おそ松さん(2期) 13話感想

年末小話つめ合わせ。

以下、感想です。ネタバレ注意




よいお年を
こたつでダラダラっとくつろぐおそ松&チョロ松。冬ですね
自堕落な1年を振り返り、発狂寸前でちゃぶ台返しする情緒不安定チョロ松ww
「この歳の人たちってもっと大人だと思ってたよ!」は大人になれば1度は通る道ですね。。というか6つ子って何歳なんだろう。20代前半ぐらい?
「今年っていってもあと少し残ってるだろ。最後にいいことして締めくくればいい1年で終われるって」と珍しくいいことを言うおそ松兄さん。
01_20171226222303b28.png
後光が眩しい…。なんてポジティブな人なんだ。
自分たちにできる「いいこと」を考えた結果、世のクズを少しでも減らそう!という暴挙に。イヤミがとばっちりすぎるww
イヤミは犠牲になったのだ…と思いきや、おそ&チョロも崖から飛び降りるダイナミック大掃除。これは不意打ちエンド

年末ジャンボ
しきりに宝くじ買おうと誘ってくるおそ松を頑として拒否する一松。
「みんなが当たっても俺は当たらない」と安定のネガティブ一まっちゃん。私もどうせ当たらないと思うクチなので気持ちは分かる
帰る途中、怪しげにこそこそするカラ松に大人しく付いていく一松が珍しい。こういうウザくないノリのカラ松なら普通に対応できるのかな?
人気のないところへ誘導するカラ松…これは宝くじ当たってる展開と思ったら当たりそうなお店を見つけただけでした。腐海の森かな?
これには一松も飛びつきますが罠だった――!パックンフラワーもどきに消化されてしまった2人リスクがでかすぎたね。。

ニューイヤーフェス
リア充爆発しろの民、トト子ちゃん。クリスマスを乗り切ったと思いきや待ち受けるのはニューイヤーパーティー。
「正直興味ある!」ってトト子ちゃん果てしなく素直だなぁ。そして最後の方何言ってるか分からんかった

餅つき
ダヨーンとデカパンの目にも留まらぬ高速餅つき。
このスピード、そのうち手がやられそう…と思ったら案の定。いたたたた
お構いなしにつきまくるダヨーンの狂気にチョロ松と同じ顔してドン引きしてしまった。。
「あっれ――?」じゃないよ!デカパンなら餅と一体化してるからマジで怖いわこの人

雪遊び
家の前で雪遊びをするおそ松&十四松ですが
02_2017122622230265b.png
目が怖い。こちらも狂気にまみれている。。
十四松の後ろにまだ出待ちパラソルがw栄太郎親子まだ通ってるのかな。。
どんな恐ろしいものが完成するかと思いきや出来上がったのは巨大なトト子像。結構完成度たけーなオイ。作った目的がヒドイけどw
呆れていたチビ太もこれには大喜び。そして石頭は健在だった…

雪遊び②
お次は1人で雪遊びするカラ松。何を作っているかは大体想像がつきますが…
03_20171226222301ec1.png
こちらも完成度たけーなオイ。(デザインがとは言ってない)
自己満足に浸るカラ松でしたが、トラックに乗った一松が真顔で粉砕。やっぱりこのノリのカラ松に対しては厳しいww
というか一松運転できたのね。

かさじぞう
意地悪ばあさんのイヤミがハマり役すぎてww
笠売りに出かけたハタ爺さんは途中で5体の松地蔵に笠を…あげずにスルーw
「笠置いてかない?」って自分から言っちゃうのかよ!そしてトド松がいないのはなぜ…?
それだけでは飽き足らず帰り道に食べ物をたかる松地蔵。もはやカツアゲにしか見えないんですが
必死で逃げるハタ爺さんでしたが、どこまでも追ってくる地蔵たち。地蔵だからって心が読めてたまるかい!
やっと家に着いたと思ったら案の定先回りする地蔵。これはハタ爺さんかわいそう
恩返しどころか恩を仇で倍返しする地蔵あらため疫病神たち。またもやホラーな話だった。。

