ONE PIECE 87巻感想

ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス)




ルフィたちはビッグマムから逃げ切れるのか

以下、感想です。ネタバレ注意







ビッグマム海賊団に包囲され恐怖の籠城戦を強いられることになったルフィたち。
顔が気に入らないからという理由で実の娘であるシフォンにも容赦なく攻撃するビッグマムがあいかわらず毒親。。
城に攻撃を受けてベッジが大変なことになってますが、部下や家族のために踏ん張るベッジ。前巻に引き続きカッコいいです敵には厳しいが基本仲間思いの人なんだなぁ。
サンジ奪還のため少数勢力で来ているルフィたちが今戦おうとするのは得策ではない。
ということで、シーザー囮大作戦心臓を握られてるからっていいように使われるシーザーが便利。いっそずっと心臓を握られてればいいのにナミが一貫してシーザーに容赦ないのはパンクハザード編のクズっぷりを考えると無理もないし。

サンジとジャッジとの確執は、上手い具合に着地したなという印象。あの流れで和解というのも考えにくかったしそうなったら逆に白けると思うので。
あくまで「自分の父親はゼフ1人」として、そのゼフに顔向けできないような生き方はしたくないから助けた。それ以上の意味はないと主張するサンジが最後までブレなくてよかったです。過去に自分が言われた台詞を激情のままに返す「お前は俺の父親じゃねェッ」「二度と俺たちの前に現れるな!」も都合のいい時だけ父親面するジャッジへの皮肉が利いていてよかったです。
それを受けてもうサンジとは関わらないと約束するジャッジ。ジェルマに関してはこれでひと安心ですねジェルマがサンジらを助ける理由が「出来そこないに借りを作りたくないから」というのも納得いく流れです。

ジャッジは過去にDr.ベガバングと組んでいたと言っていたからシーザーとも顔馴染みみたいですね。
外には出ずジェルマとシーザー達に任せるということになっていたルフィたちですが、狙われたレイジュを庇って外に出ちゃった!しかしレイジュには恩もあるし見捨てられないところはとってもこの2人らしいです。
ジェルマはかなり強キャラ感出してましたが、体を改造したヴィンスモーク一家でさえもビッグマムとその幹部に圧される…さすがは四皇
しかしこの散々な逃避行で心臓が戻る頃にはシーザーの寿命いくらか縮まってそうだな

舞台裏で地味に繰り広げられていた玉手箱の奪い合い。招待客のステューシーはサイファーポールの人間だったんですね
玉手箱は絶対ヤバいものだと思ってたけど、こんな早い段階で中身が明らかになるのは意外。終盤で開けたら煙が出てきてビッグマムの寿命を奪うという展開を密かに期待していたんですが。。
どちらにせよヤバいものには変わりなかった竜宮城にそんな危険なものが保管されてたとは。
玉手箱の大爆発でホールケーキ城が倒壊し式場は大パニックに。あんな高い城から落ちたらビッグマムはともかく他の幹部たちはだいぶダメージを受けるのでは?ルフィたちはやっぱり持ってますね
と思いきや総料理長のシュトロイゼンの能力でほぼ無傷。チッ…
しかしこの隙にルフィたちは窮地から脱することができました。あとは各自別れて離脱するのみ。ベッジの逃げ方がシュールw
ジェルマはこれからどうするんだろう。離脱するのかビッグマムに戦争仕掛けるのか。

一方、城下に降りたったビッグマムに異変が。食いわずらい来ちゃったーー
子供時代の回想で充分なヤバさを見せつけられた食いわずらいがルフィたちへ向けられるとはますますピンチ
それにしてもママを止めようと必死で考えを巡らせてる子供たちが何というかまぁ…大変だな(´・ω・憐れみの目)
渋カッコいいカタクリさんが長男を「ぺロス兄」って呼ぶのがなんかかわいいw
ぺロスペローは長男で能力自体は強いけど、その場しのぎの嘘をついてママに睨まれたり言動がイマイチ小者っぽいんだよなぁ。
島中のピンチに現れた救世主・プリン兄弟たちはプリンの本性知ってるけど一般島民は知らないんですね。
チョコレートのエキスパートであるプリンとシフォンケーキのエキスパートであるシフォンで総料理長の作ったウエディングケーキを再現しようという作戦。それにしてもこれだけの惨状の原因がスイーツっていうのが何ともいえない。ホールケーキアイランドはダークファンタジーの世界ですね。
プリンはシフォン&ローラとは普通に仲良さそうなところが微笑ましい
シフォン姉さん男前でカッコいいベッジとはお似合いの夫婦ですね。本気で心配して止めるベッジも心からの愛情が滲み出ていていいぞ~

