覇穹 封神演義 19話感想

割とゆっくりめな進行。これは本当に仙界大戦やって終わりの予感?

以下、感想です。ネタバレ注意






アバンはまたまた楊戩による師叔上げ。
この楊戩、自信家ナルっぷりが薄めだからかデレ全開の師叔親衛隊にしか見えない。めちゃくちゃ懐いてますよね。
自分を犠牲にしてでも仲間を守ろうとする太公望だからこそ、仲間たちも彼の元で戦おうと集まってくる。自己犠牲の精神は親友の普賢と似た者同士なのかもしれませんね。
それはともかくとして、元気に戦いに参加している哪吒が回想でいきなり何かの病に~って言われても「何があった」状態だと思うんですが。。消化不良すぎる

01_201806012357483df.png


天祥もすっかり忘れ去られて「誰コレ?」状態になってそうだし。ちょっと中途半端な回想シーンでしたね。

その哪吒は損傷を治してもらうため太乙真人に修理されている最中。ジト目で大人しくしてるのがかわいいw

02_20180601235747683.png


こんな得体の知れないものを擦り付けられてなお親父ギャグを欠かさない韋護は親父の鏡w雲中子さんは適当すぎて怖いわ!
他の十二仙や太公望たちの身を案じる太乙。一刻も早く味方の戦力を増やすべく2人の回復を急いでいますが…。

1人聞仲と戦っていた普賢の元に駆けつけた太公望。
スープーによるこれでもかというぐらいの説明セリフで状況把握です。スープーちゃん優秀ですなしかしあの回想だとパパがお亡くなりになったように見える
聞仲を前に、Bクイック攻撃なるものを提案する太公望。そんな意味不明な技名で通じる普賢ちゃんの以心伝心ぶりよ
2人の連携技とは熱い展開ですが画面が激しすぎて何が起こっているのかよく分からないw

03_20180601235747f0d.png


落書きタッチにされてもやっぱりよく分からない!とりあえず普賢のガニ股がちょっと衝撃w
おっ、聞仲に傷が
太極符印で敵の攻撃パターンを記憶し、それを味方の宝貝に転送してオートで適応する。…やっぱり太極符印ってチートすぎるそしてそれを使いこなす普賢も有能すぎ。でもやっぱりBクイックのネーミングは嫌なのねw
普賢がいたら向かうところ敵なし状態ですが、それでも不安げな普賢。それもそのはず、前回は核融合が通じなかった相手ですからねぇ。。目が光る所とか本格的にガンダムっぽい聞仲様。

太公望たちが善戦している間に十二仙が続々と到着。こう言っては何ですが、この人たち今のところ何もしてないように見えるんですが道徳コーチも絡む場面が少なすぎて天化の師匠ってこと忘れられてそう

04_2018060123574651f.png


蝉玉ちゃんが喋った!このまま台詞なしで通すのかと思ったらここに来て!
声はいい感じですけど、第一声が「ごめんね、聞大師。これも愛のためなの~」という初見さんが聞いたら絶対に意味が分からないような台詞という。。百歩譲って鋭い人なら彼女が元々聞仲サイドの道士で太公望側に寝返ったと推測できるかもしれませんが、この並びで「愛のため」とか言われたらショタ大好きっ娘と思われそうw

一緒に到着した楊戩がみんなの前で半妖態の正体を曝す場面は通天教主との戦いが活きていていいですね。周りはちょっとザワつくけどそれだけで終わりだし、何より太公望が笑顔でサラッと受け入れてる辺り懐の深さが証明されてて凄くいい。その後、攻撃を仕掛けた後で太公望が説教するのもいつも通りの距離感で良かったです。
楊戩に続いて総攻撃を仕掛ける十二仙。宝貝の攻撃はさすが十二仙だけあって派手で面白いです。
しかし攻撃が入り乱れすぎて訳が分からなくなるという…あのさぁ
爆炎に囲まれて敵を見失ったので接近タイプが偵察に行くという…分かりやすく死亡フラグです。
普賢の読み通り、あれだけの攻撃を喰らってもピンピンしていた聞仲。その秘密は、霊獣・黒麒麟の固い殻がシェルターのようになって聞仲を守っていたから。普賢の核融合もそれで凌いでいたわけですね。
黒麒麟の回想まで入れるとはえらく余裕だなぁ。。

黒麒麟から降りて本気モードになった聞仲様。霊獣に跨っていない方が強いとは一体どうなっているんだ
接近戦タイプの黄竜と慈航が攻撃を仕掛け、太公望らもバックで援護しますが…さっきは聞仲の攻撃を跳ね返すことが出来たBクイックが通用しない
禁鞭の攻撃力えっっっぐい…遠目にではあるけどバラバラになっちゃってるよ。。

05_2018060123574627b.png


この聞仲の立ち姿、前にも見た気がするんですがバックに2人の魂魄が映っているのが絶望感アップ。。
あっという間に十二仙が2人もやられてしまいました。勝機が見えてきたという所で再び絶望感が増すとは辛すぎる。

Cパートはまさかの老子ちゃん登場またえらく時系列飛んだなぁ。。
4千年後の世界を見せられても揺るがない太公望の信念をここで見せたのは悪くないと思うけど、話の流れ的にはやっぱり意味不明な場面だったかなぁ。老子が何者かもまだ分かってない段階ですからね。アバンと同じく中途半端に感じました。
あっ、でも作画は凄く良かったです。老子かわいかった

それにしてもえらく進みがゆっくりに感じるのは気のせい?
今回、ある程度覚悟しながら観たんですけど「えっ、そこで終わるの」と肩すかし。まぁ個人的には1話でも長く拝めるのはありがたいんですが。
このペースだと2クール目は本格的に仙界大戦で終わる線が濃厚になってきましたね。散々チラ見せしてきた残りの部分はどうするんだろう。

画像引用:「覇穹封神演義」第19話©安能務・藤崎竜/集英社・「覇穹 封神演義」製作委員会
関連記事

スポンサーリンク

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line