桐島、部活やめるってよ 映画感想

原作は読んだものの映画はずっと観れてなくて、dTV
で再配信されてたのでやっと観ることができました。
原作版の感想はこちら

桐島、部活やめるってよ

新品価格
¥300から
(2018/4/1 00:02時点)


監督:吉田大八
原作:朝井リョウ
主演:神木隆之介

(2012年公開)

バレー部のエース、桐島が部活を辞めたことで周囲に色んな影響があったりなかったり…そして日常に生じた小さな歪みが巡り巡ってカオスに繋がったり…そんな様を描いた青春群像劇。

原作とはかなり異なる部分も多く、原作ベースの別物として見る映画だと思いました。
原作は異なる生徒の目線でそれぞれの日常や葛藤、桐島が部活を抜けた影響などが綴られたオムニバス形式。
こちらの映画は、それぞれの視点に切り替わるのは同じですがそれが頻繁に切り替わって最後に1つの地点へ収束していく群像劇。
桐島本人が最後まで登場しないのは原作と同じでした。

登場人物の性格も結構変わっていたりエピソードが削られたりしていて、特に武文はかなり卑屈になっているし風助のバレー部パートはドロドロになってて可哀想だった。。また、実果の複雑な家庭事情は軽くほのめかす程度。
原作とほぼ同じでブレがないなと感じたのは前田と紗奈ですね。特に紗奈の「女の嫌なところだけ集めて詰め込みました」的などうしようもない感じは終始腹立ちっぱなし松岡茉優はよく頑張ってたと思いますよ。
山本美月、東出昌大、太賀、橋本愛など現在も活躍中の若手が勢ぞろい。セクロボ好きとしては成長した大後寿々花から目が離せませんでした。
そして何といっても主演の神木隆之介の演技がやはり素晴らしい。よく見ると美少年なのに冴えないオタクっぽさ全開!サッカーでの清々しいほどの空振り具合とか教室の隅で気配を消しながら映画雑誌を読みふける姿とか、完全に地味系男子のテンプレ。それでいてかすみと映画の話をしている時のキラッキラな笑顔、あれはまさしく光そのものでした。沢島に対抗する時の背伸びして頑張ってる感じもカッコ良かったです。
そしてそんな前田の気になる女子・かすみを演じる橋本愛がかわいい。ひたすらかわいい。告白の時も思ったけどあんな稀有な透明感出せる子はなかなかいないと思います。キラキラしていて吸い込まれそうな感じ。
あと野球部の部長がいい味出してて良かったです。

スクールカーストとそれに縛られる生徒たちの様子がとてもリアルに描かれているこの映画。自分の学生生活を思い返した時に、どの人物に感情移入しやすいかは人それぞれでしょう。
私は前田や武文の気持ちよく分かるし、沢島部長の気持ちも分かるし、実果やかすみの気持ちも分かる。紗奈のことは好きになれないけど、振り返ってみてあんな風な態度をとったことがまったくなかったかと言われたら素直にそうとは言い切れない。
そんな、ちょっとずつ共感できたりできなかったりする自分ってどんな人間だった?と振り返る機会にもなったり。振り返って「あいたたたた」と居たたまれない気持ちになったり。とにかく色んな感情を揺さぶられる映画です。

あと、何でテレビでずっと放送しないんだろう?と不思議に思ってたんですが(何者の上映記念に放送されるかと思った)、観てみたらその理由が分かりました。
映画部が撮ってるゾンビ映画がね、なかなかグロいのよね。。PGやR指定こそ付いていないものの、アニメでさえ流血規制かかってる昨今じゃこれは難しいかもなぁ…と納得。1番盛り上がるクライマックス部分だからカットするわけにもいかないと思うし
そんな感じで、グロ苦手な人は不意打ちに要注意。

