リーガルV 3話感想

今回は勝村政信がメインの話でした。

以下、感想です。ネタバレ注意








ウキウキでキャンプに来る京極事務所の一同がかわいい。みんなノリいいなぁ。
偶然、大鷹に出くわした翔子たちはこの場所で起きた殺人事件についての弁護を持ちかけられる。頼み方が随分と上から目線だけど
魚を大量にとってくる翔子さんワイルドでかっこいい!

勝利した暁には京極事務所の宣伝をすることを条件に協力することになった一同。
みんなで協力して地道に下調べするチームワークはやはり見ていて楽しい!
伊藤のハッキング技術、馬場の張り込み、茅野の聞き込み力とパラリーガルがそれぞれの特技を活かして情報を集めるのが頼もしい
しかし赤いパーカーだけであんなに違う人を同一人物と見間違うとは人の記憶力と思い込みとは曖昧なものですね。三浦翔平、林遣都はともかく荒川良々は完全に系統が違うのにw

あのいかにもやっていそうな浅野の態度が気になったけど、なんであんなにふざけたことばっかり言ってたの
高校時代の恩師に会ったという浅野の証言を元に蟹江先生に会いに行くも、当日新宿には行っていないと言われる。しかし、浅野は蟹江先生が若くて綺麗な奥さんと歩いていたのを確かに見たと。
これは…あれですね。自分の不倫を隠すためにしらを切っていると、そういう…。
あっちもこっちも浮気者だらけじゃないですか

ヤメ検の大鷹は妻と離婚し子供の養育費のために弁護士業の傍らバイト。なかなか苦労しているようですね。
そんな大鷹を翔子から引き離そうと引き抜きを持ちかける天馬。
自分を気にかけてくれていることに感激する大鷹ですが、その人全然目が笑ってないからよく見て!

なかなか姿を現さない大鷹に業を煮やしてポチに代わりに出る準備をと言う翔子。ノリノリな京極代表に「もっと無理です」と言い放つ伊藤さんに笑いましたww
今回はちゃんと逃げずに来た大鷹、男を見せられるか

事件現場で撮った写真と、証拠としてネットに上がった写真を比較して影の長さを指摘する大鷹。京極さんの写真技術も役に立ってますね
写真を加工して嘘の証拠を作り上げた証人を追求する大鷹ですが、古い先輩のズブズブコンビに強引に阻まれてしまう。本当に悔しそうな気持ちが表情から伝わってきます。。
検事側はなんと蟹江先生を証人として呼んでいた!これには浅野も怒りを隠せない表情。信じていた先生に裏切られた思いでしょうね。。

翔子のわざとらしい咳払いは一体?と思ったら、なんと奥さんと浮気相手を傍聴席に呼んでいた!これは効果覿面
制止を降りきって夫を責め、終わりにしたくなければ教え子を救うよう言い残した妻。彼女も相当腹に据えかねていたのでしょう。
大鷹は蟹江の家庭が壊れてしまうことを案じていたけど、元々奥さんが知っていたということなら話は変わってきますね。
妻の言葉で自分の非を認め真実を語りだした蟹江。でも一度は教え子を売ろうとした事実は消えないわけですが…浅野はどう思ったんだろう。あの表情を見るに一応は許せたのかな。
最後は駆け足気味で、真犯人の動機や浅野と蟹江先生の過去などは結局分からず仕舞いでしたね。。

見事勝利を勝ち取った大鷹。横で「無罪」を掲げながらニッコニコの京極さんが可愛いww
会見で京極事務所の宣伝がされるのを見届けたい翔子たちですが、大鷹はなかなか事務所の名を言おうとしない。
これ、大方フェリックス事務所の名前を言うよう言われてるんじゃ…大鷹は嘘をつくのが忍びなくて葛藤しているように見えました。
途中で娘が現れたタイミングが不自然すぎてこれも天馬の仕掛けた追い討ちかとヒヤヒヤしたけど、そういうわけではなかったみたいですね。逆に「パパかっこよかったよ」と言われたことで踏みとどまれたのかな。
涙もろい京極事務所の皆さん可愛い…w京極さん、せっかくの無罪の紙で鼻かんじゃったよ

しかし、その足でフェリックスを訪れると門前払いされてしまう。厚い手のひら返し!w
それにしても、「シロをクロにする」だの「クロをシロにする」だの言ってたのにいざマスコミに追求されたらあっさり片山を突き放す天馬代表がやっぱり怖い((((;゜Д゜)))

これで晴れてヤメ検さんも京極事務所の正式な一員ですね!養育費稼がないといけないのにいきなりえらい出費だけど大丈夫か
「イエーイ!カンパーイ!」と盛り上がってる京極事務所の皆さんがとても楽しそうで和みました。いいチームになってきてますね
関連記事

スポンサーリンク

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line