おそ松さん(2期) 20話感想

「こぼれ話集②」

今回は短編の詰め合わせ。ワイプのダヨーンの反応にも注目。

以下、感想です。ネタバレ注意







イヤミの司会でバラエティー番組風に始まった今週のおそ松さん。
OPから出現したワイプにダヨーンがww微動だにしないんですが放送事故かな?

松まん
ひと儲けするために最近流行りのコラボ肉まんを一緒に売り出そうとするチビ太。
01_20180220221707519.png
これは可愛い!じゃんじゃん売れそうおそ松と十四松の区別が付きづらいけど
しかし道行く人には素通りされなかなか売れない。。「あいつらもうそんな人気ないしなー」←盛大な自虐やめ
気になる中身はというと
おそ松→ビール。不味い。
一松→毒入り。食べたら死ぬ。
十四松→中に宇宙が。食べたら飛んじゃう。

カラ松→中身空っぽ。そしてチョロ松とトド松も空っぽ。
まさかの残り3人空っぽなオチ。前3人が強烈すぎるのか?どちらにしろこれじゃ売れるわけがない!

確定申告
机に向かって確定申告に臨むチョロ松。ごっこ遊びかな?
「僕たちは収入のないニートなんだから確定申告ぐらいちゃんとやらないと」←確定申告とは。。(゜-゜)
十四松も一応確定申告の意味は分かってるようですが「僕の知ってる確定申告と違う?」とばかりに困惑気味。っていうかあの様子だとチョロ松自身意味分かってないんじゃ2期に入ってからカラ松以上にチョロ松が痛い子になってますね。
そーっと十四松を外に連れ出すトド松ナイス!

カラピノ
ピノキオ風の人形になってしまったカラ松。一見あいくるしいですがオチが酷かった!
可愛い女の子に抱き締められ興奮したカラピノは…って鼻じゃなくてそこが伸びるんかい!っていうか伸びすぎこれにはダヨーンもビックリ。

財布
パチンコに勝って3万を入れていた財布がなくなり大騒ぎするおそ松。同じ部屋でくつろぐ兄弟たちを疑いますがみんな盗んでないと反論。とばっちりでチョロ松に踏まれる十四松が地味に可哀想w
「お前らなんてもう兄弟じゃない!」と怒り心頭のおそ松ですが、カラ松は見た!おそ松の尻ポケットに光るものが。。
他の弟たちに聞こえないようこっそり教えてくれるカラ松が意外と気が利いてて優しい。チョロ松事変でのKYっぷりはどこへやら。
これは思いっきり罰が悪い。しかも疑った理由が「俺だったら絶対盗むもん!」と自分基準なのが色々酷いカラ松の「お前とみんなは違うんだ」に笑ってしまったww
そうとは知らない弟たちは、自分の財産をちょっとずつおそ松にあげようとする。なんていい弟たちなんだ本音はめんどくさいからこれで治めとこうって感じなんだろうけど。
弟たちの優しさが逆に痛いおそ松兄さん、ひたすら「ごめんなさい」と平謝り。穴があったら入りたいとはこのことですね。

花粉
今年はなんと平年の8000倍の花粉が飛んでくる!花粉症の人にとっては悪夢ですね
というか、そんなに多いと花粉症でない人もあっという間に発症しそう。確か人によってキャパがあってそれを超えると花粉症になるとか。
スモッグ並みにハッキリと見える花粉はどれだけ隙間を塞いでもドアを突き破って家の中に入ってくる。これはもはや兵器!
くしゃみが止まらず「脳みそ出る~」でスポッと脳が飛び出したのにはビックリしたwそして平然と目玉や鼻を取り外して洗うトドチョロ。確かに酷い人だと「鼻を取り外して洗いたい」って言ってる人もいるぐらいですしねぇ。あっさり実現するギャグアニメの世界が羨ましい。おそ松は全然関係ないとこ取り外すな
02_20180220221707358.png
鼻水が止まらずくしゃみをした拍子に自分の鼻水に呑みこまれる十四松。鼻水人間ってそんな妖怪人間みたいな言い方w
その後もくしゃみをした兄弟が次々と鼻水人間に。いや、だから鼻水人間って何
最後に残って助けに行こうとしたカラ松もくしゃみをしてしまいジ・エンド。しかしどうやらこっちの方が楽らしい。バリヤー張ってるみたいなもん?鼻水だから汚いけど。。

迷路
不気味な迷路を抜けようと走るトト子。しかし走っても走っても袋小路ばかり。壁に手をついて行ったらその内抜けれるんじゃ?
緑のパーカーを発見してチョロ松かと思って駆け寄ると
03_20180220221706248.png
ヒィィィ、何コレ怖いホラーの世界なの?
ハタ坊が飛び出し注意の坊やになってたのは笑ったけど、こんな不気味な所で1人っきりは怖いよー。
上空から見た迷路の規模が思いのほか巨大だった!抜けれる気がしないんですが悪い顔のデカパン、お前の仕業か~!
…ってこれで終わりぶん投げたままで視聴者が迷子になるオチだった?

