おんな城主直虎 47話感想

「決戦は高天神」

これはいい但馬祭りでした

以下、感想です。ネタバレ注意




岡崎への仕置のため馬を走らせる忠勝。
瀬名と信康の後を追い、自害しようとしていた数正を絶妙なタイミングで止めてくれました。
混乱に陥っていた岡崎衆の前で、自らの本音を語る家康。己の至らなさを素直に吐き出し、失った2人がいかに大切だったかを語り、なお亡き妻の願いを叶えたい。そのために力を貸して欲しいと訴える。そういえば、瀬名の悲願は母との約束でもある駿河乗っ取りでした。。家康はそれを忘れてはいなかったんですね。
声を震わせながら皆に助けを求める家康の姿には込み上げるものがありました。岡崎衆も涙を流しながら家康に付いていくことを決意。
己を責めている数正に「わしも生き恥じゃ」と共に生きて恥をさらすことを訴える酒井さんも良かった。いいとこあるじゃないですか!この人も、不甲斐なくはあるけど悪気があってやったことではないからずっと悔いていたんですね。
家康に腹を割って話すよう進言したのは万千代。先代・直虎と百姓との関係を引き合いに出し、このやり方がベストと考えた。少しずつ歩み寄れているようで良かった
「駿河取るぞー!」「おー!」と、「てっぺん取るぞ」的なノリで気合い入れる徳川勢。榊原さんも酒井さんもニッコニコです。
失ったものは大きかったですが、目標に向かってようやく一つになれたような気がしますね。

駿河を攻めるため、戦に駆り出されることになった直之と六左。戦あるところに井伊谷の材木あり!という感じで羽振りがいいですね
しかし事情を知らないおとわは、結局また戦かと徳川に対して落胆気味。
和尚から織田が天下布武を目指していると聞かされた直虎は、信長をよく知らないながらも瀬名と信康の件もあり「かようなやり方で皆織田に従うでしょうか」「織田の目指す天下布武は真の天下布武ではないような気がするのです」と疑念を抱く。なかなか鋭い!核心を突いています。実際織田は…ねぇ?

徳川陣に参じた直之と六左。
軍議に加わる万千代の姿に感無量な六左…感動の再会ですな。直之くん、小便のことは言わないであげて!w
声を張り上げる凛々しい六左が珍しくカッコよかったです
各地から集められた雑兵とだべっていた2人は竜宮小僧の地域別の呼び名の話に。何やらきな臭い表情の男がいましたが…怪訝そうな顔をしてる直之くん気付いた?と思いきや、
「河小僧という名どこかで聞いたことはないか?」ってそっちかいうーん、でも確かに聞き覚えがあるような?
六左に高瀬がそう呼んでいたと教えられスッキリした直之くん。「それだ!」じゃないよ、起きて起きて――
高瀬は武田の間者だった。つまり河小僧と言った者は…あっ、直之くん起きてくれた。ノリツッコミの才能ありますねw
間者をひっ捕らえて家康らの前に引き出した2人。これまたお手柄
高瀬が脅されていたことを考えたら、正体がバレたこの間者たちも武田には戻れない。その者たちを召し抱えて逆に武田の弱みを握ろうとする万千代はなかなかの策士。

間者から井戸の場所を聞き出したことで水断ちに貢献した万千代はさらに1万石を与えられることに。前回分と合わせて実に2万石。
驚きのあまり目を見張るおとわに「(目玉が)零れそうですよ」と的確なツッコミを入れる昊天さんのジェスチャーに和んだww
差し当っては直之と六左を召し抱えたい、これは家康のたっての希望でもあると。これは願ったり叶ったりですね。武功を立てたいと願っていた六左ですがここまで出世するとは!
近藤の手前、まずは万千代と話をして意思確認をということに。

外出時はやっぱり尼姿になる直虎さんw
あれ、忠勝さんおとわに一目惚れしちゃった?万千代呼んで来いと追い立てられ怪訝そうな万福の顔がツボw
万福が去ってから気が付いたらお見合いみたいな空気になってるしwwしかし「万千代は元気でやってますか?」「万千代は変わった。今ではお家のことを考えるようになりました」っていつの間にか二者面談みたいになってる。
ついでに織田の愚痴を言う忠勝さん。駿河攻めにも織田が絡んでくるとなると嫌な予感が不穏な空気をおとわも感じ取った様子。

そして出てきた万千代と立ち話スタート。
家康が1人の死者も出すことなく高天神を落とそうとしていると聞かされ驚く直虎。前半での誤解から一転して真意を知る流れがいいですね。
敵も味方も命を損なわなければそれに越したことはない。そして負けた敵を味方に取り込みより力を付けることで織田の言いなり状態からの脱却を狙う。
家康のその姿に、戦わずして勝つことを考えていた以前の自分と政次の姿を重ねるおとわ。
ここに来て、畳み掛けるような政次回想ラッシュに感無量。先週はなかったのにここで挟んでくるとは…ありがとうございます「俺を信じろ、おとわ」はズルい
更には、「俺が殿を日の本一の殿にします。俺の殿なのですからそれくらいなってもらわないと困ります」と家康を支える決意を固める万千代の姿にも政次の姿が重なる。
己の野心のためでなく徳川のお家のために生きようとする姿に「そうか。そうなるのか、万千代は…」と感無量のおとわ。
直虎と政次が志半ばで成し遂げられなかったことを、万千代は受け継ごうとしている。よくぞここまで成長してくれたものです
そして政次を失ったことにより道半ばで諦めてしまったおとわですが、万千代の思いを聞いたことで彼なら成し遂げてくれると希望を託すことができるようになった。なんとなく、昔の直虎が帰ってきたように見えました。

