おそ松さん(2期) 23話感想

今回はダヨーンとイヤミの意外な一面が。

以下、感想です。ネタバレ注意






「深夜の日松屋②」
アバンは引き続き日松屋でバカ騒ぎする6つ子。トッティが一人でツッコんでて大忙しです。
しりとりからの恋バナとか学生かよっ完全にグダグダモード突入しちゃってるよ。
トド松の「まったり即帰宅」理論にはおおむね賛成。あのグダグダし始めてからの何ともいえない帰り辛さは歯痒いものがあります
しかし古今東西やるから先に帰ってろと言われてストンと座るトッティに笑ったww仲間外れは嫌なのね。かわいいやつめ!

「ダヨーンとダヨーン」
普通に社会人やってるダヨーンに驚きっぱなし。意外といい部屋に住んでますね
会社では有能だし、多くを語らない出来る男扱いで同僚にも慕われてるし、これはビックリ!いつもデカパンといる時のヤバさは一体…?
しかし喋らないなーと思ったら「また今度ダヨン」って最低限のコミュニケーションはとれるのね。

04_20180313222729503.png


このイヤホンの付け方は邪魔そうww
電車の中でいつものように座っていたダヨーンが見たものは自分と瓜二つの男だった珍しく慌てふためくダヨーンが新鮮。「他の人なら分かるけど俺ダヨン?」って自分で言っちゃうw
思わず尾行すると、結婚してる・子供もいるで更にビックリ。子供はダヨーン(ダヨーンじゃないけど)似じゃないのね。
声も同じかと思いきや、完全に別の人がやってますね。ということはやはりコピーとかではなく全くの別人。それよりもさっきまでの優秀サラリーマンなダヨーンが本人だったことに軽く驚いてるよ
跡を付けていたのがバレて自分のそっくりさんと話し込むことになったダヨーン。そっくりさんは木村さんというそうですが、「私がこうして生きているということは君が生きているということに他ならない」とか「君は私であり、私は君だ」とかちょっと何言ってるかサッパリ分からないんですが。。え、もしかして生き別れの双子とか?と思ったけどそうでもないっぽい。何やねんホラーっぽいBGMやめて
かと思えば、ドッペルゲンガーかと言われてめっちゃキレる木村さん。えぇぇぇ、そんなに怒らんでも…超怖い怯えるダヨーンがちょっとかわいい。
散々キレても「しかしそっくりだなー」(3回目)に落ち着く所に狂気を感じる。。
ダヨーンがデカパンをちゃんと親友と認識してたことにほっこりしましたが、常にパンイチ=ヤバいやつはその通りで笑うしかないw
ダヨーンあるあるで意気投合しすっかり仲良くなった2人。歯磨きは確かに大変そう。30分もかかると腕が疲れそう。。
お気に入りのキャンディまで一緒の脅威のシンクロ率。やっぱりドッペルゲンガーなんじゃ…?

と思ったら、翌朝目覚めたダヨーンがテレビを付けると…

01_20180313222730732.png


ダヨーンってそういう漢字だったのかwwというか35歳って意外と若い
若い女の子を電車の中で盗撮という笑えないオチですがめっちゃ他人事のダヨーンwwいや、これ下手したらダヨーンまで変な目で見られるようになるんじゃと思ったけど職業も違うしまぁ別人とは証明できるか。。

「悩むイヤミさん」
Bパートは自虐モードに入ってメタ発言を連発するイヤミさん。ああ、確かに1期と比べて出番少なめに感じますね。「イヤミは一人風の中」は名エピソードで感動させられたけど。

