おんな城主直虎 44話感想

「井伊谷のばら」

祐椿様、お綺麗でした。。

以下、感想です。ネタバレ注意





いよいよ初陣の時を迎えた万千代。
「誠心誠意殿をお守りいたします!」って気合いの入りようが草履番に付いた時と同じぐらい、いやそれ以上です。

…が、軍議を聞けると思ったら寝所に追いやられて手持無沙汰…。
なんと万千代が小姓になってはや4年が経っていたとはついこの間やっと小姓になったばかりだと思っていたらそんなに月日が流れていたんですねー。
周りが次々と他の役目に付いていく中、いつまでも色小姓扱いされてやきもきする万千代。確かにこれではまるでお姫様扱いですね

そして、時間の流れを示すようにお倒れになった祐椿様。
心臓を患っていたとは…心配させぬよう周りには黙っていたのですね
弱った母を前に、親孝行できなかったことを悔いるおとわ。「孫の顔が見たい」は龍雲丸への想いを汲んだ方便だったけど、そこには本音も含まれていたのではと思い悩む。
確かに孫の顔は見せられなかったけれど、こうして最後まで側に付いて見守ることも立派な親孝行だと思います。
出家したなつも心配して周囲に声を掛けてくれるようです。万千代と万福も呼びたいところですが…そういえばもうずっとこちらには帰ってきていないんですよね。

寝所に籠りきりなのが不服な万千代ですが、またしても「日の本一の小姓」と乗せられてしまう。
「日の本一の草履番」→「日の本一の留守居」→「日の本一の小姓」と確実にステップアップしているわけですが、何だろうこのいいようにあしらわれてる感じ…w
しかし、夜中に不穏な気配を感じ取っていた万千代はその曲者を捕まえるため罠を仕掛けたり隈なく捜索したりと頑張ってます。何事にも全力なのが万千代のいいところ
…と思いきや、ね、寝てる――戻ってきた家康が声を掛けても爆睡。
仕方なく代わりに薬を煎じられる者を亥之助が呼びに…ってあれ?もしかしてこれって狸寝入り??
呼ばれてきた者が薬を煎じて家康に差し出した瞬間、ガッと腕を掴む万千代がカッコいい!策士ですね
毒味を申し付けられ切羽詰まって襲いかかってきた男を、布団に隠していた槍で返り討ちにする万千代。伊達に鍛錬を積んでいないですね。見事な立ち回りでした

殿の命を救った大手柄によって、1万石を与えられることになった万千代。いきなり大出世ですね!
しかし元服となるとおとわに家督を譲ってもらう必要がある。…って、おとわはもう百姓に戻ってるわけですが家督の座にはまだ付いてるのね。その辺よく分からない…「意地悪ババア」ってずいぶんな言い草ですね
晴れて小姓から国持ちになれた万千代ですが、色小姓だったために「寝所で手柄」をかなーり誤解されている!ちょ、下ネタでバカにするのやめてあげて!
笑い者にされてますます元服目指して躍起になる万千代。

一方、井伊谷では病床の祐椿様を見舞ってみんなが訪れていた。
方久あやめ夫婦の仲睦まじそうな2ショットにほっこり。しのや直之、六左とみんな心配して来てくれましたがずいぶんと賑やかで昔に戻ったみたいでした。
方久が祐椿様に贈った長春は何となく祐椿様の名前とも似ていますね。咲いた花も椿に似ていましたが薔薇なんですね。
しのから万千代の出世を聞かされたおとわは寝耳に水で驚くばかり。まぁ、万千代がおとわに話すわけはないんだけど、後見であり家長でもあるのに何も聞かされてないってのは立つ瀬がないですよね。。
みなが帰った後、祐椿尼が和尚に託したどうしても会っておきたい人物とは…?

祐椿尼が呼び寄せたのは万千代と万福。おばば様の頼みとあっては断れない…これは粋な計らいですね。
腹を割って2人で話せるよう、床に戻る母上。空気を読んでなつのところへ行く亥之助、さすが出来る子
井戸の所へ行って2人で話すおとわと万千代。最初は割と穏やかでいい感じだったけど、今後の話になったところで一気に険悪に
井伊谷を取り戻したいとかき乱されては困ると釘を差すおとわと、百姓として生きるならば誰が殿になっても関係ないはずだと噛み付く万千代。交渉は決裂ですね…
「ではこの地に戻って何をしたいのじゃ」「そんな気持ちなら家督を譲る気はない」と厳しいことを言うおとわですが、確かに万千代はムキになっている節はあるけど、彼が「よくやった」と言って欲しいのは亡くなった父・直親や政次、そして何よりおとわからなんじゃないかな。。だからこそ、「出来ぬことから逃げただけではないか!」とおとわに対して歯痒く思っているんじゃないかな。
万千代はただ、ご先祖様たちが守ってきたものを自分も守りたいと思っているだけなんだと思う。それをくだらぬと切り捨てるのは少々残酷かと…。
とはいえ、おとわの中には土地や家のためにこれ以上の犠牲を出したくないという思いがあるのも事実。この2人に必要なのは冷静に話し合うことだと思います。時間が解決してくれればいいのですが…。

またしても喧嘩になってしまったものの、気を利かせてくれた母上の手前うまく取り繕うおとわ。
それを聞いた祐椿尼の「役に立てて良かった」と心から嬉しそうな顔に涙が出そうになりました。祐椿様はいつだって娘思いの優しい母上だった…
苦労をさせたことを謝る母上に、「私を1人娘に産んでくれてありがとうございます」とおとわの精一杯の粋な感謝にもグッと来ました。
城主となったことで直虎には様々な出会いがあった。甚兵衛をはじめとした村の百姓たち、龍雲丸たち盗賊団のみんな、商人から家老に成り上がった方久、誤解されながらも井伊のために尽力した政次…。これらの人々と心を通わせ理解できたのは、直虎が城主として直接向き合うことができたから。
何も知らないお姫様のままで終わらなくて良かったと。建前なんかじゃなく、直虎はそのことに心から感謝しているんですね。
傍から見ればなかなかの波乱万丈だったと思いますが、「私は自分を不幸だと思ったことはありませぬ」って言い切っちゃう直虎は本当に強い人だなぁ。
「ずっと見守っていたいですね」と言った日の夜に息を引き取った祐椿尼。。
これで直虎を側で見守っていてくれる人がまた1人いなくなってしまいましたが、言葉通り祐椿様は井戸のお墓から見守ってくれているでしょうね。赤い椿の花がそれを表しているようでした。
実の息子のように泣きじゃくる六左と、庭に咲いた長春の花に安らかな顔で手を合わせる傑山さんにもグッと来ました。

一方、浜松に戻った万千代は晴れて家老たちと並んで末席に座れることに。
下ネタ親父にまだ笑われてますが、突然もろ肌脱いだ万千代!遠山の金さんかな?と思ったら家康を庇ってついた名誉の負傷を見せつけ「かような手柄で」と示すとはやりますね~
これで万千代をバカにする者はいなくなった。よくぞここまで上り詰めたものです

家康を襲った武助は武田と通じていた。武助は信康の小姓でしたが、信康も心を痛めながらも「仕方がない」と彼の処遇を受け入れる。。
しかし、これから徳川家最大の悲劇が始まろうとしていた…。
小姓が間者ということで信康にも疑いがかかるのでしょうか。そして実母である瀬名の身にも危険が…
信康が聡明な好青年として描かれているので見てて辛いです。。

おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,188から
(2017/10/1 22:52時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : 大河ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line