あらいぐま十四松
文字通り完全なるあらいぐまと化した十四松がかわいいラ〇カル風のBGMと共にトド松のよこした芋を洗う。…洗いすぎて芋消滅。仕事熱心なあらいぐまなのね。
芋を洗っては消し、洗っては消し、終いには芋が尽きる。さすがに怒る飼育員トド松を洗う。うわぁぁぁ、トッティが消滅してしまう

トド松逝く
痛いカラ松、暗い一松、アホなおそ松、意味不明な十四松、キモいチョロ松と兄弟1人1人の奇行に逐一ツッコミを入れるトド松。
ツッコみすぎてとうとうキレる。うん、確かにチョロ松は自意識系ボケにシフト気味でツッコミが弱くなったよね。前から思ってたけど
1人でツッコまなくてはならなくなったトド松の負担が大変なことに。いや、トッティのツッコミはキレ味良くて好きよ?
「こうなったら僕もボケてやるー!」とヤケクソなトド松ですが
04_20180220221706adb.png
もはや誰だ横からみたらペラッペラwwかわいいけど!
そんな十四松みたいな…というか、これはボケたというより壊れたというのでは。。

社会科見学
パン工場に社会見学にやってきた子供たち。
05_20180220221705bc2.png
幼児化した6つ子かわいすぎる人気声優たちのショタ声が凄い。
左からおそ松、十四松、カラ松、チョロ松、トド松。…ということはパン工場のおじさん(お爺さん?)が一松かぁ。全然分からなかったよ
何を見ても「知らなかったー!」「凄いねー!」と感激してくれるピュアな子供たち。ほのぼの社会見学に癒される…。
それにしても一松は面影も見えないし別人みたいだなぁと思ってたらいきなり豹変。あぁ、これは紛うことなき闇松様ですわ
子供を閉じ込め銃口を向ける工場のおじさんが怖すぎ
「知ってはいけないこと、知らない方がいいこともある。それも含めた社会見学DEATH☆」
いやいや、別にパンの作り方なんて知ってはいけないことでも何でもないからね企業秘密ってやつか!なんてオチだ!

出撃!チャントシター!!
ある時はニート、ある時は童貞、そしてある時は地球の平和を守るヒーローな6人。
1話ネタ再び。あのロボ、チャントシタ-って名前だったのか
どこかで見たようなイヤミロボが街で大暴れ。今こそヒーローの出番だ!出動
…って松野家あんなハイテクな構造だったの(゚д゚)まさにヒーローの秘密基地といった感じでカッコいい。
可動式の椅子に可動式の便座。ってあれ?なんかその場をグルグルしてるだけじゃない?一向に進まないんですけど。。
その間にもイヤミロボ大暴れ。「ちょっと遅くない!?」とキレるトト子ちゃんww確かに遅い
ちゃんとした戦隊BGMに乗せてひたすら無駄な動きを繰り返すヒーロー(?)。演出長すぎんよ~と思ったら結局出動しないんかいこれはシュールww
1人ひたすらトンネル落下し続けていた十四松の行方が気になってたんですがまさかの投げっぱなし

スケルトン
散々な記録を残しつつスケルトンでオリンピックに挑む無謀なおそ松兄さん。
出だしは好調。しかしあっという間にヘルメットが取れ、ソリが壊れ、服も破れる!これは痛いスケルトン怖い
全裸で悲鳴を上げながら滑り続けるおそ松に、どこからともなく飛んできたカラピノが合流。…って話つながってたんかい!
結局カラピノのお尻が先にゴール入りしておそ松兄さん、無事敗退。ご愁傷様ですw

EDのトッティがあざといかわいさ。

今回いつもよりオチなしぶん投げっぱなしの話が多かったなーと思ってたら、番組終わりにイヤミがゲストのダヨーンにインタビュー。
「面白くなかったよーん」あっ、言っちゃったずいぶんハッキリと言っちゃったよこの人このオチを含めて1つの流れだったというわけですか。
面白くないと言いつつ、ちょいちょいウケてたり驚いたりしてたダヨーンさん。微動だにしないかと思いきや邪魔しない程度にワイプ芸してくれるサービス精神よ。

画像引用:「おそ松さん」第2期20話©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

【Amazon.co.jp限定】おそ松さん第2期 第4松(各巻購入特典:A5クリアファイル付)(第1松~第4松購入特典:【描き下ろし】ランチトートバック[メーカー特典] オリジナルお出かけセット(ブランケット トートバック)引換シリアルコード付) [Blu-ray]

新品価格
¥7,344から
(2018/2/20 23:39時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : おそ松さん
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line