おんな城主直虎 50話感想

「石を継ぐ者」

ついに最終回。涙のオンパレードでした。

以下、感想です。ネタバレ注意





堺に残って様子を窺っていたおとわは、明智が討たれたと見るや井伊谷に引き返して自然の身の振り方を講じることに。
龍雲丸ともここでお別れ。南蛮の船に乗ると言う龍雲丸に冗談っぽく「一緒に来るか?」と誘われ「餞別じゃ」と水筒を渡すおとわ。出会ったばかりの頃を思い出します。
2人の別れは爽やかでよかったです。そしてやはり最後は「我より先に死ぬなよ」と。龍雲丸は「そっちもな」と声を掛けますが、あいにく今日が最終回なんですよねぇ…。

京へ引き返した家康は、羽柴が明智を討ち取ったと知るや今度は甲斐方面の平定を申し出ました。前回はかなりわざとらしい大根役者ぶりでしたが、今回はちゃんと演技できてるw
家康の留守中、血相変えてやって来た氏真は自然のことが知れれば謀反に加担していたと咎められることを心配しているようです。

おとわが井伊谷に返り、急ぎ自然を連れ出そうとしていると万千代が自然を引き取りにやって来た。
即座に万千代の嘘を見抜き、於大の方に「あいにく我は子を産んだことがありませぬゆえどの子も等しく我が子のように見えまして」と毅然と食ってかかるおとわがカッコいい歳月を経て充分な貫禄が出ています。
予告で見た2度目の傑山アローはこういう状況だったのか。。「若はどうやって生き延びられた。答えよ!」と珍しく声を荒らげ恫喝する傑山さん。確かに子供の頃の虎松はその存在が知られては困る状況下で色々な人に助けられて生き延びた。同じような立場の自然を始末しようとするのは恩を仇で返すことにも等しい。
そこへやって来た織田の兵たち。アイコンタクトで自然に寄り添う傑山&昊天は息ぴったりだし、「ここにそのような者はおりませぬ!」と言い放つ六左もカッコいい。みんなが自然を守ろうとしている。
一触即発の空気の中で織田の兵に向かって「この子は信長様の子です!」と言ってのけるおとわの大胆不敵さよ直之と六左の貰った茶器が役に立つとは!茶器を礼に授かったと嘯き、止めの信長自らの印。死人に口なしだからって上手いこと言い逃れしましたね。
真偽は確かでなくともここで自然を始末するのはマズいと悟って引き上げていく織田の兵たち。まぁ、少し調べれば嘘だとバレそうですが相当ゴタゴタしているだろうから出自不明な幼子にいつまでも構っていられるほど暇じゃないですよね
「何とかなったじゃろう」と張りつめていた糸が切れたように言うおとわに、自然を「織田の遺児」と呼んで泣きそうな顔で頭を下げる於大の方。この人も、好きで幼子の命を奪おうとしたわけではないんですよね。全てはお家を守るため。
頭を丸めた自然がかわいい名に込められた「自然な姿で生きられるよう」という願いがそのまま彼の元の名を表しているのが良かったです。

何やら思い出したように咳き込み始めたおとわ。前回まで元気に歩き回っていたというのに急に病気がちになってしまいました。。風邪もこじらせると怖いですね。
あやめからさくらの嫁ぎ先である伊原を徳川に紹介して欲しいと頼まれたおとわはこの際、新野の家の者をまとめて万千代の元へ送ろうと考える。しかしそうなると、井伊の縁者は和尚となつと高瀬だけになってしまう。。
おとわは井伊谷が行き場のなくなった者たちの拠り所となれるよう、井伊に縛られずただ世捨て人と寺があるだけの地にしようと考えていた。和尚となつは既に世俗を離れているから井伊の縁者というよりは寺の人間という括りですね。
ずっと井伊を再興することを考えていた和尚は少し寂しそうにも見えましたが、井伊が様々な所から助けられ生き延びそして潰れてもなおこうして残っていることを考えるとそれが役目だと賛成してくれました。
お家を潰す悔しさを知っているからこそ、落ち延びた者たちの受け皿になろうとする。それがおとわの出した答えなんですね。

