏真は春の実家である北条に身を寄せ、徳川・北条・今川が手を組み武田を囲む形に。
ドヤ顔全開でご機嫌の家康の元へ血相変えて駆け込んでくる瀬名。碁石を散らかすのはお約束w
井伊が取り潰しになったことについて納得のいっていない瀬名ですが、気まずくて目を合わせられない家康。そこへ助け舟を出したのが家康の生母・於大の方。というか、瀬名は事情を聞きたがってるだけで別に口が過ぎてるわけでもないように見えますけど…過保護すぎやしませんかねぇ。。

近藤の治療に自らも役目をかって出る直虎。今後の井伊のことを考えた時に、少しでも良好な関係を築けていた方がいいからと。ようやく前を向いて歩いていけるようになったんですね。
今後のことを考え、井戸端で一人碁を打つ直虎。政次の形見の石…困った時は政次のことを思い出しているのでしょうか。
先々代の父・直盛や先代の直親。井伊のために戦い、死んでいった男たちがこの地にはたくさん眠っている。
近藤のリハビリも佳境を迎え、ついに支え無しで立つことができるように。
モミアゲが!モミアゲが立った!何このまったく感動しないハイジ状態
しかしあんなことがあったのに黙って近藤を支え助けた直虎は立派でした。その行動に近藤も素直に感謝を示す。この場面はちょっと感動したかも。

無愛想な常慶さんが井伊のことを気にかけていてくれてホッとしました。頭を下げ、平謝りしている常慶を見ている和尚の顔が鈴木の時と同じような表情になっていて、やっぱり政次のことで思う所はあるんだろうなぁと。直虎が気丈に接している手前、堪えているようにも見えました。
せめてものお詫びに松下の家を虎松に差し上げたいと言い出した常慶。ありがたい話ではありますが、松下の養子に入るということは虎松が井伊の後継ぎではなくなるということ。これは思わぬ急展開。。
昊天さんに今後のことを突っ込まれて思い悩む直虎。薄々、みんなも再興は難しいのではと思っていたんですね。
再興を諦めれば、死んでいった皆に申し訳が立たない。だからといって井伊を再興すればまた戦いの渦中に身を置くこととなる。皆が平和に暮らし始めている今、悩ましい選択ですね。
龍雲丸に「でもでもだって」と愚痴る直虎は政次と分かり合う以前の子供のような顔に戻っているようでした。
そんな直虎の意見を聞いては「じゃあそうすれば」「じゃあこうすれば」「どっちでもいいんじゃないですかね」と直虎の意見に委ねようとする龍雲丸。いつだって自分で選んできた彼にとっては、全部直虎の気持ち次第だと分かっている。
でも、直虎にとって自分の思うように生きるというのは難しい。「人のために生きる竜宮小僧」それが直虎の原点でしたね。

「いや、選ばせたのか」と自分が次郎の道を強いたことを後悔するような和尚の親心が染みますね。。
おとわを次郎にしたのが自分なら、次郎から降ろすのも自分。そう考えた和尚は直虎に「もう止めじゃ」と言い渡す。
呆気にとられたように和尚を見上げていた直虎が、「お役に立てず、ご期待に添えず申し訳ありません」と泣きじゃくる姿にどれ程の重圧がかかっていたのか思い知りました。どれほど気丈な性格でも、女子の身でお家のことを背負い続けるのがどれ程大変だったか。死んでいった者たちの分まで、井伊を去った者の分まで。政次という片翼を失った今、1人で背負うにはあまりにも重くなりすぎていたのかもしれません。

隠し里の皆に今後のことを伝えに行く直虎。
亥之助は「叔父が何のために死んでいったのか」と噛み付き、直久もそれに同意する。次世代を担う若者としては頼もしい限りです。
しかし、もはや再興は諦め次の道を探すのが直虎の下した決断。
もっとも納得のいっていない直之が、「所詮は女子か」と直虎に噛み付く。殿にこれだけ反抗できるのは今や直之だけですね。
涙目になりながらの「俺はその女子に付いていくと決めたのだ!」にやられました
どれだけ不可能に思えても「やるといったらやる」のが直虎。あれだけ女子が女子がと言っていた直之がそれ程までに覚悟を決めていたのだからさぞ悔しいでしょうね。

そして虎松もやはり簡単には納得してくれない。
一休さんと見紛うくりくり坊主になった虎松に、キラキラした目で「井伊家再興の目途が立ったのですね」とか言われたら言い出しにくいことこの上なし
しかし、心を鬼にして「井伊の再興は諦める」と現実を付きつける。意味が分からないといった表情の虎松に、いつかの教えを捻じ曲げ「諦めねばならぬ時もある」と言い含め、止めには「他の道はいくらでもあるが井伊の虎松だけはもうない」と退路を断つスパルタっぷり。いつぞやの傑山アローといい、これだけ厳しい大人に揉まれ続けたらそりゃ虎松もああなるわ。。
理不尽に泣き叫ぶ虎松を何とかすると直虎を先に返した和尚は、「直虎はもう殿ではないから従う必要もない」と虎松に意外な提案。和尚にはまだ何やら策があるのでしょうか?

