おそ松さん(2期) 16話感想

今回はちょっといい話風でした。最初見るアニメ間違えたかと思ったけどw

以下、感想です。ネタバレ注意





宇宙海賊
そこはかとなく昭和のかほりを感じさせる絵柄で何やら宇宙海賊始まりました。。
01_20180123174209770.png
アバンがこの絵柄のまましばらく続くから観るアニメ間違えたかと…。おそ松さんのはずだけど…おそ松さんだよね?(だんだん自信無くなって来た)
宇宙海賊なのにBGMとかルパンっぽいw
宇宙海賊として追われ続けるシャーザーは今の生活に飽きて顔を変え別人としての人生を歩むことに。女性を囮にして逃げおおせるとは何気にゲスいw
それから20年…追手がシャーザーの居場所を突き止めた模様。
ちょっと不安になってきたところでダヨーン登場。ダヨーンの顔を見てこんなにホッとした日はない!
なるほど、ダヨーンが宇宙から来たと言われてもあまり違和感ないですね。。なんせ人体実験で神になろうとするヤバさだし。
「元からそんな顔の人間がいるか!」ごもっともすぎて笑ったwwダヨーンの顔は整形の産物だった
そしてデカパンももしかしてあの博士…?何気に巻き込んで盾にしようとするダヨーンが酷い。
疑われているところにイヤミまで登場。もう何が何だかwwおそ松キャラのビジュアルに別世界のキャラがツッコむ流れは面白かったです。
ハタ坊は見た「どいつがシャーザーなんだ」って言ってるけど、どいつもシャーザーじゃない可能性も…え、まさかミスターフラッグ…?いやいやまさかね年齢合わないもんね!
色々と謎のまま終わる!

OP普通に始まってホッとしました

グルメ回
両親と一緒にチビ太のおでんを堪能する6つ子。
おでんに感激する松代がかわいいしかし松造は険しい顔。。
「素人のごった煮だ!」と強気で批判し始めた松造。いきなりどうしたチビ太は無職の息子たちにツケでおでんを恵んでくれるありがたい人なんだぞ。
02_201801231742081fc.png
何か別アニメの人の魂が目覚めちゃったこれはグルメ回ですわ!
あぁ、これ中の人繋がりなのね久しぶりに大胆なパロ来たなぁ。
「外は寒い!」「からしが辛い!」と当たり前のことにツッコんでいく親父wさすがのチビ太もイラついている…。
「最高のおでんを食わせてやろう」とみんなに店の住所を残して去っていく松造。誰の店なんだww
材料から自分で仕入れこだわりにこだわって最高のおでんを作る松造。その姿は正にグルメを極めた職人です。
約束の日におでんを用意して待つ親父。ちゃんと6つ子+チビ太&松代の分までお皿用意してる
しかし待てど暮らせど誰も来ない!あんなに準備したのに総スカンオチwwまぁ、あの言い方じゃねえ松代まで来ないとは。。
仕事休みすぎてクビになるオチじゃなくて良かった~

となりのかわい子ちゃん
お隣に越してきた女の子を屋根の上からガン見する6つ子。完全に不審人物である。
かわいこちゃんに見惚れてどうしたらお近づきになれるかを考えていると…いちまっちゃんラッキースケベ!そして吐血w
風に飛ばされてきたブラをどうするか悩むDT共。「食べる」って十四松はんェ…。
落とした本人は気付いてないのかな?と思いきやちゃんと回収にやって来ました。しかしブラ飛ばされすぎだろww何でよりによって重めのブラが飛ばされるのか
ブラを飛ばす度に6つ子と親しくなっていく犬山キン子ちゃん。トト子ちゃんに「ブラ飛ばす人」って芸人みたいな認識されているw
いつも自分をもてはやす6つ子が他の女の子に目移りしていて、トト子ちゃんは「キンちゃん誰!?」と気になって仕方ないようです。
というか、6つ子が普通にトト子ちゃん以外のノーマル女子と仲良くなるって新鮮。意外と普通に話せていますね。(合コン回のおそ松兄さんを思い出しながら)

キンちゃんに東京見物の案内を頼まれた6つ子はデートだと浮足立つが、その日はトト子ちゃんとの先約が。
「荷物持ちをさせていただくありがたい仕事」って一松は安定のドM…w
仕方なくトト子ちゃんに断りの電話を入れることに。ダブルブッキングしたのおそ松なのにカラ松が電話するのね。
ヒェッスマホから手が出た
03_20180123174208c49.png
スマホからぬるりと這い出るトト子ちゃん怖すぎる貞子かい!
仕方なく断腸の思いで~というチョロ松のフリに自らの腸を物理的に断ってみせる十四松さん流石です。体張りすぎww
謝られて再びスマホから帰っていくトト子ww「僕も褒めて」って十四松かわいいなまぁでも、彼の場合は離れ業はデフォルトだからね…。

