BLEACH 映画感想

実写版BLEACHを観て来ました!

【映画パンフレット】 BLEACH ブリーチ



原作:久保帯人
監督:佐藤信介
主演:福士蒼太

喧嘩が強く霊が見える高校生・黒崎一護。ある日、彼の前に現れた黒装束の女性・ルキアは自身を死神だと名乗る。直後に現れた巨大な悪霊・虚から家族を守るため、一護はルキアの力を借りて死神になり…というお話。

原作ラストは残念な終わり方だったけど、尸魂界までは文句なしに面白かったと今でも思ってる原作ファンです。
メインキャラのキービジュアルからして正直全く期待はしていなかったけど、見もせずに批判をするのは好きじゃない。。
そんな思いで見てきたわけですが、これだけハードル下げきっていればジョジョみたいに「意外と良かった!」となるかもしれない。そんな思いはあえなく打ち砕かれることに。。

まず、キャラクターについてですが優しめな顔立ちの福士蒼太は一護役には向かない。もっと目つきの悪い不良っぽい人をキャスティングした方が良かったと思います。昔で言うと市原隼人とか。(瞳はつぶらだけどヤンキー役のイメージが強い。)
そしてルキア役の杉崎花はもっと向いていない。序盤の死神姿の時は悪くないかも?と思ったけど、声が可愛すぎることがルキア役では仇となり威厳が足りていない。。あと散々言われてると思うけど髪型もっと頑張れ
まぁ、福士蒼太はアニメ版一護の森田誠一に声を似せている感じがしたし、杉崎花もアクションはカッコよくてクライマックスの演技は良かったので悪いことばかりでもないですが。

そして肝心の脚本、構成はもっと良くない。
いくつかある原作のエピソードを時系列バラバラで切り取って繋げたツギハギ感。
ツッコミどころ満載だし、同じ場面を何回も流すならあのエピソードを入れたらよかったのに!という歯痒さもありました。
詳しくは追記から後述しますが、観終わった後にあんなに脱力して映画館を出たのは初めてかもしれません。。私が原作好きだからなのかそうでないのか…?原作を知らずに観に行った人の感想が気になります。

GANZや図書館戦争の佐藤信介監督なので、アクションやCGは期待していましたがそこは期待通り良かったと思います。
図書館戦争は実写版ストーリーも悪くなかったと思うんだけどなぁ。。どうしてこうなった
あとオープニングやエンドロールのクレジットもカッコよくて良かったと思います。原作版のオサレさには及びませんが、なかなかスタイリッシュでした。
しかしエンドロール後のあの文字…実現可能なのか?これは

以下、感想です。ネタバレ注意




良かった所
・「霊が見える」という設定を映像化するとこうなるのかというホラー感。
・チャドの霊圧が消えてない…だと…?しかも普通にカッコいい!(代わりに水色の霊圧が消失)
・ルキアの変な絵がそのまま登場。
・恋次VS一護のアクション
・恋次役の早乙女太一はハマってたと思います。
・浦原喜助の再現度
・グランドフィッシャーのCG

悪かった所、ツッコミどころ
・真咲のこれじゃない感と回想シーンのタイミング。
・ルキアの喋り方に緊張感がなく説明が頭に入って来ない。
・一護の強さやカッコ良さが出ていない。
・織姫が空気。せめてお兄ちゃんのエピソードやってあげて。
・織姫が空気なまま突然一護が見えるようになってる。(チャドも突然~以下略)
・石田の扱いが軽い。そして和解するまでが早い。
・撒き餌を砕いて「勝負だ!」と言った割に虚が1体しか来ない。
・「俺がみんなを守る!」と言いながら人の多い街中に虚を連れてくる一護。
・白哉兄様のキャラ崩壊。もっと無機質な感じで良かったのになかなか感情豊かでした。
・あんな終わり方だったのにいい話風に終わるのが最大の謎

内容に関しては、2時間にまとめるためには多少の無理も必要だったのだろうとは思いますが…。
同じ場面(真咲の回想)を何度も流したり、余計なオリジナルシーン(執拗な恋次と白哉の登場)を挟むぐらいなら、織姫とチャドのエピソードやった方が面白かったんじゃないかなと思ったり。
対立勢力として恋次と白哉の出番を増やしたかったんでしょうけど、どうせ続編を作るつもりだったなら原作通り最後の最後で出した方がインパクトあったんじゃないかなぁ。。この2人を序盤に出してしまったことで、本来の一護の活躍が充分に見せられず弱いイメージの方が強くなってしまったような気がします。
あとグランドフィッシャーと一護の因縁もちょっと軽めになってしまっていたのが残念。

原作のルキアとの別れまでで区切っているため、後味の悪い結末を無理やり綺麗にまとめようとしているのに違和感バリバリです。
「死神代行編、終」って、どうせ続編ありきで作ってたなら一護の記憶だけは残しておいて原作通り浦原さんの前でルキア救出を誓わせれば良かったんじゃ?
というか、続編…やれるのかな?興業的にも評判的にも難しそうな気はしますが

[ALEXANDROS]の主題歌がカッコ良かったので他の曲も聞いてみようかなと思えたのが1番の(というか唯一の?)収穫でした。

BLEACH 1 (ジャンプ・コミックス)

新品価格
¥421から
(2018/8/15 22:15時点)


関連記事

スポンサーリンク

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line