魔法陣グルグル(2017) 23話感想

いい最終回だった…。えっ、あと1話あるって

以下、感想です。ネタバレ注意





ギリに「今度しくじったら…」と釘を刺されて後がなくなったレイドとカヤ。今度こそ本気を出してくるようです。

ザン大陸に辿りついたニケたちは不穏な空気にビビり気味。待て待て勇者が帰るんじゃないよ
石のモンスターに取り囲まれてピンチになるも、ククリがパニくりながら描いた魔法陣が迷路を作り出し助かった!これを「妖精の迷路」というらしい。適当な落書きも侮れませんね
そして迷路に取り残される親父ww出口がないって完全に詰んでるww
クルジェはあいかわらず万能ですね

モンスターを撒いてギリの城の近くまでやって来た一行。しかし城の周りにはモンスターが。
そこで親父の出番ですよ。悲鳴あげてたけど脱出できたのね
初音ミクみたいな登場しやがって…まるでカリスマアイドルみたいだ。。
親父はワンマンショーで踊りを披露できてハッピー。ニケたちはこっそり城に入れてハッピー。正にwin-winな取引ですね。
城の入り口がトイレなの絶対わざとだろ
案の定、男子トイレ風入口から入るのを嫌がるククリ。こうやって分裂させるのがギリの狙いか!

結局別々の入り口から入ることになった男組と女組の前にレイドとカヤがそれぞれ立ちはだかる
レイドがククリと戦いたくないからってことなんだろうけど女子トイレで待機させられるカヤさんww
「最強の闇魔法グルグルを倒すことが全ての闇魔法使いの悲願!」と闘志を燃やすカヤ。グルグルって凄いんだなぁ。
ククリもとかげのしっぽを出して全力魔法のぶつかり合い。しかしカヤの勢いに圧されて杖が折れてしまった

一方、ニケVSレイドは何とも愉快な戦いが繰り広げられていました。
ボス戦前でも割り込んでくる安定のギップルww「お前といるとピンクボムは自由になれない。俺がピンクボムを助けてみせる!」と意気込むレイド。根はいい奴なんだよなぁ。。
「美の神オレ!知の神オレ!全知全能の神オレ!」で大爆笑したww
01_201712142210060e3.png
だいぶ美化されている…ナルシストがすぎるよ
襲い来るレイド像を地の剣で砕くニケ。しかし地の剣の弱点を見抜いたレイドが「エイヤハー」と唱え始めました。このダッサイ呪文は…ドラゴン化再び!
地の剣が動き限定されるのをいいことに遠くから炎で攻撃しようという作戦ですが、何を思ったか素手でパンチにかかるドラゴン。案の定返り討ちwwドラゴン化するとアホになるのは本当だったのね。

勇者たちが愉快に戦っている間に杖が折れピンチになってしまったククリ。
かわいくないけどお婆ちゃんに貰った杖、ちゃんと大事に思ってたんですね。ずっと一緒に冒険してきたんだからそりゃ愛着もわくよね。。
打ちひしがれるククリを抱き締めて「ニケ君に告白する時、手紙に書くのと直接伝えるのじゃインパクトが違うでしょ?」と元気付けるジュジュが聖母「くうちゃんは私が守る!」ってカッコいいよジュジュ様
ジュジュのおかげで立ち直ったククリは杖にさよならを言って宙に指で魔法陣を描く。「失敗しちゃったー」のポーズがかわいい
次々と魔法を召喚していくククリですが、カヤも次々と魔法を出して防いでいく。正に魔法と魔法のぶつかり合い。
しかしカヤの渾身の魔法・暗黒太陽がククリを襲うククリはどうやってこれを防ぐのか

一方、押され気味のレイドは3度目の最終奥義!いくつあるんだ、最終奥義。。
今度の呪文はさっきよりダサい!鼻に指つっこみながら赤面する魔界のプリンスw
しかし呪文がダサければダサいほど魔法は強力になる。何かめっちゃ中二くさ…強そうな剣が出てきた
ニケの卑怯剣を警戒するレイド。剣と剣での一騎討ちとなりましたが倒れたのはニケ…と見せかけてレイド。
なんとニケは新・卑怯剣を編み出していた
02_20171214221005ec6.png
火の剣を尻に挟むとは…。なんか尻尾みたいですがゴチンコ仕込の剣術が初めて役に立ったw
こちらは勝負ありですが、大きな衝撃波で女子トイレとの間の壁が崩れてしまう。衝撃を受ける中ククリの顔が頭をよぎるのは虫の知らせ?

