僕らは奇跡でできている 3話感想

動物園で楽しい一時…のはずが思わぬ事態に。


以下、感想です。ネタバレ注意







研究室で一輝が「ボスが交代する」と意味深なことを言ったばかりに、鮫島教授が学部長を退くと勘違いする樫野木先生w
タイミング良く鮫島教授がまた意味深なことを言うから誤解がますます深まって次期学部長になれると思い込んでしまっていますw「僕が楽できるかどうかは樫野木先生にかかっている」ってつまり、一輝の面倒看てやってねってことだったのかな…
そして山田さんも「外で会いました」という台詞で一輝が育美と付き合っていると勘違い。

一輝の言うボス交代とは学部長…ではなく猿。そんなことだろうと思ったよ
授業も早々に切り上げて動物園に足しげく通う。そういえば生徒たち、前より熱心に一輝の授業を受けていて何だか微笑ましかったです。
青山さんは口では否定しているけど一輝が気になって仕方ないようですね。分かりやすく反応を見せる尾崎さんも間違いなく一輝に気があると思われる。モテ期到来ですな
山田さんとお爺ちゃんの口ぶりだと、一輝が学生の頃にも浮いた話があったとか!色恋には疎いのだと思っていたから意外

一緒に行きたいとねだる虹一くんを連れて動物園に来た一輝。二人のしゃべり方が隊長と隊員みたいで何だかNHKの教育番組に出てきそう。
猿山の前で合流と決めて自由行動に移る一輝に青山さんが接近!デートかどうか気になって1人で動物園に来ちゃう青山さん、一輝のこと好きすぎない
猿の求愛について一輝が語る場面、一輝は純粋に猿の真似をしてるだけだと分かっているけど、青山さんから見ても端から見ても誤解してしまいそうだな~とドキドキしました
チンパンジーの真似をして口を尖らせる一輝を写真に納める青山さん、ちゃっかりしてるww

一方、水本歯科では虹一くんの母親が息子を探しに来て大事になってしまう。
これ、一輝はちゃんと最初に「お母さんに聞いてみて」と言ってて彼は悪くないんですよね。虹一くんは嘘をついたのは良くないけど言ったらまず反対されていただろうと思うと、そうせざるを得なかった彼の気持ちも分かる。そして、物騒なご時世で子供が心配でたまらない母親の気持ちも分かる。だからきっと、誰も悪くない…。
虹一くんは集中すると周りが見えなくなったり、個性的な絵を描いて先生に怒られたり、一輝と非常によく似たタイプに見えます。一輝はだからこそ虹一くんの気持ちが痛いほど分かるのかもしれません。
お母さんはそんな虹一くんがもどかしくて必要以上にがんじがらめにしてしまっているけど、彼女もいつか肩の力を抜いて虹一くんの個性と向き合える時が来るといいですね。
わざわざ一人で探しに来てくれる水本先生が優しいなぁと思いました。

動物を眺めている虹一くんは本当に楽しそうで生き生きしていたし、自分の頭で考えて自分の目で確かめて、そして帰り道も一輝の渡したコンパスを便りに自分の足で一輝の待つ場所まで帰ってきた。一輝の教え方は大学でもここでも一貫していますね
自由に考えて体験して様々な発見を得る。彼自身もまたそうやって多くのことを学んで来たんでしょうね。
だから、責任をとって頭を下げていた鮫島教授も最後に虹一くんに「今日は楽しかったね」と声をかけた。虹一くんには一輝という理解者と離ればなれになって欲しくないな

一輝は虹一くんの気持ちを察してか最後まで詳しい経緯は話しませんでしたね…。
彼は無神経な行動をとったように見えるかもしれないけど、理由は一応説明しようとしていた。人と違うところがあるから誤解されやすい、理解されない…というのは今までもきっと経験して来たんだろうな
そんな一輝を理解して猿のハゲの話から一輝が言いたかったことを正しく補足する鮫島教授が本当にありがたい存在ですね

猿に4回に分けてエサを与えることで、猿の本能が絶えず活性化されハゲがなくなった。
一輝は虹一くんに延び延びと思うままに色んな発見をして欲しかった。自分が探しに行ったら虹一くんの発見を邪魔してしまうと思ったから、探しには行かずに虹一くんが自分から戻ってくるのを待っていた。
このご時世だし、心配でたまらないお母さんや育美の気持ちも分かるので一概に彼のやり方を賛美はできないけど、一輝には一輝なりの考えがあるということ。変人だからと言って決して愛情のない人ではないということ。

「僕は虹一くんが戻ってくることを知ってました」という一輝の言葉にハッとした様子で彼とのやり取りを思い出した育美。
あの時、彼に気を遣って雑誌のことを隠していた育美だけど、それはつまり彼の心を信用していなかったということ?それが分かったから彼も腹を立てた?
次回、育美の方から別れを切り出すみたいですが最後に彼女の本当の気持ちを聞けるといいです。

彼氏への態度とは一転して一輝に雑誌を見せつける育美は一輝のいう通り「ウサギ」だったんだな…。自分が凄いと証明したかったんだ。
でも育美はなりたい自分になろうと必死で努力してきての今がある。じゃあ、元々の育美はどんな人だったんだろう?昔の一輝みたいに自分と仲良く出来ない人だったのかな。じゃあ今は?
育美のバックボーンについても俄然興味が湧いてきました。まるでこのドラマ自体が一輝の授業みたい

一輝の両親は彼が幼い頃からいなかったようですが、山田さんが手を合わせていたお仏壇に二人とも眠っているのでしょうか。。
一輝を親代わりに見守ってきたお爺ちゃんと山田さんの「もう20年ですか」「このままでいいのか?」という意味深な会話も気になります。
関連記事

スポンサーリンク

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line