02_201803132227309d9.png


真っ白背景でロープを前に色々喋ってるのが不穏で何か怖い
人気を気にする案外デリケートなイヤミ。心なしか喋り方もいつもより淡々としてます。
困ったプロデューサーがチビ太とおそ松を連れてきました。まぁ、イヤミと言ったらこの2人が鉄板ですね。
友達思いのおそ松とチビ太があの手この手で励まそうとしますが…今時出っ歯・ザンス・おフランスとか昭和かよと身も蓋もない自虐。うん、それはまあ確かに昭和感満載だけど…。
イヤミを持ち上げて社長と呼び始めたおそ松兄さん、色々ややこしいww
イヤミに合わせてチビ太も自虐を始めましたが、チビ太は6つ子に馴染めてるからセーフらしい。まぁ、確かにイヤミの出番は基本単独かゲスさ全開で絡んでくるかのどっちかな気がする。あとたまに巻き込まれ不憫枠。
親しみやすさを出すためには共感力が必要という話になり、異次元のクズだとさらっとdisられるイヤミさんww確かにイヤミのクズさは群を抜いているからそういうポジションでの出番が多いですよね。この座談会、納得しかない。
かといって地上に降りてきてしまったらそれはイヤミではなくなってしまう。結局、キャラを保つことが大事だということにおさまりました。おそ兄とチビ太、何気にめんどくさくなってない?w

引き留められてさらに知恵を絞り出すチビ太。2人共いいやつだなぁ。
特徴的な語尾がテンポを遮ってしまうのではというこれまた超メタな発言。的確な指摘に頷くイヤミ。どんどんぶっちゃけていくなぁ。こうやってスタッフがキャラの使い所について考えてたりするのかな。
じゃあもういっそのこと喋り方を変えよう!と思い切ったイヤミ。朝飯前にそんなことが出来たのか…。ってそれただの鈴村さん「社長――!」ってどんどんリアルになっていくw
完全に素の声を聴くと改めて声優さんの演技って凄いですね。。人気出て調子乗ってると言われる十四松(小野D)がとばっちりw
もはやキャラ崩壊にも程があるのでこのテコ入れも却下。それじゃあ「シエ――!」を超える新しいギャグを考えればという無茶振りof無茶振り。

03_20180313222729cd4.png


そしてこのゲス顔で迫る2人。もはや楽しんでるだろ!
急にそんなこと言われてパニックになるイヤミ…実はかなりメンタル弱いだろ
そろそろイヤミが可哀想になってきたところでプロデューサー再び。…ってあと2話しかないのか。。急に寂しくなってきた無駄に尺を取るなとガチで怒られるイヤミドンマイ。
「作り手が意図的に入れたテコ入れは何かウザい」とか「人気が出るかはただの運」とかプロデューサーが1番メタ発言ぶちかましてるよ!さすがプロデューサー。
あと2回頑張ろう!で終了ですが結局イヤミの悩みは何ひとつ解決してないっていうオチなどなかった!

EDは明日から本気出すチョロ松。そういうところがチョロ松なんだよなぁ。

「深夜の日松屋③」
Cパートは再び日松屋。みんなすっかり出来上がってて中の人の飲み会みたいになってるw酔ったカラ松、声高いなww
自分にはどんな仕事が合っているか?で急に壮絶なヨイショ合戦が始まりました。
カラ松→スーパーモデル
チョロ松→総理大臣
おそ松→社長
一松→医者
トド松→海外セレブ(職業じゃない)
十四松→金メダリスト(職業…なのか?)

でお互いをベタ褒めし合う6つ子。傷の舐め合い的なこのノリ、1ヶ月前に見たことあるぞ…。
ハイテンションで盛り上がる6人ですがそんなに騒いでるとまた怒られるぞと心配になってきたところで一斉に我に返る。酔いが冷めるの早いな!まぁ、冷静に見たらいたたまれないよね

あと2話かぁ…どんな最終回を迎えるのか気になります。

画像引用:「おそ松さん」第2期23話©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

おそ松さん第2期 第4松 [Blu-ray]

新品価格
¥5,603から
(2018/3/13 23:28時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : おそ松さん
genre : アニメ・コミック

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line