見計らったかのように高瀬を養女に迎えたいと言ってきた近藤。近藤さん高瀬に対しては優しいし大事にしてくれそう…と思ったら、養女にした上で井伊と近藤の今後のため万千代との縁組をと考えていたようです。
「なぜお分かりに!?」ってえ、もしかして高瀬ちゃん万千代のこと…??出会った当初は思いっきりショタだった義弟なわけですが…?
おとわが驚いていたのは、ちょうど高瀬を万千代の元へ送ろうと考えていたから。「良いのか?」って心配してくれる近藤殿だいぶ丸くなったなぁ。笑い方も朗らかだし。長年おとわが築いてきた信頼関係の賜物ですね。
近藤に深々と頭を下げるおとわの姿に年齢を感じさせられていると、俯いたまま苦しみだしたおとわ。
そのまま病床に伏せってしまいましたが、労咳かもしれないと言われていたところを周りは風邪だと言ってくれていたんですね。

一方、甲斐と交戦状態の徳川勢は真田丸とがっちりリンク中。
そんな中、夜会でみんなに披露するよう笛を頼まれた万千代ですが大事な父の形見の笛がどこを探してもない
万福は間違いなく箱にしまったと言いますがそれでは笛は一体どこへ…?

ところ代わって、咳き込みながら上体を起こす直虎。静かな夜に外を眺めている…。
これは来るぞ、ざわ…ざわ…やっぱり笛の音来たーー不思議なことは大体竜宮小僧のおかげ。
笛の音に誘われ井戸端へ出てきたおとわが見たのは、笛を吹く亀之丞の姿。あ、大人じゃなくて子供時代なのね。
そして鶴丸の姿も!というか鶴も亀ももう声変わりしてる…。子役の成長は早いなぁ
自身も子供に戻っていて驚くおとわ。そして赤メッシュ入りの奇抜なヘアスタイルの子供…もしかしなくても龍雲丸ですね。
子供時代に会ったことないのに「頭!」とすぐ分かる子とわちゃん。いや、視聴者もすぐ分かったけど。
まだ逝くわけにはいかないと引き返そうとするも、これからは次の世代が意志を継いでくれると諭され、「その先」を見るため4人で井戸を覗きこむ。これからは、みんなであの世から井戸を覗いて現世の「この先」を見守っていってくれるのでしょうか。
井戸端で昊天さんが見つけたのは眠るように安らかに息絶えたおとわ。本当に幸せそうな綺麗な顔で涙が出ました竜宮小僧が「お疲れ様」とでも言うようにおとわに触れていくのも良かったです。
あれ、この流れだと頭も死んでる…?と思ったら、浜辺に無造作に打ち上げられた船と水筒。龍雲丸、最初に貰った水筒も大事に持ってたのね。。ハッキリした描写ではありませんでしたが、この様子だと「どちらかが先に死んだ」ということにはならず龍雲丸はちゃんと約束を守ったんだなとウルッと来ました。

おとわの葬儀は井伊谷総出での弔い。おとわの経は読みたくないと拒否する和尚が切ない。。
しのやなつ、方久、あやめ、高瀬…おとわ縁の者たちが涙を流す中、和尚に代わって経を読むのは苦楽を共にした兄弟子2人。
読経中に詰まってしまう傑山さんと昊天さんで涙が滲み始め、「わしの経はお前が読んでくれるんじゃなかったのか」と悲しむ和尚の姿で大洪水…。和尚は本当におとわを最初から最後まで娘のように見守ってくれたから、悲しみ様は子に先立たれた父親そのもので本当に辛い。。
亡くなってもなおおとわを「殿」と呼び、棺を井伊谷の豊かな田畑が見える場所まで連れて行ってくれた百姓たち。おとわは本当にたくさんの人を支え、また支えられて来たんですよね。
田畑を見渡すおとわの後姿を追い抜いていくカメラワークが吹き抜ける風のようで素晴らしかったです。

万千代の元にも、遅れておとわの訃報が届く。葬儀に出られずみんな悔しいだろうな…。
手紙に涙が落ちていく…と見せかけて空から雨粒が落ちてきている演出が秀逸でした。静かに涙を流す万千代、万福、直之、六左…。
軍議中にも身が入らず明らかに死んだ目をしている万千代。。士気が下がると叱られ外に出たところで南渓和尚とバッタリ。
和尚が万千代におとわの最期を語り、唯一の形見として渡したのは例の碁石。政次から直虎へ、直虎から万千代へ受け継がれる碁石は正に井伊の象徴。その碁石を和尚が「井伊の魂」と言ってくれたことにまた涙が込み上げてきました
その碁石を受け取って、和尚の問いに正しくその意志を考えていく万千代はこの石を継ぐ資質充分ですね。
井伊は井戸端に捨てられた子から始まった家。そのせいか余所者に対して分け隔てなく優しい。そしておとわが作りたかったのは行き場を失った者の受け皿となれるような井伊谷。戦わずして勝つ、そんな世の中が来るよう万千代はその石を継ぐ。
おとわが井伊谷でやって来たことをこれからは万千代が日ノ本を舞台に成し遂げていく。和尚のエールにワクワクしてきます今の万千代にならそれが出来る。
そういえば和尚が「待っておれ、おとわ」とか言いながら山を歩いていたシーンでまさかとわの後を追うのか…?と焦りましたが、ちゃんと酒を飲みながら供養してくれてて一安心。

