ヒモメン 5話感想

ヒモ更生のプロが登場
以下、感想です。ネタバレ注意







高そうなお店で食事中のゆり子と翔。どうせ夢オチ…と思ったら池目先生の部屋を勝手に民泊にして稼いだお金だったw翔ちゃん鬼かゆり子までサラッと受け入れてるし。
しかしいざお会計となるとフフッと笑いあって微妙な空気に。結局ゆり子が払うんかいと思いきや見知らぬおじさんがそれを阻止。

ヒモ更生のプロを名乗る男・稔はゆり子が借金のかたに体を売らねばならないと嘘を付き翔を更生施設に送り込む。なんと稔は聡子さんの彼氏だった聡子さんてっきり今はフリーだと思ってたよ。。
更生施設の様子はさながら刑務所のよう。「お前らが流すのは馬券の数字じゃない。労働の汗だ!」って何気に名言
過酷な労働に普段遊んで暮らす翔は早くもバテバテ。そのマッチョな腕は飾りか!立て、立つんだ!ショー
ヘロヘロになって仕事を終えるも落として壊してしまった商品の弁償代は差し引き。これは先が思いやられますね…。

働いた後は水道水もおいしく感じる…と稔は教えたかったはずなのに曲解して水道水を売り捌こうとする翔ちゃんが斜め上すぎてダメだこりゃ
そんな翔ちゃんを邪魔する気満々の池目先生が婦長にモノローグされてるのが面白すぎwwこの二人いいコンビかも?
というか婦長、一目で翔をヒモと見抜くとはなかなか鋭い。もしかしてこの人もダメンズ好き?
まるで洗脳のようなパチンコクロスワードwwゆり子のために一時は踏みとどまろうとした翔もこれには敗北。
あんな奇跡みたいな大当たり劇に望みをかけるより普通に働いた方が早いと思うけど

早くも更生失敗か…と思いきや次はヒモのための講演会に講師として翔を立たせる稔。
マイケルさんこんなとこで何してんのあなた女の子にプレゼントする側の男でしょうにw
ヒモのカリスマとして奉られ調子に乗っていた翔ですが、女に寄生しては乗り換えようとするヒモ男たちにブチ切れ。翔ちゃんも大概クズだけどピュアで一途なゆり子への愛情は本物ということですね。
講演会の報酬として三万円を貰った翔は無自覚の涙を流す。

稔さんいきなり翔に甘くなったなぁと思ったらまだまだここからが試練だった
網走さんとも通じていた稔は「大事なもののために使え」という言葉から翔がどう出るか試していた。稼いだお金を人のために使うことができてこそ真のヒモ卒業。

約束通り桜子の昇進祝いにご馳走しようとする翔ですが、またもや微妙な空気に。
そしてまたもや池目先生の妨害が!今回は裏目先生じゃないだと…
福引きでゲーム機を当てるかゆり子と別れないため昇進祝いを奢るか…。毎回人生最大の岐路を更新している翔ちゃん
店員さんと攻防を繰り広げる翔ちゃん。お札が破れる!セクハラで訴えられる!

見かねた稔が止めに入りますが、開き直る翔。
その姿に苛立ちクズだクズだと翔を罵る稔を見かねてパンチで黙らせるゆり子。なぜかイラッとして翔まで殴ってるけどw
聡子さん稔のプロポーズに浮かない顔してたのが気になってたけど、開き直った翔を見る目で瞬時に察したww
なんとあの水道水、本当に美味しいミネラルウォーターだったとは道理で美味しいわけだよ…。
インチキ紛いのやり方を責める聡子ですが、荒療治として多少は見逃されてもいいと思うしそれほど酷いことしてるようには思えないけどなぁ。しかし聡子さんがダメンズな稔が好きだというならそれが全てなのでしょうw
人を見下す姿より見下されてる方がいいっていうのは分からなくもない…ような気もする…。
しかし昇進祝いしてもらうはずが駄目バカップル劇場を前に「何を見せられてるんだろう」状態になってる桜子さんは気の毒wwリアクション芸はさすがでしたwキレ芸の妹とリアクション芸の姉…面白美人姉妹

ヒモ更生のプロを以てしても更生しきれなかったとなるともう何をやっても駄目な気が…
ゆり子のために食洗機を狙ってたと分かった時はちょっとキュンと来てしまったけど。
最後、稔(音尾琢真)まで変な俺Tシャツ姿で「聡子!1000円ちょーだい♪」と現れたのには爆笑でしたwチンピラ然とした姿からのギャップがww

今回は池目先生のパチンコクロスワードが稔のヒモ魂を呼び覚まし、聡子にヒモ好きカミングアウトさせ、結果として翔の更生が失敗に終わるという…あれ?やっぱり裏目先生だった。
婦長は今回は「碑文谷だからヒモちゃん」とファインプレーで珍しく庇ってくれた!と見直していたら二度目は喋ってしまった
このみに翔がヒモだとバレ、あっという間に病院中に広まってしまった…。このみちゃん、恐ろしい子

更に次回はヒモ好きの女性に翔が略奪されそうになる展開
さすがに翔はゆり子一筋を貫いてくれると信じてるよ?
関連記事

スポンサーリンク

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line