義母と娘のブルース 6話感想

今回も笑って泣いて、ほっこりしました。

以下、感想です。ネタバレ注意






自分のために色々手伝ってくれた大樹くんのことが気になって仕方ないみゆきですが、お友達の1人が大樹くんに片思い中でちょっとややこしいことに。。まだ小学生とはいえ、女の子同士色々ありますよね
でも大樹くんは傍から見てみゆきのこと大好きだな~って感じが凄くするんですけどね。そういうのじゃないから!とムキになったみゆきは「もう話しかけないで」と絶交宣言。なんと極端な
そんなみゆきを血相変えて呼び止める担任。何かあったことは一目瞭然。話を聞いたみゆきの横顔を階段の上から引きで映すシーンに不吉な予感が嫌でも高まる。。

そして次のシーンに切り替わると良一さんが死んでいて…前回あんなに頑張って闘病してたのにこんなにあっさり冒頭で死んじゃうなんて
きびきびとそつなく葬儀の喪主を務める亜希子ですが、「何の冗談ですか」と彼女らしくない言葉を口にしたこと。悲しんでいないわけがない。
実母の葬儀で慣れてしまって素直に泣けないみゆきちゃんも切ない。お母さんに続いてお父さんまで亡くして悲しくないわけがないのに。肩肘張って強がって、似た者同士の2人ですよ本当に…。
そんな2人の様子を側で見ていて、叱ってくれる下山さんがあたたかくていい人だなぁ。
亜希子さんがいなくなってもやっていけるように、しっかりしなきゃと意地を張るみゆきを後ろから抱き締めて泣く亜希子さんの姿で涙腺崩壊しました。。今まで態度から推し量るだけだった亜希子の良一への気持ち、ハッキリと聞けて良かった。
最初は良一がいなくなることを前提として結婚したはずだったのに、あの亜希子が良一がいなくなった後のビジョンが全く見えていない。それほどに良一が替えの利かない、なくてはならない存在になっていたんですよね
今まで素直に甘えることができなかったみゆきちゃんの、「お母さん、お母さん」と連呼する不器用な泣き方もいじらしくて泣けた…。

回想シーンから、亜希子さんも早くに親を亡くしていそうですね。みゆきちゃんに昔の自分を重ねて見ていたのかな。。
やっと素直に泣けた亜希子さんはそれからずっと泣きっぱなし。堪えていたものが一気に溢れたんでしょうね。亜希子が泣きすぎた反動かみゆきちゃんは逆に冷静になってる
良一の上司が扇子でペチペチやりながら「起きろ宮もっちゃん、会社行くぞ」って話しかけてる所、亜希子さんと一緒に号泣しそうになりました。あれは反則…
そして良一さんの爽やかな笑顔の遺影を見ているとまだ死んでしまったなんて信じられなくて、ますます悲しみがこみ上げてきます。
子供のように泣きじゃくった亜希子は表情筋が緩んだのか、一気に表情豊かになりましたね。自分の頬をペチペチ触って確かめてる亜希子さんかわいいみゆきのことを見守って笑顔で去っていく大樹くんもかわいい。
記念写真、結局撮れなかったんですね。。白いドレスの2人と黒タキシードの良一 実際は黒い喪服の2人と白い着物の良一 まさかこんな対比になっていたとは…亜希子の言う冗談とはこのことだったのか…。
だけど悲しみを乗り越えて、「小さな奇跡を見つけて生きていけば」と前向きに生きようとする亜紀子とみゆき。これも良一が今まで奇跡を信じて日々生きてきたおかげですね良一が2人にくれたのはそんな奇跡を見つけながら過ごす幸せな日常。人物描写が丁寧で、本当によく出来ています。

