教誨師 映画感想

大杉漣さんの遺作映画であり、最初で最後の自プロデュース作品である「教誨師」を観て来ました。
最後の主演作をスクリーンで見届けたいという思いで劇場まで行きましたが、予告で流れていた「恋のしずく」という映画にも大杉さんの姿が。改めて、若くして亡くなるには惜しい名優だったと認識させられました。。

【映画パンフレット】教誨師 (キョウカイシ) 監督 佐向大 キャスト 大杉漣 玉置玲央  烏丸せつこ  五頭岳夫  小川登  古舘寛治  光石研


監督:佐向大
主演:大杉漣

教誨師の佐伯は、ボランティアで拘置所にいる死刑囚との面会を定期的に行っていた。
6人の死刑囚との面会を重ねながら、佐伯は彼らのことをより深く知っていくことになる。同時に自分の教誨師としての在り方を見つめ直すことにもなっていくが…というお話。


6人の死刑囚と、教誨師との面会の場面がほとんどで舞台もラスト以外は全て拘置所内となっているワンシチュエーション・ムービー。
大杉漣さん演じる教誨師と多種多様な6人の死刑囚が順番に1対1の対話を重ね、その中で彼らの犯した罪や彼らがどんな人間であるか、そして佐伯自身の抱える過去や思いも徐々に明らかになっていく。
大杉漣さんはもちろんのこと、個性的な6人の死刑囚を演じる役者さんたちの演技にも魅せられ、動きのない画面であるにも関わらずグイグイ引き込まれました。途中、何度か目頭が熱くなる場面も…
人と人とが対話を重ねることで、徐々にどういう人であるかを知っていくことになる。「知らないから怖い」ならば少しずつ知っていけばいい。そんなことを教えられた気分です。

題材としては非常に難しい問題を扱っていると思います。
死刑制度や裁判員裁判について、登場人物の口から問題提起をしているような台詞もありました。
また、キリスト教の牧師である主人公が説く「救い」「赦し」といった言葉の意味についても考えさせられるものがありました。
個人の意見としては、法律や刑罰は社会の秩序を守るために必要なものだと思うし「死刑」はその最たる罰として認識している。ただ、もし自分が裁判員に選ばれたらと考えると胃が痛くなります…。それはやはり自身が人を裁くという重圧に耐えられるか、凄惨な事件と正面から向き合うことが出来るのかという懸念から来ていて。
ラストに出てくるある言葉は、まさしくそんな懸念をズバッと突いてきました。

教誨師として自分は何をするべきか、どうあるべきなのか…。佐伯が出した結論が胸に染み、彼の口から出る生への考えに生前の大杉さんを重ねて涙が出てきました。
問題提起だけでなく生きることとは何か、人との関わり方についても考えさせてくれる素晴らしい映画でした。


以下、ネタバレあり感想です。注意










6人の容疑者についての特徴と罪について。

鈴木貴裕(古舘寛治) 
最初はじっと目を閉じて佐伯の言葉に何の反応も示さず、罪を悔いているのかと思いきや後半でとんでもない本性を現した人物。佐伯の生い立ちを聞いて涙を流す優しい男なのかと思ったら典型的なストーカー思考を持つ危険人物。。
停電になった際に自分が殺した彼女(だったかも怪しいが)の幽霊を見て、罪の意識でパニックになるかと思いきや「彼女が謝ってくれました」とあくまで自分は悪くないのだという考えを変えないまま。こんな人が身近にいたらとゾッとしました。

吉田睦夫(光石研)
最初は明るく気さくなおじさんだと思っていたら、組の構成員だったことが判明。
佐伯に対しての温厚な態度と、見張りの職員に対する荒々しい態度のギャップが激しい。職員に怒鳴っている姿は物凄く怖かったです。。バイプレイヤーズで「仏の光石」と呼ばれていた人と同一人物とは思えない。バイプレイヤーの底力を見せつけられました。
また、聖書を熱心に暗記したりして謙虚に残りの時間を過ごそうとしているかと思いきや、誰よりも死刑執行に怯えていたことが分かってくる。
余罪を佐伯に打ち明けて「誰にも言うなよ」からの「何で言わないんだよ!」は劇場で笑いが起きていたし実際私もちょっと笑ってしまったけど、まだ死にたくないがために時間稼ぎをしようともがいていたのだと思うと何ともいえない気持ちになります。。

進藤正一(五頭岳夫)
ホームレスをやっていた老人。
字が読めず借金の連帯保証人にされたりと色々苦労もしてきたようですがとてもお人好しな性格で人をあまり疑ったりしない。
「神様は怒りませんかね?こんなに色々と手を出して」「さくらは自分のことさくらだって思わねえじゃないですか」など言葉の端々から純粋な人なのだろうということが見て取れます。
彼の罪についてはよく分からず終いでした。途中で女子高生をトラックで跳ねてしまった話がありましたが、さすがに過失傷害で死刑になるとは考えにくいし。。もしかしたら、借金の連帯保証人にされた時と同じように誰かに嵌められて罪を着せられたのかも?
途中で脳梗塞で倒れてラストでは言葉が喋れなくなってしまいますが、佐伯の手で洗礼を受け、お礼に自身の宝物であるグラビア写真を渡す場面では涙をいっぱいに溜めた瞳が何よりも雄弁で涙が溢れて来ました。

