義母と娘のブルース 4話感想

早くも良一と亜希子の結婚の秘密が明らかに。

以下、感想です。ネタバレ注意






今までの大きくなったみゆきナレから一転、切なさを感じる良一のナレーション。

ママ友と仲良くやっている亜希子さんですが勘違いしたまま下ネタに積極的に絡んでいきアンジャッシュコントのようなことにw

それはさておき、どういうわけかいきなり良一と亜希子に偽装結婚の疑いを向け始めたみゆき。
唐突にそんなことを言い出すなんておかしいし、誰かに何か言われたのかな?と思ったらお友達の家に遊びに行った時に言われたのね。ませた子供だなぁ
ママ友たちも優秀で若い亜希子がいくらイケメンとはいえ年の離れた子持ち男性と結婚するなんて…と気になっている様子。
ママ友付き合いはこういう邪推が面倒ですよね~とは思うけど、亜希子の場合は図星を差されているからなぁ。。

みゆきが林間学校に行っている間に上手い馴れ初め話を考えることになりましたが、みゆきに仮面夫婦でないことを強調すればするほど良一はみゆきの実母から心が離れていることになってしまう。
そこに思い至る亜希子さんはさすが賢い人ですね。

亜希子さんお手製のキャラ弁(キャラじゃない)がなかなかのクオリティー
唖然とするみゆきですが、「なんでみゆきちゃんのお母さんがこんな弁当を作ったのかはサッパリ分からんが、作るの相当大変だったと思うぞ」って先生ナイスフォロー

下村さんはまだ諦めてなかったのかwそして良一もマンションのこと知らなかったのね
いわもっちゃん、なかなか喋り方がウザいけど亜希子さんは彼女の馴れ初め話に興味津々な様子w
確かにドラマチックな出会いではあるけど!

いわもっちゃんの話を参考に、馴れ初め話をシュミレートする二人。
二人の出会い方が何ともらしいというか…隙だらけの良一に亜希子がライバル会社とは知らせずかまをかけた…それだけ聞いたら悪い人みたいですけどw
その前にお互いのことを認識していた二人。亜希子は率先して花見の場所取りをする良一が気になっていたようですねあのポケーっと座ってる良一さん可愛くて癒されました(´ω`)
亜希子さんは土下座芸とか何やってるのw

誰よりもしっかりしている亜希子と街中で出会った良一は、自分が長くないことを話した上でみゆきの義母になってほしいと願う。
そんな無茶苦茶でムシのいい話、受け入れられる訳がないと思いきや驚いて鞄を二度も落としながら(痛そう!)もその話を呑んだ亜希子。
その理由は、人恋しかったからという意外なもの。
亜希子さん漫画読むんだ!と思ったら戦国時代モノである意味イメージ通りというww
未完のまま終わった悲しみを誰とも分かち合えないことに寂しさを覚えた亜希子は良一の話を受けた、と。

下らないことも笑って語り合える関係っていいなぁ。。
亜希子は亜希子で良一の強さを認めているし、この二人って口に出さないようにしているだけでお互いに惹かれている部分があるように思えるし、尊敬し合っていて素敵な夫婦像だなと思います。
手を繋いで帰ったり、感情が溢れて抱き締めたり。良一の中で亜希子の存在が徐々に大きくなってきている。
みゆきのためにめちゃくちゃ手の込んだ株弁当を作ってくれる。そしてそれを良一に嬉々として見せたがる亜希子。
そんな彼女ともっと一緒にいたいという思いが膨らんで涙が溢れそうになる良一の表情が切なかったです…今回、何度か見せた良一の泣きそうな顔に胸が痛みました。。
林間学校から帰ってきたみゆきは友達が大樹くんに片思いしていると知り、やきもきして偽装結婚どころでは無くなってしまった様子。
せっかく考えたのに残念だったけど、今回は亜希子と良一の関係性を一から丁寧に振り返りそれを視聴者に伝える機会だったということで。

そして奇跡を呼ぶ男・佐藤健は今回も大きな奇跡を
巡りめぐって再び亜希子の前に現れ、ちゃっかりご老人の命も救うマンションのチラシ。
しかも助けたお爺さんがかなり裕福でマンションを買いたいというドラマみたいな展開w(ドラマです)

そんな奇跡を良一に話したくてたまらない亜希子でしたが、話す間もなく良一が倒れてしまうみゆきもせっかく自転車に乗れるようになったのに

次回、無事病院に運び込まれるみたいですがあの予告ラストは…いや、もしかしたらあれはフェイクで奇跡が起きるかも?と期待したいですが。
関連記事

スポンサーリンク

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line