おんな城主直虎 41話感想

「この玄関の片隅で」

以下、感想です。ネタバレ注意





とうとう回想のみになってしまわれた傑山さんと昊天さん。。

後釜として草履番見習いにやって来たのは万千代よりうんと年上のおっちゃんでした。この人はいつぞやの鷹匠
徳川の家臣とも馴染みがありそうで何やら曲者の予感。。
何としても早く仕事を覚えてもらわねばと闘志を燃やす万千代に対して、ノブ・福と早くも愛称で呼びあう仲になる万福。冷静なフォローぶりは政次を思わせますが、フレンドリーな一面は実父である玄蕃くんに似ていますね

一方、直虎サイドでは万千代の代わりとして松下の養子に直久をという話に。
中野の家のことを気にする直久に「潰れようが潰れまいが気にするな」とあっさり言ってのける直之がいい兄貴っぷり再び万千代・万福と共に過ごせる時間が増えるとあって直久も嬉しそう。
そういえば直之くんちょっとイメージ変わった?何となく変わってるような気がするんですがどこが変わったのか分からない
万千代の守役としての役目を終えた六左は松下にいつまでも厄介になるわけにはいかぬと近藤の元で働くことを志願。
松下の家のことも丸く収まり、直久と六左が入れ替わりになってこれにて一件落着。…かと思いきや、若者と年増の入れ替えに不満げな近藤
おとわが一生懸命に六左の長所を上げて売り込もうとしますが、「正直者など馬のエサにもならぬ」って酷い言われようまぁ、策謀などには不向きかもしれませんが六左かわいいよ!ゆるキャラマスコットとしてみんなを癒してくれるよ!
だんだん萎れていく六左かわいそう…と思ってたら高瀬の鶴の一声で馬の世話係に。確かに馬の世話も大事な仕事だし向いているのだから結構ですが、近藤殿ってもしかして高瀬に激甘?「高瀬が言うなら仕方ないなぁ~」みたいなすっごいいい笑顔になってたよ

しかし、どういうわけか近藤に邪険にされる六左。。元気がなくなってる
うーん、これは典型的な馬が合わないタイプですね。血気盛んな近藤にとっては戦いが苦手でおっとりした六左は勘に触るのかだからって「何でそんなにデカいんだ」は可哀想
武士を止めて百姓や商人になってはどうかと言うおとわに「言っちゃおうかな、どうしよっかなー」と照れて顔隠す六左かわいいよ
六左は1度でいいから武功を上げてみたいと思っていたんですね。奥山の家風を考えれば無理もないことかも。六左の場合は向いていないからこそ憧れが強い。
とぼとぼ歩く六左の後姿に哀愁漂いまくりです「心構えはあるのだが」とおとわも心配そう。。

自身の出世がかかっているとあって必死にノブに仕事を教え込む万千代。しかし年輩のノブは若者のようにはキビキビ動けないし覚えも早くない。。
ちょっと苦戦していると、ノブを見た忠勝がいきなり切りかかってきたちょ、本気すぎるよ
なんとノブの正体はあの本多正信だった去年の近藤正臣とはまたえらい違いですね。
一揆を起こして逃げ延びていた正信を一族の恥と憤っていた忠勝。真田丸では仲良さ気でしたが、そこに至るまで色々あったんだろうなぁ。。
焦りのあまり榊原の前で「草履番の仕事を掃き溜めにするつもりでは」と口走ってしまった万千代は、家康への侮辱にあたると咎められ一気に昇進取り下げの大ピンチにうーん、賢い子ではありますがこういう突っ走ってしまうところはまだまだ青いですね。昔の直虎を見ているみたい。

追い詰められた万千代はノブへの指導がますますスパルタに。早くも赤鬼の片鱗が
なんとか札を覚えようとしていた正信ですが、こうした方が早いと自分なりのやり方を編み出したようです。出てくる人の順序や組み合わせを覚えてあらかじめ用意しておくという方法。これなら体力的にも無理がありませんね
優れた観察眼と洞察力。早くも名参謀の片鱗が見えています。さすが!
正信の機転で、城内の動きを聞き出すことができた万千代は家康に近付くために一計を案じる。囮になってる万福がお守り袋を「鶴の刺繍がしてあって~」って説明してるのが何かかわいかった。
なんと家康の草履の鼻緒をわざと切っておき、新しい草履を用意して気が利くアピールするという何とも大胆な作戦!しかしそんな小細工は家康には通用しなかった…。おまけに悪口言ってたのもバレてる
阿部サダヲの、つぶら瞳なんだけど奥でキランと光らせてる油断ならない演技が本当ハマり役だなぁ。
全部お見通しの家康に、単刀直入に材木を用意する役目を井伊にと嘆願する万千代。無謀にも思えますが、あっさりチャンスを与えてくれるところを見ると榊原さんの言う通り家康は万千代を贔屓目に見ているようで。それだけ将来を見込んでくれているんでしょうか。

材木を用意せよという話はおとわの耳にも届きますが、井伊谷は現在近藤の領地。勝手に井伊で材木を用意することはできない。
その旨を正直に家康に伝え、改めて近藤にお沙汰をとお願いすることに。
方久と家康はそういえば気賀で一度会っているんでしたね。あの時もそうでしたが、城を失い、家臣を失い、気賀をも失い、井伊はあまりにも多くのものを失くしてしまった。。
今回は「カーンカーンカーン」と覚えてもらっていたことにいつもより多めに鳴いて喜ぶ方久。でもいつもの弾けた調子でもなく、ちょっと抑え目だったのはやっぱり少なからず思うところがあるのかな。カンカン鳴かれて「えっ、どうしよう」みたいに視線をうろつかせる家康の反応がちょっと面白かったw
戻ってくる時もやっぱりカンカン鳴いて帰ってくる銭の犬ww
直虎の進言を受け入れ、近藤に改めてお沙汰が出されることに。万千代に物事の筋を教える意味もあったんでしょうが、おとわとしてはまだ15の彼を戦に行かせるのは忍びないという思いもあったように見えます。

近藤には材木の切り出しに詳しい者はおらず困っているところにすかさずおとわが進言。それを見守る直之や高瀬もあったかい
以前は龍雲党との仲介役を務め、材木の切り出しから人工の仕切りにも精通している六左の出番
戦に使う材木集めの先頭に立って活躍できる。これも一つの武功だと喜ぶ六左。よかった、よかったね六左…
別々に動いていた万千代サイドとおとわサイドが繋がって問題解決する展開が気持ち良かったです。
6年後になってからのおとわは年齢を感じさせる落ち着きが出てきてすっかり頭脳派になってますね。

しかし、出世を邪魔された万千代はまたもや自室で大暴れ!いやぁ、今日もいい百面相でしたww
万福がまた布でくるんでるけど今度はおとわの悪口だから聞かれても構わないんじゃ…?と思ってた側から家康も「まとめて殺す―」とか言っちゃう万千代wwまったく危なっかしいキレ芸です。
家康に初陣を願い出る時は「私はもう15です」と言ってたくせにこういう時は「まだ15の俺がいたいけに頑張ってるのに~」って見事なダブルスタンダードw

次回は長篠の戦いで、ついに信長が再登場するようです。そして万千代は安定の百面相。

おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,188から
(2017/10/1 22:52時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『おんな城主直虎』、終盤でやっと面白くなってきた(第41~45回)

皆さんこんばんは。今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第41~45回までの感想を書きます。今日はエイプリル・フールですが、興味がないので無視します 笑まずはあらすじ。草履番として徳川家中で働く井伊万千代(菅田将暉)と小野万福(井
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line