ヒモメン 6話感想

修羅場に次ぐ修羅場。

以下、感想です。ネタバレ注意








今度は動画配信で儲けようと目論む翔。ユーチューバーを仕事と言っていいのかは分かりませんが、感激するゆり子に「バカである」と容赦ないナレーションww
感激のあまり配信中に2度も邪魔するゆり子、さすがにキレられる…
「仕事の邪魔すんな」という響きに喜んでいたのも束の間、自分をネタに動画を世界発信されていたことを知り激怒する。これは酷い

網走さんの店でやけ酒していた翔は女社長の美香に目をつけられる。
美香は翔に3万円払う契約でいい服を着せ自分に動向させますが…ああ、お見合いを断るためのダシにされたのね。
お見合いの席で堂々と「僕が家庭に入って養ってもらいます」と言っちゃう翔ちゃん。。しかし仕事を続けたい美香と、働かず養ってもらいたい翔…利害は一致しているように見えますが、家庭に入るって言ってもそいつ家事ほとんどやらないからね騙されちゃいけません
お見合い相手めっちゃ貧乏ゆすりしてて腹黒そう

職場では翔を見かけたこのみが噂を広めて、ゆり子が浮気されている疑惑が知れ渡ってしまう。
池目先生、またまた悪い顔してるww
ヒモの魔力について詳しい師長、やっぱりヒモと親交がある?
言われるままにお金を渡しちゃう池目先生としれっとパクる師長のコントに笑いましたww

契約をちらつかせてとうとうアパートにまで押しかける美香と、ゆり子が鉢合わせて修羅場勃発弁解しようにも違約金をちらつかせられて本当のこと言わせてもらえないのが辛い。
スイカを易々とぶったぎって真っ赤な包丁片手に「殺すよ?」と笑うゆり子さん凄い迫力。。
お客として一応美香にスイカを出してあげるけどめちゃくちゃ小さい切れ端w
翔をお金で買収しようとする美香のやり口はいただけませんが、それで揺れちゃう翔ちゃんも翔ちゃんだよゆり子への一途さを取ったら本当に何も残らないただのクズ男だよ

怒ったゆり子に再び追い出され、美香の家に世話になることになった翔。
人が真面目に身の上話してる時に寝落ちするww
しかし腕を引いて「がんばりすぎたよ、ゆり子~」って寝言で呟くのはズルい自分に言われた台詞じゃないと分かっていてもこれにはキュンと来てしまいそう。

美香は翔のために最高の環境を整えたヒモルームを用意。全配信サイト契約済みとかハンモックまであるとかヒモじゃなくても魅惑的な環境…
またもや揺れる翔。
ボヤボヤしてる間にゆり子は池目先生に言い寄られてるぞ!
師長のアドバイスを真に受けて翔の真似する池目先生…w結果として自分を元気付けようとしてくれたと勘違いされているし、池目先生って自分で策を練らない方が上手くいくタイプなのでは?w

このみちゃんがなぜあんなにヒモを憎むのか、父親(岡田に非ず)がヒモで苦労していたと分かって、そういう理由なら気持ち分からなくもないなぁとは思いますがやり方がはいただけませんね。
何でもかんでもインスタにアップする所といい、自分が正しいことをしてると信じて疑わない所といい、よくいる最近のネットユーザーって感じですね

美香に連れられてとうとう会議での結婚発表に来てしまった翔ちゃん。
断るだろうなと思っていたら来ちゃったのは「なんで」って感じだったけどお給料を貰うためだったのね
美香の脅迫紛いのやり方にはモヤモヤしていたので翔ちゃんがハッキリ断ってくれてスッキリ。
でも最終的にお父さんや部下たちが良い人だったのでホッコリしました。「碑文谷くんを見習いなさい!」は流石に目が点になったけどw翔ちゃんは素直に人に頼りすぎですから

大沢は美香が好きだったわけではなく会社乗っ取りが目当てだったようなので、くっつかなくて正解ですね。
このみちゃんも翔の一途さを少しは見直してくれたのでしょうか?最後に検索履歴を晒すという単純だけどいい仕事をして去っていきましたね

翔ちゃんあのスーツの下にTシャツハーパン着込んでたのか。。
お金を受け取って無邪気に去っていく姿はかわいかった
報酬の5万円でゆり子を温泉に連れていこうとする翔ですが、更なる修羅場が待ち受けていた…

ゆり子を喜ばせようと帰宅した翔が見たものは池目先生にキスされているゆり子。これは切ない
しかしゆり子の立場からすると真相を知らず翔ちゃんが浮気して自分を捨てる気だと思い込んでいる所。
予告を見るとゆり子はもう完全に傾いちゃってるように見えますが、ここからどうやって修復するのか?最終回でついに働く決意をするのか

関連記事

スポンサーリンク

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line