年賀状
年賀状を描くみんなにツッコミを入れるチョロ松。ここでもやっぱりトド松がいない。どこに消えたんだ…。
おそ松兄さんの年賀状が酷過ぎるまぁ、それぞれ個性が出ているといえば出ています。一松のケルベロスは普通に力作。
そういうチョロ松の年賀状はというと…え、待って。誰よりも酷い年賀状作ってない
結婚するとか就職するとか嘘&見栄のオンパレード。これを出そうものならいい笑い者だよと総ツッコミされますが何事もなかったかのように持って出て行くチョロ松さん。彼のメンタルは一体どうなっているんだ…。
「出すなよ?絶対出すなよ!?」という兄弟の視線をものともせず無言&無表情で出そうとするチョロ松が完全に目覚めちゃってます。この攻防はベタだけど笑ってしまったwwそして出しやがったよ

戦力外通告2017-クビを宣告された末っ子-
ここまで1度も出ていなかったトド松。中の人の都合かと思いきや手の込んだ前フリだったようです。
橋の下でホームレス生活を送るトド松に一体何が
05_20171226222300e91.png
いきなりドキュメンタリー番組に移行。
松野家ドラフト6位で入団した生え抜きの末っ子、あざトッティ。どこからツッコめばいいのか分からないww
トド松のツッコミダイジェストに腹抱えて笑いました。台詞テロップはズルいww
チョロ松のナレーションが割と的確にトド松のキャラ付けを分析してますね。
しかし最近は今一つ振るわず…ってホタテでけつごしは充分インパクトあったと思いますけどねぇ。
まぁ最大の理由は女の子と仲良くしまくってて非DT疑惑が浮上したからという。あー…確かにトド松はあれで何でDTなのかずっと不思議だったのよ。兄たちに邪魔さえされなければ普通に彼女できそうなのに。
というか、彼女なら十四松もできてたけどね。あっちはみんな見守っててくれたけどトド松の場合パリピ的なノリがアウトなのかな。そこはかとなくリア充オーラが漂ってるもんなぁ。
兄たちに問い質されて必死にDTであることを強調するトド松wキスもまだだけど、手は繋いだんですかそうですか
ただちにアウト認定されて6つ子をクビになるトド松。追い出すのがお母さんとは容赦ないパーカーのピンクまで剥奪される徹底ぶり。
代わりに末っ子ポジに入団したのは海外から来たマイコマツ。いつから松野家は球団に…。
明らかに末っ子の風体ではないマイコーの腕力強すぎてツッコミで家が壊れそうw
何とか末っ子に返り咲きたいトド松の挑戦が始まりますが、トライアウトの面子が色々ヤバいww神松と悪松もいた
しかし1度もバットを振らず終わってしまったと思えば鬱モード突入して大暴れするトド松。家族にこんな仕打ち受けたらキレない方がおかしいけど、トド松も例外ではなかったということ。ドライモンスターなんて言われてるけど結構ナイーブだよね。
呑気に観覧している兄たちに野生化して襲いかかるトド松。「あいつはキレたら1番ヤバい」とマイコーに解説するカラ松ですが気を付けろ!石どころか椅子で攻撃してくるぞ。
場外乱闘でチャンスを失ったトド松。橋の下生活でもスマホは手放さないのか。。充電どうやってしてるんだろ?
そして末っ子の夢を諦めていないトド松は意を決して海外に羽ばたくことに。
めっちゃ日焼けして爽やかに「あいつらをころしますよ」って語ってるのがジワるww物騒な目標だな!

そうは言っても、年明けたらしれっとトド松が末っ子に戻ってるんでしょ?と思いきやCパート(?)でさっそく帰国するマイコマツ。日本食が口に合わないのは仕方ないね。というかあの家の暮らしに耐えられなかっただけの可能性大
入れ替わりでトド松が末っ子に復帰。「それが1番平和だよね」と落ち着く兄たちですが本当にそうだろうか…?
04_20171226222301c66.png
どちらさまでしょう
海外留学して銃を持ち帰る末っ子。ある意味パリピかもしれない。
イメチェンしすぎなトド松が兄たちを始末にかかりますが本気でやると末っ子じゃなくなってしまうから
カラ松の「キレたら1番ヤバい奴」というのはあながち間違っていなかったようです。末っ子だし普段からかわいこぶってる分ギャップが尋常じゃない。

年明けはチョロ松事変が来るようですが一体どんな話になるのか気になります。

画像引用:「おそ松さん」第2期13話©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

【Amazon.co.jp限定】おそ松さん第2期 第1松(各巻購入特典:A5クリアファイル付)(全巻購入特典:【描き下ろし】ランチトートバック(メーカー特典)」 オリジナルお出かけセット(ブランケット トートバック)引換シリアルコード付) [Blu-ray]

新品価格
¥7,344から
(2017/10/24 23:10時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : おそ松さん
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line