龍雲丸に「皆に話してきた」と晴れ晴れ報告する直虎ですが、本当にこれで良かったのかな?という何とも言えないモヤモヤは残ります。傑山さんもそんな感じの顔してたし。
そう思っていたら、虎松が松下に行くと決心したことを聞かされた直虎の反応に全てが表れていました。これで良かったと手放しに喜べない、寂しさや申し訳なさが入り混じったような表情。零れる涙を止められないやりきれなさ。肩の荷が降りた一方で、今まで積み上げてきたものが無くなってしまったような喪失感。

しかし、井伊の城や名前がなくなっても井伊家の人々がいなくなったわけではない。井伊谷で育った皆がそれぞれの道を歩むことが井伊を繋いでいくことになる。高瀬ちゃんいいこと言いますね
直之は小野の家臣らを伴って近藤の元に仕官し、六左は虎松について松下へ、桔梗の嫁ぎ先を頼り北条へ行く者も。みんながバラバラになってしまう寂しさもありますが、井伊谷を大切に思う気持ちは皆同じ。
最後まで嫁ぎ先を見つけてもらえなかったあやめさんは気の毒ですが。。(っω・`。)実は結婚願望そこそこありそうなのに。
直久は直之と共にいたけど、亥之助の姿は見えませんでしたが…なつと一緒に松下へ行ったのかな?
しのさん久しぶり!虎松の成長に感無量といった表情でしたね。松下に「聡い子」と褒められた虎松はこれからどう立ち回るのか楽しみです。

みんなの受け入れ先も見つかって安堵する直虎に何やらフワフワした空気が…龍雲丸がまさかの告白。
照れているのか動揺しているのか瞬き一つせず政次みたいになっちゃってる直虎。…ってもしかしてこれ、政次が乗り移ってない?いきなり足ドンして頭を睨みつけて来るんじゃない?(現実逃避)
あれこれ躱し続ける直虎ですが、龍雲丸の熱烈な告白にあっさり名前を教えてしまった!うーん、「おとわ」呼びは幼馴染の特権であって欲しかったなぁ。。
何かこれ龍雲丸の1人勝ちみたいになっちゃってて政次ファンとしては釈然としない。複雑な気持ちです。なつさんも割とサッパリしてたけどこれは怒っていいんじゃないかな。
井伊もなくなってしまったしそれこそ「政次は何のために…」って気がしなくもないですが…考えてみれば龍雲丸が言っていたように政次にとっての井伊が直虎自身であるなら彼女が生きて幸せな道を歩むことこそが本望…なのでしょうか。政次さんも納得して死んでいったわけだし外野があれこれ言うのは野暮かもしれませんが。

新しいスタートを切った矢先、北条氏康が死に氏真と春は北条の元を追い出されてしまった!
家康を頼って浜松へ来た氏真が、「徳川様」とさっそくヨイショしてて笑ってしまった。氏康への持ち上げ方といいボンボン育ちがいつのまにかヨイショの達人みたいになってるww
氏康が死んだことに勢いづいたのが武田。ご機嫌の信玄公、今にもサンバを躍り出しそうだな…と思ってたら本当に踊り出して爆笑ww言動がいちいちお茶目ですが、兜姿はさすが様になっています。
家康は氏真を武田に売るだの売らないだの織田にお伺いを立てるだのと小者に逆戻り。

そして、間者疑惑がすっかり晴れたと思いきやここに来て高瀬が動き出す直之らについて近藤の元へ行ったのも間者としての役目があるから?信じてたのに
バラバラになった井伊がどうやって再生へ向かうのか。その経緯も気になります。

関連記事

スポンサーリンク

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目になった(第36~40回)

皆さんこんばんは。今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第36~40回までの感想を書きます。まずはあらすじ。今川氏真(尾上松也)と徳川家康(阿部サダヲ)が和睦したことで小康を迎えた遠江。近藤康用(橋本じゅん)を看病することで信頼
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line