以下、ネタバレ感想です。








桐島を偶然屋上で見かけた…という友人の目撃情報からどんどん増える追跡者たちの疾走感が凄い。
彼女の梨沙や友人の宏樹らが追いかけて、チームメイトの風助たちが追いかけて、風助が気になる実果がそれを追い掛けて、実果が気になるかすみがそれを追い掛けて…とまるで躍動感のある大きなカブを見ているような気分w
そして全員屋上に辿りついたけれどそこにいるのは撮影中の映画部だけ。

ここで撮影を邪魔された映画部が憤って逆襲しますが、彼らもまたここに来るまでに野球部に邪魔されたり沢島に邪魔されたりで何度も場所を移す羽目になるという紆余曲折があったわけで。そしてその要因の1つになった沢島は切ない片思いを紗奈によって粉々に打ち砕かれたものの、それで部活に打ち込むようになったことで屋上での事件は知らないまま爽やかに終わる。この群像劇っぷりが面白いですね

剣道部の部室の奥で大人数が縮こまりひしめき合うという何とも言えないアングラさにまみれた映画部。クラスでも部活動でも所在なさ気にしていた彼らが、前田監督のゾンビ映画にノリノリになっていく。彼らにとっては先生が提案した青春映画の方が全然身近に感じられず、前田の考えたゾンビ映画の方が入り込みやすく全力で演技できたのかもしれない。はみ出し者の自分たちがゾンビに成り切ってヒエラルキー上位に君臨する者たちを食い殺す、ささやかな逆襲。
夢中でカメラを回す前田は、想い人であるかすみを前にして未練を断ち切るように、やり場のない思いをぶつけるように映画の中で彼女をもゾンビの餌食にしてしまう。
昔はそこそこ喋ってた可愛い女子と再び映画を通じて話ができて、すっかり舞い上がっていた前田のあっけない失恋の結末。少年よ、強く生きるんだぞ。。
かすみも罪な娘やで~とは思うけど、自分の立ち位置を守るのに必死な気持ちは分からなくもない。
文庫版の最後にかすみの中学時代のエピソードが載っていますが、映画版のかすみはこのエピソードのかすみと一致しているように見えました。梨紗や紗奈に思う所はあるけれど自分の立ち位置を崩したくなくて、でも実果のことも気になっていて。本当は映画が好きで前田のことも決して馬鹿にはしないんだけど彼氏の手前は「あの人」と突き放したような言い方をして自分を守っている。そんなどっちつかずの態度でいたかすみが屋上の一件では実果の代わりに紗奈にビンタをする。彼女の抱えた鬱屈としたものが爆発した瞬間でした。

そして親友の桐島が何も話してくれなかったことに少なからずショックを抱いているようだった宏樹。
彼は野球部に属しているもののろくに顔も出さず桐島を待つためだけのバスケで何となく時間を費やしている。クラスでも存在感があり何でも持っているように見える宏樹ですが、あまり楽しそうには見えない。
一緒につるんでいる友宏と竜汰も帰宅部。竜汰の方はかすみと付き合っているからか部活動を否定したりはしていませんでしたが、友宏は明らかに「帰宅部の方がイケてる」と思っていた様子。あるいはそう言い聞かせていたのかもしれませんけどね。
これだけ見ても、桐島が仲の良い男子たちに何も相談しなかった気持ちは察せられます。桐島は女子でいうところの実果やかすみと同じような立ち位置だったのかも。
屋上で前田にカメラを向けられた時、泣き出しそうな顔で「俺はいいよ」と言った宏樹はもうそれに気付いてしまった。
桐島や野球部の部長や前田のように、自分は何かに一生懸命になれていない。打ち込めるものが何もない。「やっぱカッコいいな」という無邪気な前田の言葉にさぞ胸を抉られたことでしょう。

最後は原作と同じように桐島に電話をかける宏樹の後姿で終わりますが、自覚して友と向き合おうとしている宏樹になら桐島も正直な気持ちを打ち明けてくれるかも。そう思わせてくれるラストでした。

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

新品価格
¥102から
(2018/4/1 00:03時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line