おそ松さん(2期) 17話感想

前半はほのぼの日常回、後半は…真冬のホラー?

以下、感想です。ネタバレ注意







UMA探検隊③
2度目の復活!UMA探検隊!デュワ~~☆
このシリーズ地味に好きです。面倒見のいい綺麗なイヤミは貴重この組み合わせ癒されるわ~。
今度のUMAはデビルイエティ!要は雪男的な何かデカいやつですね。冬山に籠って待ち伏せする3人ですが…
ハタ坊が寝落ち→十四松が起こす→ハタ坊逆ギレでボッコボコ
十四松(ボコボコ)が寝落ち→イヤミが起こす→十四松逆ギレでボッコボコ
イヤミが寝落ち(ボコボコ)が寝落ち→2人で起こす→イヤミ逆ギレで乱闘
この分かりやすいループに笑ってしまったwwみんな起こし方が乱暴!目覚める前に普通に死ぬわ
01_20180131213339bbe.png
全員服が剥けてるんですがどんな死闘を繰り広げたんだ。。というか雪山でこの格好は凍死する
この状況でも「監督じゃない、隊長ザンス」と訂正するイヤミさんは隊長の鏡。
歩いていると写真と同じ洞窟発見!雪男が出てくるかと身構える3人。ピッタリくっついて震えてるのがかわいい。
出てきたのは…
02_201801312133396b3.png
お前かい!
思わず「何やってんの?」と普通に聞いちゃう3人。
「修業だよん」ダッ…ダヨーンが喋った(無駄にいい声)
色んな衝撃でひっくり返って終わり。3度目にして生存ENDいや、でもあの格好でしばらく気絶してたら凍死するかも。。
「おわり」のテロップが出てたので探検隊はこれで終わりでしょうか。このノリ気に入ってたのでちょっと寂しい

戒め!
お次は晩御飯の焼肉に感激する6つ子。ドヤ顔の松造&松代がかわいい。
焼肉でここまでキラキラしちゃうチョロニートたち…w後ろでひっそり喜んでる一松もかわいい。
しかし人前ではあくまでポーカーフェイス。「一松兄さんって嬉しいとかあんまり口に出さないよね」「ほっといて」「ほっとくけど」って会話が何か好き。やっぱり一松&十四松のコンビは和みます
自販機でジュースを買ったら当りが出る、大好きな猫とバッタリ会う、500円玉を拾う…とすっかりラッキーマンな一松ですが本人は幸せの連鎖にめっちゃ慄いてる…。どんだけネガティブなんだこの子!
ポジティブ&ネガティブな十四松と一松は対称的ですがあいかわらず仲良いなぁ。「やったね、一松兄さん!」と素直に喜ぶ十四松もかわいいし、穏やかな口調で弟に分かるよう解説する一松もかわいい
一松いわく、晩御飯が焼肉といういいことの上にさらにいいことが重なるとその分悪いことも同じだけ起こるはずだと。そういうバランスで出来てる…のかなぁ?まぁ、確かに良いことが一度に起こり過ぎると「明日死ぬんじゃないか」って不安になったりはするけど。(ネガティブ)
「幸せ借金とは」「不幸返済とは」って新しい顔芸でツッコむ十四松がレアw
普段は振り回す側に回ることの多い十四松がすっかり一松のペースに巻き込まれてるのも珍しいですね。

とにかくいいことが起こったら同じ分悪いことを引き起こしてチャラにしようと目論む2人。
魚がいっぱい釣れる→釣り堀にダイブ
ボールが缶にヒット→顔面に自らボールを当てに行く(コントロール力よ)
当たりくじを引く→顔面に泥ボール(どっから出したw)
当たりカードを引く→顔面に泥ボール(だからどっから出したww)etc…
公共の場でナチュラルに下半身露出する一松兄さん…wケツアタックからのケツバットとか完全にただの仕返しだよね
03_20180131213338704.png
そして本気のクロスカウンター(喧嘩ではありません)
こいつらは一体何と闘ってるんだ…。
さらには究極の戒めとして人のごったがえする渋谷→原宿まで横断。オシャレなカフェ、オシャレな服屋などハードルの高すぎる場所にあえて飛び込む苦行。。もう「戒め戒め」言いすぎて戒めってなんだっけ?何かおいしいもの?とか思えて来たよ(煮しめ的な)
そしてリバース!これは人酔いとストレスのせいか…。君たちはもう充分戒めたよ
突然の雨に「ゲリラ豪雨だよ、十四松」「ゲリラ豪雨だね、一松兄さん」と急に元気になる2人。(かわいい)
雨に降られても実にいい笑顔。泥水被っても「焼肉の味がする」っていよいよヤバいもはや一松だけでなく十四松までドM化している。。
もう戒めるまでもない!とご機嫌で帰ろうとする2人でしたが雨に降られた女子高生の透けブラ目撃でまたもや戒め――――
ずぶ濡れダッシュで屋上からダイブ→雷に撃たれるの流れがテンポ良すぎてwwっていうかこれ、死……?
そして買い出しに行っていた他の4人の前に落下。一応生きてはいるっぽいけど…黒焦げである。焼肉食べたすぎて自分たちが焼肉になったというオチでOK?ミイラ取りがミイラに、的な。←
散々なことになってる2人を前にして無言スルーする4人に笑ってしまったww塩対応がすぎるw

