ジュラシック・ワールド―炎の王国 映画感想

さっそく観て来ました!
ジュラシック系はぜひ映画館で観ておかなければ

【チラシ付き、映画パンフレット】ジュラシック ワールド 炎の王国 J・A・バヨナ 監督


監督:J・A・バヨナ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、他

ジュラシック・ワールドの騒動から4年――恐竜たちの住む孤島では大規模な火山噴火が起き、恐竜たちが絶滅の危機にさらされていた。
ジュラシック・ワールドの責任者であったクレアは恐竜たちを保護するためラプトルの扱いに優れたオーウェンと共に再び島へ上陸する。しかしそこで恐竜を巡る陰謀に巻き込まれ窮地に立たされることになり…というお話。


今回は恐竜に加えて火山噴火の脅威まで付いてくるパニックぶり。おまけに恐竜の保護を阻止しようとする人間たちとも戦わなければならない三重苦。
次々降ってくる溶岩や噴石を躱しつつ恐竜からも逃げなければいけない。手に汗握るハラハラっぷりでした。
まあ、主人公勢はそう簡単に噴火に巻き込まれて死なないという絶対の安心感があるんですけども

島を舞台にした前半から一転して、後半はちょっとスケールダウン。
城のような屋敷を舞台に、捕えられた恐竜たちが檻から逃げ出して大暴れするという…まぁいつものパターンですね
閉所で恐竜から逃げ回るというシチュエーションは前作やジュラシック・パークにもありましたが、広いパークを舞台としていた今までと違って今回は舞台そのものが限定的であり逃げ場が少ない。そういう意味では、今までよりホラー要素が強くどこへ行っても恐竜と遭遇する怖さがありました。

3Dの吹替え版で観たのですが、噂に聞いていた通りオーウェン役の玉木宏の主張が強いww声質もオーウェンの見た目とはちょっと合っていない気がするし
フランクリンの吹替えはずっと本職の声優さんがやっているのだと思いながら観ていたのですが、エンドロール後に満島真之介の名前が出てビックリ。アフレコ上手ですね~満島ひかりの演技力は言うまでもないし、血は争えない。。
フランクリン自体もすっごくいいキャラしていました。コンピュータ操作が得意な若者で、臆病な性格でありながらいざという時の瞬発力が高すぎ!インドア派かと思いきや恐竜から逃げる時に誰よりも足が速くて笑いましたwwさすが若者
コンピュータ操作が得意といいつつIT技術はあまり役立っておらず、代わりに他方面で活躍してたのにもウケましたw
同じく新キャラのジアも度胸があっていいキャラでした。
そして何といってもオーウェンの超人っぷりが凄い!前作よりパワーアップしていて笑ってしまいましたwwあと幼女も超人の素質ありw

恐竜との追いかけっこには力が入っていましたが、ストーリーに関してはぶん投げっぱなしで終わる部分がちらほらあったのが気になりました。(詳しくはネタバレになるので後述します。)
オチはまさかの展開でビックリまさかこうなるとは…いつものジュラシック~とは一味違った結末が待っています。


以下、内容のネタバレ有です。観てない方は注意して下さい








オーウェンとクレア、前作でいい感じになっていたのに別れていたのは意外でした。
しかし吊り橋効果でまたくっつく。今度は別れないでよ~

オーウェンの超人っぷりが凄すぎてもはや笑うしかない。
麻酔銃を撃たれて体が思うように動かないにも関わらず、身を捩じらせて溶岩の海を回避。
クレアとフランクリンが前作に登場した球体の乗り物に乗り込んで噴煙から逃げる後ろでオーウェンだけ真顔で猛ダッシュ。普通に恐竜たちと並走してるのがシュールすぎww
噴煙に飲み込まれたと思いきや普通に生きてる。おまけに水中で元気に救助活動。さっきまで麻酔弾で麻痺してた人とは思えない
ティラノサウルスの顔面と壁に挟まれて「潰された」と思ったらノーダメ。
ティラノサウルスの口の間を火の輪くぐりのように通り抜け間一髪で脱出。
訓練された部隊を相手に大立ち回りして次々とやっつけていく。
いくら元軍人とはいえこれだけのことをやってのけるサバイバル力…きっとエイリアンやプレデターに狙われても生き残れそう。

