おんな城主直虎 45話感想

「魔王のいけにえ」

徳川家を襲う悲劇。。

以下、感想です。ネタバレ注意





武助の謀反により、岡崎は処罰を受けることに。
連帯責任とはいえ納得いかない岡崎はますます不満を募らせる。。これは良くない傾向ですね
憤る家臣たちに「さらなる武功を立てて認めさせよう」と鼓舞する信康。彼は自分まで不満を口にしては火に油を注ぐことになると知っている賢い人ですね。

信康ら岡崎勢が奮起して武功を立て1年半。
そろそろ岡崎への許しを持ちかける信康。彼の言う通り、親子が不仲であると周囲に見られては付け込まれるきっかけになるかもしれないし得策ではありませんね。
ここらで岡崎を喜ばせる沙汰を考える家康。
一方、浜松では家康の側室に男の子が誕生。この子が秀忠なんですね
於大の方の「守役には武勇に優れ学もあり若い者がよいです」に鼻息荒くスタンバってる万千代に笑ったww謙虚さのけのじもない準主人公wwいや、その自己評価はおおむね合ってるけども。
榊原に呼ばれ、何も言われてないうちから「私でよろしいのでしょうか」って喰いつく始末。ちょっと落ち着こうか
しかし榊原から命じられたのは岡崎へ長丸の誕生を知らせに行くこと。まあそうだろうとは思ったけど、タイミングが紛らわしいw

万千代が知らせを持っていくと、案の定岡崎は(というか瀬名が)不穏な空気に。
瀬名さん顔、顔あと声も全然おめでたいと思ってないというかむしろ葬りそうな顔してるから!
ただでさえ立場の弱い岡崎にあり、長丸に後継ぎの座を奪われるのではと危惧した瀬名は信康に側室を迎えて男の子を産ませようと考える。もちろん信長の手前、側室に子が生まれても正室の徳姫を母とすると。
豊臣家の秀頼・秀次の関係も然り、この時代はお家の後継ぎ問題が切実ですね。。
しかしこれが思わぬ悲劇を呼び寄せることに…

信康が側室を迎えると聞いた信長様が怖い怖い何してても無駄に怖いんだから
娘がないがしろにされているような事態が面白くないご様子。。ドラマ中に徳姫は一切登場しませんが、実際のところどう思ってるんだろう。信長に色々告げ口して信康の立場を悪くするような妻なのか、それともこれは全部信長が勝手にやってることなのか。。まるで一生分の苦労をしてきたような光秀の白髪にはビックリしましたが、伊達に魔王の右腕をやっていないようで信康に官位の話を持ちかけた時の目が怖かった
官位の話は丁重にお断りした信康ですが、これがますます彼の立場を悪くすることに。。

瀬名からの頼みごとでふさわしい女性はおらぬかと相談されたおとわ。
とうとうリアル犬の鳴き声背負って現れるようになった方久wwさすが、上手い話には目がなく高瀬を推しますがおとわは面倒事に巻き込まれるのはごめんだと断ることに。
「冷たい鬼ババアになりよって」って面と向かってなかなか酷い和尚ww前回の万千代といい何て言い草だ
しかし、昔のおとわと今のおとわを比べるとおとわが日和見主義になってもどかしくなる気持ちは分かるような気がします。おとわはもうすっかり保守的な大人になってしまったんだね。。

一方、織田へ使者として参じた忠次は信長の圧迫面接を受けるはめに。
そういえば徳川は織田に断りなく武田と結ぼうとしていた時もあったっけ。信長様まだ根に持ってたのね…
信康が武田の元家臣の娘を側室にしたことを指摘し、謀反の疑いがあるのではないかと問い詰める信長。徳姫は本当に手紙でそんなことを言ってきたのでしょうか?
真偽はともかくとして徳川家全体が謀反を企んでいるのではと疑われ、最初は必死で否定していた忠次も信長の気迫に負けてしまう。。ここに来たのが榊原や万千代でなく融通の利かぬ酒井だったのが運の尽きですね。

