バクマン。 映画感想

公開当時から気になっていたものの、映画館へ足を運べないまま終わってしまった作品。
dtvで配信中だったので視聴しました。



ちなみに原作は未読です。

バクマン。

新品価格
¥500から
(2018/4/29 12:03時点)




監督:大根仁
原作:大場つぐみ/小畑健
主演:佐藤健、神木隆之介

高校生・真城最高(サイコ-)は、ある日クラスメイトの高木秋人(シュウジン)から画力を買われて漫画家になろうと声をかけられる。最初は断っていた最高だが、片思い中の亜豆から応援されたことで火が着き、2人で描いた漫画を集英社に持ち込むことに…というお話。

原作「バクマン。」がジャンプで連載していたこともあり、冒頭に登場するこれでもかという熱いジャンプ語りや懐かしの名作、名シーンの数々。ジャンプファンにはたまらない映画だと思います。
仮想空間でペンを握って壮絶なバトルを繰り広げるイメージ映像が凄くジャンプっぽい!
エンドロールには錚々たる漫画家先生の名前が立ち並び、集英社としてもかなり力が入っていると感じました。お金もかなりかかっていそう。

事前情報でサイコ-とシュウジンのキャスティングが逆という記事をよく目にしましたが、実際に観て意味が分かりました。
確かに普段演じることの多い役柄のイメージから言うと神木隆之介=おとなしめなサイコ-、佐藤健=明るく元気なシュウジンがしっくり来るかも。しかし、そこは演技力のある2人なので対称的な2人の少年を違和感なく演じていました。
山田孝之の演じる編集者・服部もいい味を出していました。覇気のない冷静な編集者と思わせて、新人を育てる熱意と作家に寄り添う真摯さに溢れている人物。酔っぱらってちょっとキャラが変わってるところも面白かったw

2人のライバルとなる高校生漫画家(学校にちゃんと行っているのか謎)新妻エイジを演じる染谷将太の存在感は凄かったです。真っ暗な部屋で「シュッシュッ」と擬音を唱えながら漫画を描くいかにも怪しげな少年。しかも口調は丁寧だが皮肉めいた物言いも滲み出たりと何を考えているのかよく分からない人物。しかし才能の塊で描いた漫画はヒット間違いなしの実力者。この漫画から飛び出てきたようなキャラクターには謎の説得力がありました。
2人の同期となる新人漫画家の面々も、ヤンキーっぽい福田(桐谷健太)、根暗そうな平丸(新井浩文)、テンション高めな苦労人・中井(皆川猿時)と濃いキャラが揃い踏み!漫画の作風もそれぞれ全く違うところが面白い

新妻エイジの描く「CROW」とサイコ-&シュウジンの描く「この世は金と知恵」はどちらも小畑先生が描かれています。
「金知恵」は分かりやすく小畑先生の絵でしたが、「CROW」は画風も雰囲気も随分と違っていたので驚きました。こんな絵も描けるなんて…プロの漫画家は凄い

前半はトントン拍子に行きすぎて「こんなに上手くいくもの?」と少し拍子抜けしてしまいましたが、漫画家になってからが大変だった。。描いても描いても締切に追われ、アンケートの順位に一喜一憂する日々。
漫画家になることや漫画家として食べていくことの大変さを現実的に描きながらも、ジャンプの柱である「友情・努力・勝利」をしっかり盛り込んでいる。
少年たちが高校生特有のハイテンションでキラキラと夢を語りながら1つのことに打ち込んでいく様はまさに青春
現実のシビアさを突き付けながらもどこか爽やかな後味の残るエンタメ性抜群の映画でした。


以下、ネタバレあり感想です。




真城のおじさんである川口たろうの回想から何だか不穏な空気は感じ取れましたが、締切に追われて眠ることもできず次第に仲間割れを始めたり体調を崩してしまう2人。。夢の先にあった厳しい現実に心が痛みます
実際、週刊連載なんて特に大変でしょうね。。
また、最初は上位だったものの徐々に落ちていくランキング。そしてヒロインである亜豆の口から告げられた残酷な現実。。アイドル声優として売出し中の恋愛禁止とか実際ありがちなのがまた
夢に向かって努力する少年たちにこれでもかと突き付けられる現実の厳しさに胸が締め付けられるようでした。

同じ新人賞に入選したライバル漫画家たちが集まってワイワイやってるところ、楽しそうでホッとするお気に入りの場面です。
平丸さんはお金とか合コンとか正直すぎ!w
スラダンごっこで盛り上がる皆さんが本当に楽しそうでww安西先生の物真似の度にいちいち眼鏡を曇らせる中井さんに笑ったw
反面、デビュー前は漫画を描く傍ら地道にアルバイトで生活費を稼いでいるのが何ともリアルで涙ぐましい。
彼らはライバルでありながら、同じ道を歩む仲間でもあるんですね。

そんな関係が終盤で惜しみなく発揮されるのが熱い展開でした。
とうとう体調を崩してしまった真城を助けるために、自分の原稿もあるというのに助けてくれる優しい皆さん。
連載打ち切りで実家に帰ってしまった中井さんも呼び出されて腐らずに助けてくれるあたり本当いい人…
さらには、ライバルである新妻エイジにも発破をかけられて燃え上がる真城。こういう王道展開は大好きです
リリー・フランキー演じる編集長も冷血漢ではなく、川口たろうを過労死させてしまったことを反省して真城に無理させないようにする大人としての優しさを感じられてよかったです。

不死鳥のごとく復活を果たし巻頭カラーを飾った「金知恵」は見事その回でランキング1位を奪取!
ついに勝利を手に入れたと喜んでいたのも束の間、服部さんの「しかしこの後徐々に失速していった」という涙を誘うモノローグ。。
ついに金知恵は中井さんの漫画と同様に、人気が落ちたことで打ち切りになってしまう。現実は非情である…。
それでも、まだまだ諦めずに次の漫画のプランを語り合う2人はとても楽しそう。正に「俺たちの戦いはまだまだこれからだ!」と言わんばかり。終わり方も何ともジャンプらしい

討ち切りエンドの最後のコマがヒロインの「ずっと待ってる」という台詞で飾られていたのが何ともいえない余韻を残しました。青春とは甘くて苦いものですね。(マーマレードボーイか!)

それぞれの作品と共にキャスティングが紹介されるエンドロールも遊び心満載で最後まで楽しめました。
往年の名作が並ぶ本棚にはよく見たら照明、録音などの役割と各スタッフの名前が!ほとんどの単行本がタイトルをパロっているのに原作者のデスノートだけさりげなくそのまま並んでいるw
映画スタッフだけでなく集英社、ジャンプ編集部が一丸となって作り上げられている感じがたまらない。最後まで漫画愛とエンタメ性に溢れた素晴らしい映画でした

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

新品価格
¥8,380から
(2018/4/29 12:04時点)



関連記事

スポンサーリンク

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line