カメラを止めるな! 映画感想

話題になっている映画を観て来ました。

【映画パンフレット】カメラを止めるな! ONE CUT OF THE DEAD



監督:上田慎一郎
山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影するクルーたち。とても厳しい監督の要求に振り回され撮影は難航していた。
そんな中、休憩中のクルーたちは突如として恐怖のどん底にたたき落とされる。実はその廃墟ではかつて人体実験が行われていたという噂があり…というお話。


色んな意味で話題になっているこの映画。
盗作うんぬんの問題を横に置いておき、作品についての純粋な感想を語ります。



取り沙汰されている構成について。
この構成自体については今まで小説や何らかの映像作品(私が記憶に残っているのは某ゲーム・アニメなど)で見たことのある手法で、トリッキーではあるものの目新しさに驚くほどではありませんでした。
ただ、前半と後半でガラリと異なる雰囲気のギャップが受けているのだろうなと感じたのは確かです。
(内容について話すとどうあがいてもネタバレになるので詳しくは後述します。)
そのギャップがあまりにも激しく、メリハリが付きすぎているのでかなりインパクトがありました。

また、前半で引っかかっていたことやツッコミたくなった所などが多々あったのですが、それらのことにもちゃんと意味があり、後半で回収されていく手際の鮮やかさが気持ちよくて痛快でした。


…ネタバレせずに感想を書くのはなかなか難しい映画です



というわけで、以下は詳細の感想です。ネタバレ注意






前半はB級ホラー色漂うゾンビ映画。
ゾンビ映画を撮っていたクルーが次々本当のゾンビに襲われるという、ミイラ取りがミイラに…的な阿鼻叫喚図。
いかにB級っぽいとはいえ、ホラー耐性のない私にとってはなかなか怖くて終始肩に力が入りっぱなし。ヒロインに呼応するかのように息を潜めてしまう部分も多々ありました。
監督が1人ピンピンしている時点で「これもたぶん映画の中の話なんだろうな」と思ってはいましたが、途中で「話が違う!」という台詞が出てきたりして「え?どっち?」と混乱し境界が分からなくなってきたり。
で、ヒロインが恋人役の俳優や監督を手に掛ける場面は、劇中劇の可能性を考えてはいても「え、もしかしてマジ…?」という錯覚も覚えてちょっと焦ったり。
で、エンドロールが流れた時点で「あ、やっぱり劇中劇だったんだ~」とホッとしたり。

そして後半では、その劇中劇を撮影するに至った過程と撮影中の裏側を見せることで種明かし。
気の弱い監督と曲者揃いのキャストたちが集まって、ノンカット生放送のゾンビ映画を作る!この時点でもう無茶な臭いがプンプンします。
予定外のトラブルで、代役として監督自らが監督役として出演。さらに台本を完璧に覚えていた監督の妻も急遽参戦。
監督の妻は元女優ということでしたが、監督いわくかなりヤバいということだったので相当な大根女優だったのかなー、確かに前半の演技はかなりわざとらしかったもんなーなんて思っていたら、役に入り込みすぎて我を忘れるってそっちかい色んな意味で危険すぎる
監督は監督で、役者になった途端に鬼監督として迫真の演技…ではなく、半分以上本音をぶつけてますねコレ主演女優の「よろしくで~す」にはイラッと来ていたので、監督の逆襲にはちょっとスッキリしました

その後も、トラブルに次ぐトラブル続出。
前半で「なんかカメラワークおかしくない?」とか「今の監督何だったの?」とか「この場面長くない?」とか、色々と引っかかっていたことが、裏側であんなことやこんなことがあってドタバタしていった結果だったというのが次々明らかに。
序盤で3人が趣味について雑談していた何気ないシーンでも、あの変な空気と微妙な間にさえちゃんと意味があったなんて
監督が色々といっぱいいっぱいで思わずカメラ目線決めちゃうほど追い込まれているのがとても大変そうでしたが、メイクさんやアシスタントさんなど裏方陣もかなり振り回されていて気の毒でしたwメイクさんなんて男の脱糞尻目にメイクさせられてるしwwしかしナイスアシスト&ファインプレー!
ドタバタしすぎて会場のあちこちから笑いが零れていました。私が1番笑ったのはクライマックスのゾンビ俵ですね。目が爛々と輝くゾンビ役の方々やイケメンプロデューサーまでもがマジ顔で組体操やってる図はかなりシュールで笑えましたww
モニターを通して放送を見ているテレビ局の人たちが勘違いしつつツッコミを入れてるのもまた笑いを誘いました。

ハチャメチャな映画撮影風景を見せられましたが、エンドロールではみんなで作り上げた達成感のようなものが感じられて後味が良かったです。
関連記事

スポンサーリンク

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line