浜松へ帰り他の家臣から叱責を受ける忠次。
とりわけ、普段は温厚な家康の怒りが凄まじい。普段ニコニコしている人が本気で怒ったらこうなるというのがよく表れていました。大切な我が子を生贄に捧げるような真似、許せるはずがないですよね。。家康がどれほど信康を大事に思っているかが伝わってきました。
なじられて言葉を詰まらせる忠次、それを必死で庇う榊原と家康との対峙は緊張感がありました。
ことの真偽を確かめに岡崎へ向かう榊原。どうやら信長は信康が官位の話を断ったことで自らの手駒に出来ぬと踏んだようですね。まさに鳴かぬなら殺してしまえホトトギス。それだけのことであんな言い掛かりをつけてくるなんて酷すぎる。

息を荒らげながら囲碁で必死に策を考える家康でしたが、於大の方が入って来て信康を斬るよう進言。
於大の方の兄も謀反の疑いで死罪になっていたのですね…。修羅場をくぐりお家を守ってきたからこその母の言葉。親としてそれを受け入れられず「人の親の言葉とは思えませぬ」と返す家康でしたが、「人の親なればこそ」という言葉にハッとしました。
獣は家のために子を殺すような真似はしない。人の親だからこそお家のために子を殺すことを迫られる。お家が人を縛り、殺すこともある…それが戦国の世なのだと。
家康は人の親であると同時に徳川家の当主であり、お家を守る責務がある。自分だけ我侭を通すことはできない。あまりにも悲しい運命ですが、それを自覚させられとうとう母の言葉に頷いた家康。
今の徳川の状況はかつての井伊を見ているようでした。お家のため、多くの命を犠牲にしてきた井伊家。それを良しとせずお家を失くした直虎。
徳川の状況を側で見ている万千代は何を思うのでしょうか。。これを機に、当主としての在り方やおとわとの関係を見直すことになるのかな。

何も知らない岡崎では瀬名の元をおとわが訪問。
あれ?おとわってまた出家したの?と思ってたら同じ疑問を持った瀬名様が聞いてくれました。…って自由に動くための方便かい罰当たりな発言にヒソヒソ話する和尚たちw
せめて子宝祈願をとこうしてやって来たおとわは、和尚の「冷たい」発言に痛いところを突かれたのでしょうか
瀬名が嬉々として「殿が岡崎に来て下さると」「ぼんやり殿とぼんやりできます」と語るごとにこちらのメンタルが削られていく。。
子宝祈願のため数正に信康を呼びに行かせた瀬名ですが、不穏な空気を察知。そこには徳川の兵に包囲され取り押さえられる信康の姿が…。
死んだ目で遠くを見つめて冷たい対応をする家康の姿に、父としての家康は死んだのか…と思わせて、信康の「父上が疑いを晴らして下さる」という言葉で瞳に動揺の色が見えてまだ鬼になりきれていないんだなと切なくなりました。
しかし必死で「私を処罰下さい」と取り縋る瀬名の親心にも「奥は乱心した。下がらせろ」と切り捨てる。
信康を庇って家臣たちが次々と「代わりに私を」と名乗り出るのが泣けた。。信康がいかに信頼の厚い立派な若様であるかがよく分かります。
そんな家臣たちの姿に涙しながらも、「短慮に走るな。血気に逸るな」と言い聞かせる信康は本当に聡明な人だよ。こんな立派な後継ぎを失わなければならないなんて本当に悔しいですね…
現場に居合わせた万千代とおとわは何を思うのでしょうか。。

常慶は家康の使いで氏真の元を訪れ、密書で助けを求めていた。
そういえばもともと駿府にいた瀬名の父親は今川方の人間。身内の危機を救うべく立ち上がる氏真が今までで1番カッコいい!

次回は瀬名が母として決死の行動にサブタイトルは「悪女について」となっていますがこの瀬名様を悪女とはとても呼べません!

おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,188から
(2017/10/1 22:52時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : 大河ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line