リーガルV 5話感想

今日はポチ主役の重い事件でした。
そしてついにあの人の正体が明らかに

以下、感想です。ネタバレ注意







仕事がなくて暇している事務所の面々。そんな中、ポチだけは忙しそう。。
どうやら今回は翔子と出会った時に青島が抱えていた事件の裁判になるようです。
「勝つまで戦うの」と1話で翔子に言われた言葉を胸に、自分の正義を貫こうと頑張っている青島ですが…当の翔子は「そんなこと言ったっけ?」「適当に言うこと聞いてくれそうだったから」と身も蓋もない言い草。それに加えて被害者が金持ちだと分かった途端、目の色を変える様子はお世辞にも正義の弁護士には見えませんね

ポチの抱えていた案件は、学生同士の傷害事件。京極代表らの母校でもある帝大に通うエリート学生でありながらベンチャー企業の代表も務める町村が何者かによって暴行を受けた。その犯人が幼馴染で同級生の武藤であると町村本人が証言。
武藤くんはやっていないと訴えるものの、被害者自身の証言によって実刑判決が下されてしまった。控訴をしたものの、武藤くんの母親が自殺。青島はそれを悔いて遺族である父親に謝罪していた所を翔子に見初められたという経緯だったようです。
何とも重い事件ですね…。我が子の無実を信じる母がネットの炎上によって追い詰められてしまうとは。冒頭の鉄道バーの食べログ書き込みのやり取りは伏線だったのか。。
このご時世、匿名掲示板で自ら名乗るのはリスクが高すぎますね。知られたくないデリケートなプライバシーまで晒される様子に恐怖を感じました。
被害者にも加害者にも家族がいる。京極代表はそのことについても研究に尽力していたようですね。そして前科持ちのパラリーガルたちもそれぞれ自分の家族が辛い目に遭った過去を思い出す。。冤罪事件に絡んだ大鷹さんまで娘が虐められていたとは。

青島は控訴で状況を覆そうと躍起になるも、当の武藤はすっかり自暴自棄になっている。憧れて目標にしていた幼馴染に裏切られ、母親は自分のことで追い詰められ自殺…。相当深い傷を負っているでしょう。。
「君の未来を切り開くため。君のお母さんはそのために戦ったんだ」と力強く武藤に説く青島が良かったです。名前の通り青臭いところがあるけど、その純粋さと正義の心はいつでもクライアントに寄り添っている。
青島自身も昔いじめられていた経験があるようで、そのことも「弱い立場の人を守りたい」という信念に繋がっている様子。辛い目に遭った人は、人の痛みが分かる人。説得シーンには同じようにいじめられていた過去を持つ武藤くんにもう一度這い上がって欲しいという切実な想いも垣間見えました。
裸にされたり、写真を撮られたり…ってポチくんなかなかシャレにならないことをされていたんですね
そしてDTであるという余計な情報まで発覚。そのままの君でいてね…(澄んだ目

また、翔子の過去も伊藤さんのリサーチ能力によって少しですが明らかになりました。
過去に父親が騙されて全財産を失い、後ろ指を刺され、逃げるように住んでいた町を出て行くことになった。
そんな辛い経験から、「法律を知っていれば避けられる危険がある」と自分と同じような人を減らすため弁護士の道を選んだ。
お金に執着するのも、何もかも失った経験があるからというわけですか。翔子に対する見方がちょっと変わりました。。

いつものように調査を進めていくと、町村の運営するベンチャー企業は半グレ集団と手を組んでいることが明らかに。
ホストクラブで情報を聞き出す茅野の話術はお見事ですが、それよりもカツラ装着のホスト馬場ちゃんの破壊力が強すぎてwwその後の尾行姿もなかなか存在感を放っていましたw
企業を抜けようとした町村を引き留めるため、美女軍団のハニートラップ、そして最終手段として暴行が行われたというきな臭い事実が見えてきました…。しかし、証拠がない。
「悔しい」と口にするポチに、「被害者加害者と家族はその何倍も苦しんでるの」とムキになって怒る翔子も、やはりクライアントとその家族の心に寄り添っている人。お金に執着してはいるけど、正義の心がないわけではない。

翔子が愛する鎧塚刑事を演じていたのは勝野洋さんだと判明。最終回でやっと分かるかと思っていたけど意外とあっさり顔出ししましたね
その鎧塚刑事の「現場100回」の限定キーホルダーを餌に、ラブホの受付嬢から有力な目撃情報を得た翔子たち。お金では釣られないのにキーホルダーで釣られるって…翔子はあんなに嫌がっていたのに証言のために泣く泣く手放すことになってなかなか可哀想でした。
武藤と同じ電車に乗り合わせて電車賃を貸してもらったと証言する受付嬢ですが、「金品を受け取りましたか」という問いに馬鹿正直に答えてしまってダメだこりゃキーホルダーの価値を認められたのはいいけど裁判では不利になって翔子は複雑ですね