そして9年後…。
すっかり成長したみゆきは女子高生に。良一だけでなく子供のみゆきちゃんも今回が見納めかぁ・・
クリクリした目もとは子供時代の面影がありますね。亜希子さんともすっかり母娘で微笑ましい
しかし何だか、随分と印象が変わったなぁ。。と驚きました。
小学生の頃はあんなにしっかりしていたのになかなかフワッとした今時の若者風に。義母がしっかりし過ぎている反動か?
そして奇跡を信じるあまり、事あるごとに掌をかざして念を送る不思議ちゃんに。こうなることはさすがに想定外だったよ
亜希子は専業主婦続行しつつ在宅で株をやっているんですね。表情豊かになったけど、専業主婦期間が長くなり時世に乗り遅れ気味というこれまたギャップが。反対に、ママ友の矢野さんは再び働き始めて最近の事情を亜希子に教えてくれるという構図の対比が面白い。

娘の教育に目覚めた亜希子ですが、当のみゆきは夢もビジョンも何も考えず楽して生きたいというフワッとした考え。どうしてこうなった
これではいけないと、娘に手本を見せるべく再び働く決意をした亜希子。大学進学まではと考えていたのに再び働き出すのがまさかこんな理由だったとはw
フーテン小僧の麦田はせっかく続いていた葬儀の仕事を辞めて実家に帰ったようですが、実は御曹司とか?と思っていたら街のパン屋さんだったんですね。実家に帰るきっかけになったのが良一の葬儀でのみゆきの姿だったということで、表には見えないところで繋がりのある人物。
そんな麦田の経営するやる気のないパン屋が気になる亜希子。やる気はないがあんぱんは絶品w
あんぱん齧りながらパン屋再興のビジョンを詳細に思い描く亜希子さん、さすがキャリアウーマン
麦田だけでは先行き不安でしたが亜希子さんが来てくれれば百人力ですね!しかし、中間=仲間は分かるけどブアイソウって何のこと?と思ったら歩合制ですか亜希子さんよく分かったな

みゆきの周りをウロウロする不審な影に、電車の中で出会った男の子。
あの少年、大樹くんなんだろうなとは思ってましたがまさか痴漢からみゆきを守っていたとは。「大樹くん何でまたおっさんラブになってしまったの?」とか思っててゴメン!w
随分とスリムになって爽やか高身長な高校生に変身しましたが、目もとがよく似ていて面影ありますね
なんと痴漢から守っていただけでなく電車に乗り遅れるのを防いだりエアコンを止めてくれたりしていたとはちょっ、大樹くんめちゃくちゃみゆきのナイトしてるじゃないですか!これは惚れてまうやろ~
大樹くんへのみゆきの謝り方が亜希子そっくりでwwしかしさすがに土下座はしませんでしたね
大樹くん告白の仕方まで凄くイケメンなんですがそうかそうか、やっぱりみゆきのことが…。
あまりの衝撃に速攻で「ごめんなさい」と逃げ出すみゆき。返事は待ってくれってことなんでしょうがあれは大樹くん振られたようにしか見えないもうさっさとくっつけばいいと思うんですが。
大樹くんのことで頭がいっぱいで亜希子が働きに出るという話も上の空。偽装結婚を疑っていた時のことを思い出しますねw

亜希子は亜希子で、麦田が亜希子は自分に気があると勘違いしていて(どこをどう見てそんな風に思ったのかは謎)ちょっとややこしいことになりそう。。
第1部では麦田が間接的に色々と奇跡を起こしていたけど、第2部は大樹くんがみゆきにとっての奇跡を起こす人になるのかな?
亜希子は良一のことを「陽だまりのような人」と言っていたけど、みゆきもいつか大樹くんのことをそんな風に言う時が来るといいなと思います。

前半はあんなに泣かされたのに、後半ではまた笑わせてもらいました。亜希子さんのスカートのボタンが飛んだ所で声出して笑ったww
第2部は雰囲気がガラリと変わったけどまたキャリアウーマンの新たな奮闘と娘のブルースが描かれるようで楽しみです。でもまた2人の関係が抉れそうなのは心配
関連記事

スポンサーリンク

theme : テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line