ブルーとの絆には心温まりました。
4体もいたラプトルが最後の1体になってしまっていたなんて…
年月が経っていてもオーウェンのことを思い出してピンチにカッコよく駆けつけてくれるブルーさんカッコよすぎ!前作に続いて今回もラプトルがヒーローでしたね。
得意の頭突きを思う存分披露して大暴れしていったパキケファロザウルス(たぶん)も大活躍でした

オーウェン同様に超人の素質を見せ始めていた少女・メイシーちゃんですが、インドラプトルから逃げる時に大きな悲鳴を上げながら逃げていたり(居場所を知らせるようなもの)、布団に潜りこんで顔半分出しまったく隠れたことになっていなかったりと、そこは子供だからしゃーないなぁ…と思わせる一面も。隠れている部屋にインドラプトルが忍び寄ってくる場面が怖すぎました
しかし自分がクローンであることを知ってしまうって、かなりショッキングな出来事だと思うんですが…葛藤や恐竜たちに対する同情や共感などは垣間見られましたがそのことに関してフォローが一切ないまま終わってしまったのがモヤモヤします。
世話役のアイリスも、結局あの後は屋敷を立ち去ったの?最後の方で出てくるかと思ったらそのままだし、途中で恐竜に襲われてないか気が気じゃなかったよこの辺、ちょっと消化不良でした。。

フランクリンは最後の方まで生き残りそう…と思っていたのにいきなりピンチに追い込まれていて「まさかここで退場意外と早いな!」と驚いていたら生き残ってくれたのでよかった
今回は恐竜に食い殺されるのが総じて悪人であり(オークションに参加していた客も含めて)、味方サイドは生き残ってくれたのでホッとしました。前作の秘書さんなんて特に悪いこともしていないのに可哀想すぎたからなぁ。。
恐竜を大切に扱い、ブルーに対しても手厚い看護をしていたジアが咄嗟にブルーを解放して敵を襲わせている間に自分たちはササッと逃げるのにはちょっと笑ったwそういうとこドライなのね。

全ての元凶は、恐竜をオークションにかけようとするミルズとそれに協力して遺伝子操作の研究を行っていたウー博士(前作やパークの方にも登場していた人)。
インドラプトルのような獰猛で危険な恐竜を檻に入れてオークションに掛け、どうして道具のように意のままに扱えると思うのか。売る方も買う方もどうかしています。
しかしもっと大元を辿れば、ジュラシック・ワールド、引いてはジュラシック・パークを遺伝子操作によって創り出したハモンドとロックウッドが全ての元凶とも言える。
シアン化ガスに苦しめられる恐竜たちを見殺しには出来ないと門を解放しようとしたクレアだったが、すんでの所で思い留まる。それは彼女はそんなことをしたらどうなるかが分かっている大人だから。彼女も辛かったでしょう。火山の噴火する島に取り残された恐竜を見て泣いていた優しい人だから。実際、あの場面は本当に胸が痛みました。。
しかし、そんなクレアの葛藤を横に門を解放させたのは子供であるメイシー。子供は時に無茶な行動に出る。それだけではなく彼女には自分と同じ遺伝子操作で創られた存在である恐竜たちへの仲間意識があった。
つまり遺伝子操作で人間を創り出したことが、恐竜が野に放たれる脅威へと繋がったことになります。ロックウッドには悪気はなく娘に会いたいという思いだけがあったのでしょうが…皮肉なものですね。
人間は神にはなれない。命を軽率に創り出したり操ったりすることはできない。ロックウッドの計画していた「サンクチュア」に恐竜を移すことが出来ていたらまた違っていたのでしょうか。。

学ばない人間たちによって、とうとう恐竜がそこら中を闊歩するという異常事態が引き起こされた。これぞまさしく「ジュラシック・ワールド」。
この後、一体どうなるのか…人間が恐竜に滅ぼされるのかそれとも共存することが出来るのか?
とりあえずライオン逃げて!超逃げて――
前代未聞のオチで終わった今作ですが、果たしてこれはどう続くんでしょうか?話によると今作が3部作の内の2作目で少なくともあと1作は続きがあると思われるので非常に気になります

ジュラシック・ワールド インドラプトル FVW27

新品価格
¥2,640から
(2018/7/16 17:56時点)


関連記事

スポンサーリンク

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line