野口今日子(烏丸せつこ)
派手な服装、髪型で終始1人でまくし立てるおばちゃん。
犯した罪はおそらく集団リンチに加担したことだと思いますが、言い訳をして自身の罪からは目を逸らしている。
不動産王と恋仲になっていると言いますが、その相手が本当に彼女を待っているのかは疑わしい…というかないだろうなと。
橋本さんという看守のことをしきりに話しますが、その橋本さんというのは彼女が作り上げた架空の人物であることが判明。そんな話をするのも、佐伯に自分の話を聞いてもらいたくて仕方ないという様子だったのも、そうすることで不安定な心を紛らわせようとしていたのでしょうね。。

小川一(小川登)
小さな寝具店を営んでいた男性で、会えなくなってしまった妻と2人の息子のことを常に考えている。
気弱そうでどこにでもいる家族思いの父親がどうして死刑囚なんかになってしまったのか、1番疑問に感じる人物でした。
罪はバットで近所の一家を殴り殺したことだが、話を聞くと貸した金を返してもらえなかった上に貧乏であることを罵られ、子供の悪口まで言われたところで自制心が振り切れてしまったらしい。
それまで何度も我慢して引き下がろうとしていたにも関わらず、こんなことになってしまうとは…この人には少し同情してしまいますね。
このことで佐伯は警察の捜査や裁判の進行に少なからず疑問を持って闘うことを勧めていました。

高宮真司(玉置玲央)
統合失調症を自称する若者。博識で弁も立つが、革命家としての過激な思想を持つ。
罪は、おそらく何らかの疾患を抱える人たちを17人殺したという6人の中で最も重い罪を犯している。
持ち前の頭の良さで佐伯を何度も言い負かす憎たらしさ。しかし、彼の抱える世の中への義憤は分からなくもない部分もありました。そして、彼との対話が佐伯が自分の教誨師としての在り方を見つめ直すきっかけにもなったと思う。
飄々として人を食ったような態度を崩さない彼が、佐伯の言葉を聞いてふと見せる動揺や感傷。この人のことをもっと知りたいと思わせる良い演技でした。最後の演技にもただただ圧倒され胸が締め付けられました。
玉置玲央さん、まだ若いけれど今後名バイプレイヤーとして活躍してくれそうな良い役者さんですね。


順番に6人と会話をしていくのかと思えば順番がシャッフルされたり途中で出て来なくなる人がいて、「もしかしてもうこの人は…」とドキッとさせられました。
実際は、死刑執行が行われたのは終盤に1人。その人物もミスリードがばら撒かれて一体誰なのかと固唾を呑んでやり取りを見ていました。


まさか1番若くここに来て日も浅そうな高宮だったとは…。
てっきり吉田かと思っていたので意外で驚きましたし、直前の佐伯とのやり取りを思い出していたたまれない気持ちになりました。
高宮との面会の前に佐伯の兄が言っていた「逃げてもええんやで」はこういう意味だったのか。。
普段あれだけ不遜な態度をとっていた高宮の、死を目前に怯えきった表情。立つことも呼吸もままならない。。どれ程の恐怖かは想像することしかできませんが、ただ1つ言えるのは高宮が殺した人々も同じような恐怖を味わったのだということ。
そしてその死への恐怖が、画面を通してダイレクトに伝わってくる感覚にただ圧倒されました。
取り乱していた高宮が、最後に佐伯に抱擁して囁いた言葉は聞こえませんでしたが「私もあなたを知ることが出来て感謝しています」という佐伯の言葉から、おそらく「ありがとう」と言ったのだと推測します。
直前の面会で、佐伯は自分の教誨師としての在り方に結論を出しそれを高宮に伝えた。「自分の役目はただ空いてしまった穴を見つめること」「あなたのことを知りたい。私はあなたの側にいますよ」と罪を悔い改めさせようとするのではなくただ彼に寄り添うことを伝えた。
最後の最後に、高宮は彼の言葉に心を動かされた様子を見せた。それで充分でした。
佐伯が死刑囚を見守ると決めたのは、きっと亡くなった兄がずっと近くで見守っていてくれると気付いたから。兄の犯した罪のことで自責の念に駆られていた佐伯もまた、自身の残りの生と向き合うことが出来たのでしょう。

「生きているから生きるんです!」という言葉が大杉さんの口から出た瞬間、涙が溢れてきました。その言葉を、生きている内に聞きたかった…
しかし、最後の主演作となるこの映画が人の生と死に向かい合う作品となったのは偶然ではないのかもしれませんね。。


時には迷ったり戸惑ったり、時には自分の罪と向き合いながら死刑囚と向き合う佐伯。温和な物腰で人に寄り添いながらも時には声を荒らげることもあり。実に人間臭い人でした。
最後に、正一さんからもらったグラビア写真を広げた佐伯は「あなたがたのうちだれがわたしをつみにとえるだろうか」という正一の書いた文字を見つける。
正一が意味を分かった上で書いたのかは定かではありませんが、それは無実の罪を着せられたイエスが人々に向かって放った言葉。人は大なり小なり罪を犯して生きているということ。
佐伯もまた、酒や煙草をやっていながら教誨師としてのイメージを保つため吉田には酒をやらないと嘘をついていた。聖職者とはいえ彼も1人の人間であり、少なからず罪を犯して生きている。だからこそ佐伯は自らの在り方にああいった結論を下したのでしょう。
そして最後の引きは画面をじっと見つめる佐伯のアップ。私たちにも自らの罪を問い掛けている、あるいはその先にある「人が人を裁く」ということに対しての問いを投げかけている…様々なことを訴えかけているように感じました。

音楽もなく静かなエンドロールでは、徐々に遠ざかっていく漣さんの後姿を見て切なくなり…
様々な余韻が残り、後になって改めて観て良かったと思える映画でした。
関連記事

スポンサーリンク

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line