ニケが見たものはうずくまって涙を流すジュジュとカヤの繰り出した魔法で跡形もなく崩れた床、ククリの姿がどこにもない。。
トマもレイドもショックを受けています。まさか本当にククリが…?
泣きながらカヤに掴みかかるニケの姿が涙腺に来ました。。ニケにとってもククリは天使だったのね
その言葉に反応するようにリコの花の髪飾りが割れる音が。よかった、ククリちゃん無事だった
今の今までマジ泣きしてたのに「主人公だからだ!」とドヤ顔かますニケww
なんと「失敗しちゃったー」のくだりからカヤと戦ってたのはククリが生み出した偽のククリだったようです。いつから本物のククリだと錯覚していた…?
おかげで本物のククリは暗黒太陽を喰らわずに済んだ。まさに戦わずして勝つってやつですね
しかし全力を出したカヤに、「私は戦ってないからカヤさんの勝ち」と歩み寄るククリが天使そんなククリに不意打ちかまそうとするカヤさんきったねーと思いきや
03_20171214221004c60.png
双方ガス欠。新種のジャンケンかな?
全力を出した勝負は相討ちで終わり。満足したように去っていくカヤさんが哀愁漂ってていい顔してます。本当に、ただただ純粋にグルグル使いとの勝負にこだわっていたんだなぁ。

塔が崩れ始め、ヨンヨンで脱出を計る一行。しかし振動で魔法陣が安定しない
カヤと共に脱出しようとしたレイドが見たものは――
04_20171214221004795.png
愛の共・同・作・業ペアスケートかな?
これはいいラブラブっぷり。見せつけてくれます
さらに止めとばかりにレイドにお友達宣言するククリ。「え…?うん」ってレイド可愛いなまぁ、名前で呼び合えるようになっただけ一歩前進…なのかな?レイド的には複雑かもしれないけど。
取り残されたレイドを待っててくれて「よく頑張りましたね」と慰めるカヤさんが完全に保護者。やっぱりレイドはショック受けてたかぁ。失恋してギャン泣きするレイドかわいいよ。そしてちょっぴり切ない。。カヤもレイドも憎めない悪役でした。

ヨンヨンで飛んでギリの元までたどり着いた一行。
ギリが姿を現しいよいよ最終決戦…えっ、親父さん何やってんですか
キタキタ親父がラスボスとかそんな馬鹿な~と思ってたらお次はギップル!(の、ふんどし)
おいおい、どうなってるの?と思ったら今度こそ本当の姿が…
05_20171214221003c69.png
弱 そ う 
お菓子のおまけカー!と勇者パンチをあっさり受ける。やっぱり弱い。。
魔王ギリとは一体…?と思ったらいつかの悪魔登場。こいつがギリだったりしないよね?と思ったら衝撃の事実が。
魔王ギリなんて初めから存在しない全部ククリの作り出した空想の産物
仮想敵を作り出すことでククリは憧れの勇者様と冒険に出て様々な思い出を作ってきた、と。ううん、グルグル界ではいかにもありそうな話ですが。。
回想で潔く省かれる親父ww
もう充分楽しい思い出はたくさん出来た。素敵な思い出を胸にそれぞれの村へ帰ることに…いい最終回だった
と綺麗に纏まりそうになったところでルンルンと総帥が久々の登場このまま出てこないのかと思ったよ!
「全部嘘っぱちよ」ということは今のは悪魔の作り話でギリはちゃんと実在している?そうでなければ冒頭のレイドとカヤのシーンは説明付かないしなぁ。

しかし今回の話もかなり満足度が高かったのでつい「いい最終回だった…」と言いたくなります。
次こそ本当の最終回ニケとククリの冒険ももうすぐ終わってしまうんですね。ちょっと寂しい…

画像引用元:「魔法陣グルグル」第23話© 衛藤ヒロユキ/SQUARE ENIX・「魔法陣グルグル」製作委員会

魔法陣グルグル 1( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]


関連記事

スポンサーリンク

theme : 魔法陣グルグル
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line