かくれんぼの次はリアル鬼ごっこ。それも捕まったら一巻の終わりという命懸けの逃避行
しかしビッグマム速すぎんよ~!自然パワーを使っているとはいえあの巨体でスピードあるとか反則
キングバームは巻き込まれて踏んだり蹴ったりで可哀想だな…と思ってたら本当に可哀想すぎるよコレ彼女のために頑張ってたのに…。
ナミはクリマタクトの雷雲効果でゼウスを手なずけることに成功。「私のしもべになる?」の表情がかわいい。残念ながら頷いたのはサンジでしたが
プロメテウス凶暴化verこわっっしかしナミも負けてはいません。
天候を従え支配する女VS天候を読んで自在に操る女というお天気お姉さん(おばさん)対決は面白い構図ですね。
敵方がママが止めを刺したと思い込むほど強烈なナミの一撃を受けてもビクともせず追ってくるビッグマム怖すぎ!もはやゾンビよりたち悪いよ

兄弟の前では悪態ついてたけど、プリンはやっぱりサンジに恋しちゃってますね。恋はいつでもハリケーン。しかしサンジの方が惚れられる側になる日が来るとは…
本性現した時はプリンがここまで面白いキャラになるとは思わなかった…。こんな凶悪顔してデレるツンデレ娘はじめて見たかもしれないwwいや、ツンデレというかデレツン?心の中でデレて口では思いっきりツンツンする…やっぱりツンデレ?(混乱)
当のサンジは意外と通常運転。「怒った瞳もキレイ」とか言ってたけどそれも通常運転だしなー。どうなるんだろう、この2人。
そんなこんなでサンジはケーキ作りに加わるため一時離脱。サンジがいれば心強いですねプリンの能力で森を抜けることにも成功。便利な能力だなぁ。

先回りしていたブルックとチョッパーはサニー号で待ち伏せていたカタクリたちと鉢合せ。これは大ピンチ
奮闘するもぺロスペローのキャンディで固められてしまうという…この能力、ドルドルの実と似てますね。ブルックは大丈夫だと思うけどチョッパーは一刻も早く助けないと危ない
そこへビッグマムに追われながら辿り着くルフィたち。とりあえず落ち合うことはできたものの相変わらずピンチです。
船上にはカタクリ。外にはぺロスペロー。そして追ってくるビッグマム。
この窮地に動いたのはペドロ。キャロットに意味深な台詞を残し、ルフィたちを出航させるために自らが犠牲となり自爆。
寿命が残り少ないとは言われてましたが、自分で死に場所を見つけるペドロさんの武士道精神に真の男を見ました。さすがビッグマムにさえ「いい男」と言われただけのことはあります。

おかげでルフィたちは出航できましたが、ぺロスペローはまだ生きていた…。これは悔しい。
しかし今は前に進むしかない。生き延びることこそがペドロの死に報いること。落ち込むみんなを諭すジンベエがさすが年の功です。
キャロットは大丈夫かなぁ。。相当ぺロスペローに憎しみを抱いているし精神状態も心配ですが同じミンク族ということで目を付けられているっぽいのも心配です
一方、ルフィは仲間を守るためにカタクリを鏡の世界に連れ込み1対1のタイマン勝負。ルフィにしてはなかなかの機転です。
しかし、カタクリのモチモチの実の能力はルフィの能力と非常によく似ている。おまけにどうやらカタクリの方が上手。勝機はあるんでしょうか…。


本編は緊迫感たっぷりでしたが表紙連載のウホリシアに爆笑したww
ルフィファン過激派のバルトロメヲは四皇にすら喧嘩を売っていくスタイル。よりによってシャンクスの旗を燃やすとは後でルフィに怒られるぞ~

人気投票はゾロとサンジが巻き返してきましたね。特にサンジは過去を掘り下げられて票が延びゾロに迫る勢い。次回はどうなるかな?
前回2位のローは出番が減って落ち着いた感じがしますが、それでも4位とは充分な人気。キャベンディッシュ様もまだまだ人気
新キャラではレイジュが人気ですねー。キャロット、プリンも悪くない順位。プリンは人気投票の頃は本誌でデレ始めてたのかな?
サブの女性キャラはハンコック、ペローナ、ビビが安定して強いですね。納得!
ロシナンテは人気出そうと踏んでましたが、ドレスローザ編終わってしばらく経つけどやっぱり人気だった。コラさんいいわー
ハリウッド実写化?何それおいしいの?(*・з・)
関連記事

スポンサーリンク

theme : ONEPIECE
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line