直之と六左に万千代に仕える話をするおとわ。全開までの保守的だった彼女とは違いますね。
万千代の成長に喜んでいた六左は快く頷きますが、直之は浮かない顔。悪い話ではないのになぜ?
どうやら直之は自分は井伊谷の番人だから離れる訳にはいかないと考えているようです。
直虎が様子を見に行くと、井戸端で手を合わせながらタメ口で語りかける直之の姿が。お父さんに話しかけているのかな?と思ったらまさかの「のう、但馬」って…!あっちもこっちも政次さんの影響が
そんな直之に「そんなことも分からぬとは驚きですな」と政次さんの物真似しながら皮肉を言うおとわ。結構似てた!
徳川を守ることは井伊谷を守ることにも繋がる。直之もそれは頭で分かっている。
だけど、「俺はずっと折り合いを付けて来たのです!」と吐き出される複雑な心境。女子である殿を守ると決め、その女子にずっと守ってきた井伊を潰すと言われ、ならば井伊谷の地を守ろうと決め…折り合いを付けてどうにかやって来た。直虎と但馬が井伊を守ろうとしてきたのを見て来たからこそ、残された井伊谷と殿を守り続けようとした。ある意味、直之はもっとも長く直虎に振り回されてきたのかもしれません。
その長い付き合いの殿に「我侭を言って済まぬな」と謝られつつも、ずっと見てきた殿と但馬の叶えようとしていたこと・叶えられなかったことを実らせるため殿の命に「断るわけにはいかぬではないですか」と腹を括った直之。
「男冥利に尽きまする」って直之くん本当に懐の広いいい男だよ!

こうして直之、六左を召し抱えることになった万千代。近藤に納得してもらうため、2人を貰う代わりに井伊谷の土地は諦める潔さ。大人になったなぁ
高天神攻めでは、敵を追い込んだ所で降伏を持ちかけようという策が上手く行って大盛り上がり。
しかし良いことばかりとはいかず、ご機嫌でテンション上がる徳川勢に水を差すように織田からの使者が。
なんと織田は降伏を受け入れず城を攻め落とせと言ってきた。敵はもはや戦意を失っているのに何の必要があるのか?
しかし口答えするならば織田が代わると取り付くしまもなし。せっかく犠牲を出さずに事を進めようとしていたのに全てが水の泡
それでも、逆らえずに結局降伏を受けず攻めることにした家康。手のひらを返すようなこのやり方は禍根を残すことになるのでは…徳川にとっては痛手ですね。
織田がいる限り家康の志を実現させることは不可能に近いということがこれでハッキリしました。これは家康が本能寺の黒幕になってもおかしくない流れですが。。

次々と武田領を攻め落としていった織田・徳川の勢いに圧され、とうとう武田勝頼が自害し武田家滅亡。勝頼様…
手柄を立てた徳川は恩賞として武田の領地を分配されることに。しかし全てとはいかず、他に手柄を立てた者に駿河が渡る可能性もある。
「駿河は」「駿河は…(ゴクリ)」と緊張の面持ちで構える家康。合格発表並みの緊張感!
万千代たちの元へ知らせを持って駆け込んでくるものの息が上がってなかなか喋れない酒井さんがコントみたいww
駿河は無事、徳川のものに。うん、知ってた。知ってるのにこっちまで緊張しちゃったよ。勿体ぶりやがってまったく…
その知らせを聞き、「あちらでも喜んでおるであろう」と空を見上げて瀬名を思う直虎が優しくて良かったです。
そして碁盤の上に3つの盃を用意して祝杯を上げる家康。「信康、瀬名…」と2人に報告する姿に泣いた
家康の後姿で余韻を残した終わり方。からの次回予告のサブタイで変な笑いが漏れたわ

シリアスな内容とは裏腹に何とも軽いノリのサブタイ。信長様がゆるーい感じで散歩してる姿しか浮かんで来ないんですがw
しかし光秀がついに謀反の誘い。話しかけていたのは家康か?それとも別の人物?
色んな意味で気になる次回予告でした。

おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,188から
(2017/10/1 22:52時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : 大河ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『おんな城主直虎』、最後の2回でまたやられた(第46~50回)

皆さんこんばんは。今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第46~50回までの感想を書きます。ついにラストですね。一昨年の『真田丸』に比べたら随分早く終うことができました 笑まずはあらすじ。織田信長(市川海老蔵)に武田との内通を疑わ
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line