旅館
今度は何やら松劇場が始まりました。
パッと見分からなかったけど、声で分かったカラ彦さんとトド美の慰安旅行。(不倫のかほりが…)
声優さんの演技がみんな別人で凄いと思いました。カラ彦さん爽やかだしトド美は完全に女の子だった…!
予告で旅館という響きがエロいとよく分からないことを言ってたチョロ松ですがまさかの老女将になって登場。これまたお婆さん演技が凄い
風情のある旅館に大喜びのカップルでしたが
04_20180131213338f0b.png
なんか出た
これたぶんおそ松だよね?まさかの幼女化
案の定、おそまと名乗った幼女は座敷童だそうです。なーんだ、座敷童かぁ
ってめっちゃ部屋壊してるーー座敷童が去った家は廃れるといいますがまさか物理的に破壊していたとは。。(←たぶん違う)
怯えるトド美とは対照的にあっさり座敷童を受け入れる器の大きい男・カラ彦さん。
トド美も最初は警戒してたけどじゃれ合ってる内に親子みたいに仲良くなりました。おそまちゃん普通に可愛いしいい子だしほっこりいい話カナーと思っていたらそうは問屋が卸さなかった!
急に自身の身の上話をするおそまちゃん。なんと彼女は実はこの旅館で殺された子供の霊だった。
そしておそまを殺したのは何を隠そう旅館の女将・チョロ江。彼女はおそまの母親だった模様。
05_20180131213337f1b.png
この顔怖すぎて鳥肌立ったわチョロのドアップとホラー演出は相性良すぎ!
「急に怖いー!」「怖い怖い怖い――!」カラ&トドが大体視聴者の声を代弁してくれてるけど本当に怖いただでさえ寒いのに背筋が凍りそう!
そしてタイミングよく入ってくるチョロ江さん。プレッシャーに耐えきれず2人ともも漏らす。
「何か見たんですか?」の無表情怖すぎるよ((((;゚Д゚)))))))うっかりおそまのことを話そうものならただで帰してはくれなさそうなんですが。間違いなく命を取られる
逃げるように旅館を後にしたカラ&トド。しかし心優しいカラ彦はおそまのことが気にかかっていた。
振り返ると窓からこちらを見ているおそまと目が合いますが、ここ脇見運転で事故死するオチかと思ってヒヤヒヤしたよ
しかし2人が帰った後、おそまと女将が普通に喋り出したなーんだ、おそまちゃんお母さんに構って欲しくてお客を怖がらせて追い返してたのか。ということは壁の御札とかシミもおそまちゃんの悪戯?
あれ、でも温泉に入ってた時他の客におそまの姿は……
ってやっぱり幽霊だったのかーいあの感じだとさすがに女将は生きてるよね?おそまのことは普通に見えてて可愛がってるみたいだけど。。
母であるチョロ江さんは生きててどんどん歳を取っていくけど幽霊のおそまは子供のままという切ない話だった?色々と謎の残る終わり方でした。。

ホラーな話の後でこのホラーEDは追い打ちしかも闇のオーラをまき散らす一松が担当とは。

デリバリーコント
尺が余ったからっておもむろにズボンを脱ごうとするシコ松ちょっと待て
何を見せられるのかと思ったら乱入してきた救世主・カラ松&十四松そして唐突に始まるデリバリーコント。久しぶりですね。
ヘンゼルとグレーテルになりきる2人がかわいい。ジューシテルの語呂の良さよww
「ジューシテーーール!!」と叫ぶ安定のカラ松w
オチは割と酷いんですが、パンを1つ食べては1つ外に出すジューシテル、ヨッ〇-か!ww

尺が余ってると言いつつ次回予告削られてるしww

画像引用:「おそ松さん」第2期17話©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

おそ松さん第2期 第2松 [DVD]

新品価格
¥4,779から
(2018/1/31 22:53時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : おそ松さん
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line