町村の後輩である中西が首謀者となって、半グレ集団と共に暴行を加えた。凶器もそれを購入した経路も抑えているのに被害者自身の証言一つが有力な証拠となっていて状況を覆すことは難しい。もどかしいですね。。
そこで青島が取り出したのが、武藤の母親が町村に渡そうとしていたという手紙。いじめられていた武藤を救ってくれた町村への感謝、息子の無実を信じる親心、そしてもし本当に息子が罪を犯していたら…という仮定での心からの謝罪。
親として子と、子の友人を思う気持ちが詰まった手紙に号泣する京極代表がかわいい。大鷹まで泣いてる…と思ったら、「どちらかというと真実は見えませんでしたが」とこんな時までツッコミを忘れないw
しかし、町村はこの手紙に心を動かされたようで武藤の潔白を証言するため真実を話し出す。
彼のしたことは色んなものを壊してしまったけれど、ここで保身より友を守ろうとする良心が残っていてくれて良かった。逆境にあっても懸命に生きようとする武藤の姿に、町村自身も励まされていたんですね。
結果的に武藤の母を死に追いやってしまったけれど、原因を作ったとはいえ自殺に追い込んだ張本人は別にいる。そして1番許せないのは中西をはじめとした半グレ集団。脅すだけとは言っても、複数で囲まれリンチされた後で50か所も刺されるなんて正気の沙汰ではない。町村が味わった恐怖は計り知れず、恐怖心から本当のことが言えなかったのは無理もない…。

晴れて武藤の無実が証明され、青島の大健闘に終わりました。成長しましたね!
しかし、武藤の父親がいくら探しても見つけられなかった母親の手紙…。あっ、ポチってば手紙をでっち上げたな
なかなか文才はあると思いますが、証拠と提出して後でバレたりしないのかな。。バレたらただじゃ済まなさそうですけど
翔子に問い詰められてもあえて話さずお茶を濁すポチ。これは確実に翔子のやり口を盗んでいますね。やるじゃないか!

そして、武藤の母を追い詰めた張本人であるネット掲示板のユーザーたちは運営会社との交渉によって身元を特定し損害賠償を請求できることに。京極さん、いつの間に!これはお手柄ですね
見えない所から人を攻撃して人生をめちゃくちゃにする自己満足の偽善者たち。人の命を奪っておきながら自分が追い詰められると「そんなことで」とゴネる人々に「そんなこと?あんたたちは殺人者なの!」とビシッと言う翔子に胸が梳く思いでした。ポチの「法廷でお会いしましょう」もカッコ良かったです。
晒す側から晒される側に。これはいい落としどころでスッキリしました。誹謗中傷がエスカレートするとどういう末路になるかをまざまざと見せつけられ、これが少しでもネット社会への警鐘になるといいのですが。。

あの流れで翔子に部屋に呼ばれてDT捨てる気まんまんのポチくんwwぬか喜びでしたね
ポチの活躍を見て「あんた、秘密は守れる?」と念押しした後で翔子が持ちかけた案件はとある殺人事件。その容疑者を自分の代わりに弁護して欲しいと言う。ただならぬ様子ですが、一体どういう事件なんでしょうか?

今回はフェリックス事務所の面々は登場しませんでしたが、ポチの成長と活躍に焦点が絞られていたので不要でしたね。たまにはこういう回があってもいいと思います。今回は話の分かる検察&裁判長で良かった
次回予告の天馬代表、パワハラな上にとんでもないセクハラ行為やらかしてるんですけど敦美さんはいい加減、転職を考えた方がいいと思う。。
次回はお気に入りキャラの伊藤さんが前に出てくるみたいで楽しみです!
関連記事

スポンサーリンク

theme : テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

PR

カウンター

line

FC2Ad

line
最新記事
line
カテゴリ
line
参加中

にほんブログ村
line
検索フォーム
line
当ブログ内の画像について
当ブログでは著作権法第32条に定義される引用の範囲内において画像を使用させて頂いております。著作権を侵害する目的はございません。 「公表された著作物は、引用して利用することができる。 この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、 報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」(著作権法第32条より引用) なお、権利者様からの要請などが寄せられた時は速やかに対応致します。
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
RSSリンクの表示
line
広告
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
sub_line