「たまには自分で荷物持ってみるか~」って荷物持ったことないのトト子ちゃん?
しかし街を歩いていると偶然キンちゃんと一緒にいる6人を発見。というわけで尾行スタート。
ニートたち、普段そんなに広範囲で行動しなさそうだと思いましたが普通に東京案内できるのね。
見れば見るほどキンちゃんとのデートが楽しげでモヤモヤするトト子。取り巻きを盗られたみたいで面白くないんですかね。
6つ子の接し方も、トト子ちゃんをちやほやする時とは違ってキンちゃんとは対等の友達のように何でも言い合って常に笑顔。これはいい感じです。
トト子ちゃんの尾行スタイルが完全に不審者。…を通り越してどんどん雑になっていく変装wもはや隠れてない
相変わらず兄さんを顎で使うトド松。文句言いながらも買いに行ってあげるチョロ松が優しいと思ったら、自販機がトト子ちゃんwwだから変装が雑すぎぃ!
あんなにバレバレなのに自販機の演技が上手くて笑うw「はじめまして。自動販売機です」に爆笑。
トト子ちゃんVSキンちゃんの構図に気まずさ全開。もとはといえばダブルブッキングで片方ドタキャンしたのがいけないんですけどね…。先約だった方からしたら面白くない気持ちは分かります。
トト子ちゃん普段これでもかというほど自信満々なのに「荷物を持たせるかわいくない女なんて」「プリプリ怒るしマイペースだし」って一応自覚はあったんですね。。どうもキンちゃんにコンプレックスを感じているようです。
「私なんてかわいくない」連発するトト子ちゃんに「今日おかしいよ。どうしたの?」ってハッキリツッコむおそ松兄さん、さすが長男だわ~。弟たちがビクビクしてるのに全く動じてないし。たまに頼れる長男になるのズルい。
おそ松としては、自虐的な言葉を連発するトト子ちゃんはいつもと違って見てられないって感じだったのかな?

店を飛び出したトト子ちゃんを追いかけてきたのはトド松。この女の子へのフォロー力はさすがのトッティ。
トト子ちゃんはキンちゃんと6つ子のやり取りを1日見ていて、キンちゃんの気遣い出来るいい女っぷりにコンプレックスを刺激されたようです。
04_201801231742073dd.png
ニートのお財布事情を考慮して安いファーストフード店を選ぶいい子トト子ちゃんだったら迷わず高級レストラン選びそうだものなぁ。
「めんどくさい」発言は自分へ向けてかな?女心は複雑です。。
しかし6つ子がキンちゃんを選んだのは明日には実家に帰ってしまうキンちゃんとの時間を優先させてのことだった。6つ子の説明不足で拗れてしまった感じですね。
事情があって、しかも自分に非はないのに真摯に謝るキンちゃんが本当にいい子…
でもこれが止めとなり「何で謝るの――!」と号泣しながら立ち去るトト子。ひたすらコンプレックスを抉られて完全敗北ですね。
いつものトト子ちゃんがあの調子だから、この敗北はある意味カタルシス。

翌日、キンちゃんを見送りに来た6つ子の前に現れたトト子ちゃんにほっこり。
05_20180123174206b22.png
お土産は嫌がらせに近いけどもww餞別が重い!
ただトト子ちゃんに悪気はなく、ひたすら頭を下げて謝り合い。すっかり打ち解けたみたいで良かった
マグロを背負って去っていくキンちゃんが逞しい!トト子ちゃんに同性の友達が出来る日が来るとは感慨深いものがありますね。
しかしキンちゃんは許せても6つ子にはご立腹のトト子ちゃんがお説教開始。でも拳が飛んでこないで土下座で済ませてくれるだけ優しい。
6つ子はトト子ちゃんにとってはいなくなると寂しい親衛隊みたいなものなんですね。彼らがちやほやしてくれるから自分に自信を持てるという面もあるのかも?しかし誰かと付き合う可能性はなしファンと付き合うのはご法度だもんね、しょうがないね。

お説教オチは付いたもののトト子ちゃんの当たりもマイルドで、1期のエスパーニャンコや十四松の恋みたいな純粋なハートフル話を2期で初めて見られた気がします。普通にいい話だった!
キャラの内面を掘り下げて新たな一面を見せてくれるのはいいですね。今回でトト子ちゃんの印象も少し変わりました。

EDのチョロ松は安定の意識高い系ww
やっぱりサビ部分以降の台詞がちょっと物足りないかも?

画像引用:「おそ松さん」第2期16話©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
関連記事

スポンサーリンク

theme : おそ松さん
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line