軍議に戻って自ら北条との和平の使者に志願する万千代はすっかりいつもの威勢のいい万千代に戻っています。
潰れた家の子だという立場を利用し、そのような家柄の者でも徳川に来れば働き次第で好待遇を受けられると説得力を持たせる。前の正信の助言が活きてますね
碁石を直虎お手製のお守り袋に入れるのがいいですね。まさにお守りの集大成!
そして直虎の使っていた硯を方久から託され、それで書状をしたためる。死してなお直虎が直政を見守ってくれているようです。
さらには直之、六左、万福も使者として奔走。「某などは木を切るしか取り得がなく…」と経験を活かして頑張る六左が感慨深い。「私の叔父は逆賊として磔にされました」と明るく言える万福が凄い。終いにはワイプ化する4人ww
この奔走が功を奏して無事北条との和平が成りました。家康が褒美に望みを聞いてくれるそうですが酔っ払い万千代が何言ってるか分からない…ってアレで分かる万福すごいな!wwああ、そういえば未だに元服してなかったね。。

和尚の文を受け取って元服後の万千代に「直政」と名を与える家康。この名を見て驚く万千代たち。
予想はしていたけどやはり、「井伊の通名である直と小野の通名である政」を掛け合わせた名前。未だに先祖の意志を大事に抱える万千代にはこれ以上ない名前です
逆賊の汚名を着せられた叔父が認められて涙ぐむ万福と、それを優しく見守る六左にもグッときました。
大粒の涙を零しながらありがたく拝命する万千代改め直政。彼にとって、新しい井伊の土台を作り上げたのは直虎、直親、政次たちだった。。その大切な先祖を思いをしっかり継いでくれたことがありがたいですね。
さらに家康は松下や近藤ら徳川縁の家臣や国衆、さらには武田より臣従した赤揃えの兵たちを直政につける。省略されて「えっ」ってなってる方久wwあやめさんが相談してた庵原様は無事徳川に来られたのね
武田の赤揃えがカッコいい!これまた真田丸とのリンクが感慨深い。井伊の赤鬼の誕生ですね

赤鬼となっても例の発作は健在wwいや、これが赤鬼の由来…なのかな…?
部下の挑発にカッチーンと来て自ら前線に出る直政。実に勇猛です。
赤揃えで戦場を駆け抜ける直政がカッコいい!そして次の場面で同じように馬に乗って駆ける直虎に切り替わり。30分程残して死んでしまってもそこは主人公。戦乱を駆け抜け井伊を繋いだ女城主としてキッチリ締めてくれました。

と思ったらまだまだ続きが。あの世でのんびり碁を打つ直虎。
クレジットに三浦春馬と高橋一生の名前があったのでてっきり最後は直親と政次の笑顔に迎えられるものと思っていましたが、まさかの手だけ出演!くぅー―っ、ニクい演出(できれば笑顔が見たかった)
でもこれはこれで粋な気もします。政次は辞世の句通りにやっと日のあたる場所でおとわと碁を打つことが出来たんだなぁ。。そしてそれを笑って見守る直親。
…って、真剣勝負かと思いきや「完」って文字作ってたんかいこれにはおとわもビックリ!
おとわと対面してせっせと文字作っちゃう政次さんとか何それかわいい。…本当に手だけの出演だったのね。
何にせよ、おとわは長い間お疲れ様でした。あの世でゆっくり幼馴染と語らって下さい

魅力的な登場人物ばかりで、人と人との繋がりもしっかり描かれていて、ツッコミどころやうーんと思う場面もありましたが最後まで家族を見守るような愛着を持って完走できました。
マイナーな主人公を取り上げてここまで引き込まれるドラマに仕上げてくれたスタッフや役者の皆様に感謝です。本当にお疲れ様でした!

おんな城主 直虎 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,188から
(2017/10/1 22:52時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : 大河ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line